• くまPOG2017指名馬 ~MEWさん後編~

    2017-06-12 21:40
    15.サラーブ(美浦:木村)牝馬:シルクR
    ルーラーシップ×サマーハ(シングスピール)
    半兄は日経賞勝ち馬シャケトラ(父:マンハッタンカフェ)
    今年こそはシルクにテコ入れが来るはずと言われて数年が経ちますがそろそろ「本物」が来るのでしょうか?

    16.サラキア(栗東:池添)牝馬:シルクR
    ディープインパクト×サロミナ(Lomitas)
    姉サロニカは3戦2勝(エルフィンS)で意気揚々と桜花賞出走取り消し春全休と悔しい春クラシックとなりました。そんな姉の無念を晴らしたいところですね

    17.サトノグロワール(栗東:池江)牡馬:里見治
    ディープインパクト×シャムロッカー(O'Reilly)
    この父と母父の組み合わせといえばラジオNIKKEI賞の勝ち馬ファイナルフォームを思い出します。そういうこともあってかイメージとしては1600~2000くらいで走ってきそうなイメージです。

    18.アンジェロッティ(栗東:須貝)牡馬:サンデーR
    キングカメハメハ×シュプリームギフト(ディープインパクト)
    母シュプリームギフトは函館SS2着馬母の兄弟にもオーシャンS3着のベステゲシェンクにアーリントンC3着のロワアブソリュー(父:ゼンノロブロイ)がいます。
    母はそうでもなかったのですがこの子は小さいですね牝馬っぽい名前を貰ったのも頷けます。

    19.ムーランナヴァン(美浦:尾形)牝馬:サンデーR
    エイシンフラッシュ×シュペトレーゼ(ディープインパクト)
    完全に忘れ去られていた?新種牡馬エイシンフラッシュさんがここにきて初登場です。
    そしてかもPOGの執筆まで含めて2頭しかいません。
    シュペトレーゼはエックスマークの全妹でサウジアラビアロイヤルC・共同通信杯で2着のイモータル(父:マンハッタンカフェ)の半姉です

    20.スターリーステージ(栗東:音無)牝馬:社台オーナーズ
    ディープインパクト×スターアイル(ロックオブジブラルタル)
    全兄ミッキーアイルは言わずと知れたマイルのGⅠ馬で半兄タイセイスターリー(父マンハッタンカフェ)も恵まれたとはいえシンザン記念の2着馬ですし近親のアエロリットもNHKマイルを制覇した勢いのある一族本馬も勢いに乗るのでしょうか

    21.リバティハイツ(栗東:高野)牝馬:社台レースホース
    キングカメハメハ×ドバウィハイツ(Dubawi)
    リーチザハイツ(父:ディープインパクト)に騙されてディヴァインハイツ(父:ハーツクライ)に騙されてキングカメハメハの産駒こいつにも騙されてしまい2頭あることは3頭あるのか3頭目の正直か要注目です

    22.プリメラビスタ

    23.グラマラスライフ(美浦:田村)牝馬:シルクR
    ハーツクライ×プリティカリーナ(Seeking the Gold)
    この血統で一番有名なのは半兄の4勝馬アンタラジー(父:ディープインパクト)でしょうか
    圧倒的な1番人気を背負った4戦目3歳500万下での外枠からスタート直後外に逃避し北村落馬のあの馬です(その後福永Jがきさらぎ賞のスズカメジャーで似たような落馬をしていましたね)これだけシルクに期待馬集めてだめならシルクはもうだめそうですよね

    24.マイネルキャドー(美浦:矢野)牡馬:サラブレッドクラブラフィアン
    ディープブリランテ×モントレゾール(Cadeaux Genereux )
    土曜日の東京新馬でデビューを終えて2番人気で3着という結果でした
    もともとダートの一家でしたし、中央の芝のレースで3着というのはかなりいい結果なのではないでしょうか?次走は東京開催最終週の未勝利戦へ向かい初勝利を目指します

    25.レイエンダ

    26.ラヴァーズインメイ(美浦:青木)牝馬:サラブレッドクラブラフィアン
    ロージズインメイ×ラブシービル(マイネルラヴ)
    日曜日東京6R牝馬限定戦の新馬戦に登場し7番人気9着という結果に終わっています
    母ラブシービルはNZT勝ち馬マイネルハーティーの全妹ということでマイル前後で早い時期から期待できるのかなと思いましたがまだこれからの馬でしょうかね

