【ポケモンORAS】HDメガボーマンダ【考察】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ポケモンORAS】HDメガボーマンダ【考察】

2015-10-14 12:31
  • 3

アグノム厨のうんたらってブログで「HDメガボーマンダの配分数値合ねーじゃねーか!」ってクレームを数件頂いたので再度筆を取りました(っていうのは嘘で仕事からの逃避)。

今年の6月から9月に使っていたHDメガボーマンダの配分と考察。

<努力値>
201(244)-167(12)-151(4)-x-152(228)-143(20) ※メガ進化後実数値
性格:慎重

A:火力目安
・龍舞すてみタックルで181-120ラインのメガガルーラ確定、203メガガルーラはステロ込みで確定。

ステロの有無によって、龍舞すてみタックルの圏内にはいるポケモンの幅がかなり変わるのでここでは割愛し、目安をKP上位のメガガルーラで行った。

D:耐久目安
・C216球めざ氷を最大乱数3個切りで耐え
・ステロ込みでCぶっぱバシャーモの球めざ氷耐え
・臆病サザンドラのりゅうせいぐんを最大乱数5個切りで耐え
・これ以下の指数を全て耐え

普段なら耐えない所を耐えたりする、実際よく遭遇しそうな場面と耐久目安を上記に挙げてみた。
耐えるラインは数を挙げると切りがない。

S:メガ前準速ガッサ抜き、メガ後最速ヒードラン抜き抜き

<技構成>
すてみタックル じしん りゅうのまい はねやすめ

技の採用だが、すてみタックル⇒からげんき、おんがえしも構成上よく見られ、汎用性を取るならこっちだろう。
すてみタックルを採用している意図としては、このメガボーマンダが入っているパーティがメガガルーラに薄かった為に採用となった。(アグノムガルドヒトムマンムージャロ)

威嚇込みでだいたいのメガガルーラを対面から起点にできるはず(凍ったらは台パン)

じしんは個人的には確定枠と思っている、ヒードランにもそうだが、電気タイプが持つめざ氷を耐えるので普段勝てないライコウ、特殊よりのギルガルドへの打点を考えた場合に打倒と考える。

またじしんにすることで、球バシャのめざ氷を耐えたのに、すてみタックルの反動で11交換されるのは耐える意味が薄く思うので推したい技と思う。

龍舞羽休めはこの構成であれば確定と思う。
いじるとすればみがわりとか毒毒が入る?

<使用感と改善した方がいいと思った所>

陽気AS、無邪気両刀、意地AS、控えめハイボ持ち、毒羽と今までに使用したが
一番使いやすいと感じ、これ以上のメガボーマンダは使えないとも言える評価。

使い始めた経緯は、半年前ぐらいに行われた生主杯の4回戦で対戦したプシーさんが使われていたのを見て、「強いんじゃね?」って思ったのがきっかけ。

めいそうスイクンの冷凍ビーム耐えるとかマジかよ!!!(凍らせて勝ったけど)
って感動しました。

BDダウンロード対策する必要なくね⇒耐えるラインまで振ってASに回した方がいい
これに関しては同じくパーティに入っていた残飯ガルドとのシナジーでここまで振りました。
毒をポリ2とかクレセリアに入れた後、ギルガルドが突破されてもメガボーマンダの羽休めでハメる立ち回りも考慮して。

普通のスタンに入れるなら、HDのラインを少し下げてASに振るのが良いだろう。
個人的にはSを伸ばしたいとは思う。
(同じ構成のボーマンダにオフ会で当たって同速負けして台パンしたから)

弱いという評価も頂いているところですがめっちゃ強いです。
先に展開しないと相手のボーマンダに勝てなかったりするので、回りはミラーに勝てるように組むのがベスト、特に相手のドラゴンに勝てないので相方はマンムーが有力候補と思ってる。

<まとめ>
普段勝てない相手を倒せる、或は返り討ちにできる、タイマン性能向上など強いとこを列挙するとこんな感じ。
逆に普段勝てるのに勝てないガブとかには注意。
JPNOPEN全勝優勝の立役者、決勝ではバシャの膝を避けた神。
おだやかボルトのめざ氷を起点に3タテした頭おかしいメガボーマンダ。


以上、雑な考察でした♡
広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。