    27.リリーコサージュ(栗東:橋口)牝馬:社台レースホース
    ゴールドアリュール×リリア―レ(キングカメハメハ)
    血統を見ていくとボストンハーバーの名前が見えてくる一族です。
    半兄グラットシエル(父:マンハッタンカフェ)も期間内に2勝しましたし期待が持てる一頭です。ちなみにリラコサージュとは関係ないです。

    28.スリーキセキの2015(中央)牝馬:ディアレスト
    トビーズコーナー×スリーキセキ(フジキセキ)
    近親のスリーコース(祖母の姉にあたるキンググローリアス産駒)は根岸Sの3着馬です
    三つのキセキを見せてもらいましょう

    総評:牡馬クラシックをほぼサトノグロワールとレイエンダの2頭に託してあとは、クラブ所有の牝馬と心中といった形の指名になっています。
    シルクRの高額牝馬が走るかどうかがターニングポイントになりそうです。

  • 広告
  • くまPOG2017指名馬 ~MEWさん前編~

    2017-06-10 19:08
    1.センテリュオ(栗東:高野)牝馬:キャロットF
    ディープインパクト×アドマイヤキラメキ(エンドスウィープ)
    トースターの全妹ですトーセンジョーダン・トーセンホマレボシ・ダークメッセージ・トーセンバジルと近親には活躍馬多数です

    2.ミカリーニョ

    3.サラス(栗東:西村)牝馬:社台オーナーズ
    オルフェーヴル×ララア(Tapit)
    兄弟はここまでディープインパクトをつけていて結果が出ず
    近親のSummer Frontは海外で結果を出すもその弟のライズイーグル(父Frankel)は日本で全く結果を出せずにダメなフランケルの例として挙げられていました。
    オルフェーヴルに代わることで日本でも通用するようになるかがキーになります

    4.エフェメール()牡馬:山本武司
    ストラヴィンスキー×スペシャルビビ―(スペシャルウィーク)
    半姉エフェクト(父:スクワートルスクワート)はひまわり賞勝ち馬でファンタジーSでも4着に入着現在は佐賀競馬で走っています。
    九州産のなかでは人気すると思っていましたが予想通り複数人からの指名を受けました

    5.デサフィアンテ(栗東:角居)牝馬:キャロットF
    キングカメハメハ×アヴェンチュラ(ジャングルポケット)
    活躍馬多数のアドマイヤサンデーの子供から秋華賞勝ち馬アヴェンチュラの初仔です。
    この世代のキャロット全体で見てもかなりの人気を集めていた馬です
    人気を集めたから走るというわけではないのであれですがそこは期待したいところです。

    6.アリストライン(栗東:高野)牝馬:キャロットF
    ハーツクライ×アディクティド(ディクタット)
    半兄クルーガー(父:キングカメハメハ)が期間内に京成杯3着・後に読売マイラーズカップを制覇しています。この血統がハーツクライに代わってイメージとしては芝の2000以上が主戦場になりそうでしょうかね?フラワーC⇒フローラS⇒オークスのローテに乗ってきそうなイメージです

    7.トランプ()牡馬:ディアレスト
    ショウナンカンプ×アマビリータ(ダンシングブレーヴ)
    祖母には札幌3歳Sの勝ち馬プライムステージがいます
    血統よりも馬名に注目でしょうね
    トランプって切り札っていう意味だけなんでしょうかねえ

    8.ベルウッドヘルタ()牡馬:鈴木照雄
    メイショウサムソン×ヴァーチュスター(シンボリクリスエス)
    祖母がエルノヴァ長距離も走れた牝馬です
    この血統にサムソンは成長が早いか期間が終わるのが早いかの勝負になりそうですね

    9.ウエスタンハピネスの2015(栗東:鈴木孝):レックスPRO
    ローレルゲレイロ×ウエスタンハピネス(テイエムオペラオー)
    ウエスタン○○一家です。結果が出ているとは言えない一族ですがここらで一発あるのでしょうか?

    10.マイネルサリューエ(美浦:上原)牡馬:サラブレッドクラブラフィアン
    ネオユニヴァース×エーピーサルート(エーピーダンサー)
    伯父にはエルムSの2着馬エーピーバースト
    母エーピーサルートもダート短距離で5勝馬
    遠い親戚にはドコフクカゼもいます

    11.チカアレグレ(栗東:中竹)牝馬:社台オーナーズ
    ハーツクライ×エルーセラ(Spirit One)
    母エルーセラはGⅢロワイヨモン賞の勝ち馬です
    net.競馬では姉がいることになっていますが本馬が初仔です。
    この母父日本で走るのが初めてなのでいろいろと楽しみな一頭です

    12.サトノオンリーワン(美浦:堀)牡馬:里見治
    ディープインパクト×クリームオンリー(Exchange Rate)
    全兄のソールインパクトが優秀な時計で未勝利戦勝ったうんぬんでその後ずっと重賞走っていて穴人気していたような気がします。
    高額ディープインパクト産駒の一頭ですが既にデビュー戦を終えておりモレイラジョッキーを背に2着とほろ苦いデビュー戦になってしまいました

    13.サイレンスドリームの2015()牡馬:佐伯由加理
    ノヴェリスト×サイレンスドリーム(ディープインパクト)
    伯父のドリームサンデーは京都とローカルが大好きで6勝の内訳が福島・小倉・中京・札幌・小倉・京都重賞も好走歴があり金鯱賞(京都開催)中日新聞杯で2着・函館記念で3着しています。こんな伯父のように渋い活躍を期待したいですね

    14.レッドサクヤ(栗東:藤原英)牝馬:東京ホースレーシング
    ディープインパクト×サクラサクⅡ(デインヒル)
    VM勝ち馬エイジアンウインズ(父:フジキセキ)
    1勝馬ながらオークス2着の全姉エバーブロッサムと牝馬が活躍する一族です
    これが3200万ってレッドさん大安売りな気がしますねそりゃあクラブ内で人気しますよね

  • くまPOG~だいさん編後編~

    2017-06-09 22:55
    13.ブショウ(美浦:尾関)牡馬:岩切企画
    ダイワメジャー×セルキス(Monsun)
    既に東京の芝1400でデビューしており2着になっています
    半兄サトノホルスも早い時期から使われて2-3-3とすぐにでも勝ち上れるという評判でしたが、勝ち上がれずに苦しんでいる間にとうとう掲示板にすら絡めなくなってしまいました。
    馬も生き物ですし少し狂うとどうなってしまうのかよくわからないものです

    14.オーヴァーライト(美浦:手塚)牡馬:サンデーR
    ヘニーヒューズ×オーヴァーアンダー(Seeking the Gold)
    フレンチデピュティの近親ということで有名な一族です。
    福島に存在しない距離のレースでデビューするという記事で最近話題になったのもこの馬です

    15.ジェネラルシップ(美浦:黒岩)牡馬:ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
    ルーラーシップ×バロネッセ(Theatrical)
    半姉のカハラビスティーはオープン特別のカーバンクルSの勝ち馬
    ユニオンの切り込み隊長として日曜日の東京芝1800でデビューを迎えます

    16.レーツェル(美浦:伊藤大)牝馬:キャロットF
    マンハッタンカフェ×ミスティークⅡ(Monsun)
    日本でもシーキングザベストが活躍している血統です
    馬体がそっくりな半姉テミスト(父:ハーツクライ)を見ても順調に使えるかどうかがカギになってくるでしょう

    17.イーグルネスト

    18.メジャーラプソディ(美浦:田村)牝馬:サンデーR
    ゴールドアリュール×キャッチータイトル(オペラハウス)
    半姉メジャーエンブレム(ダイワメジャー)は阪神JF・NHKマイルカップの覇者
    父ゴールドアリュールのイメージはダート専用種牡馬というイメージを持たれがちですが
    芝でもフーラブライド・タケミカヅチと重賞馬を出している父であり芝ダート両方での活躍も期待できます

    19.ペガサスゴールドの2015(未定)牡馬:吉川潤
    シニスターミニスター×ペガサスゴールド(Belong to Me)
    去年の11月の東京開催でデビュー戦以来4年5か月振りの勝利を挙げたということで久々に馬名以外で話題に上がったカシノピカチュウの弟です
    ファルコンS・ラジオNIKKEI賞で2着があるカシノピカチュウのような活躍を期待したいところでしょう

    20.アイルゴーバックの2015(美浦:牧)牡馬:
    カネヒキリ×アイルゴーバック(アッミラーレ)
    落札者履歴からみても全く推測は出来ませんでしたが赤本から所属厩舎が判明
    兄ティーズブラッドは門別と大井を行ったり来たりしながらそこそこの活躍中です

    21.ギャランホルン(美浦:高橋文)牡馬:サンデーR
    スマートファルコン×ロッシェノワール(ブラックホーク)
    母ロッシェノワールは能力はあったもののもともと体が強い方ではなく屈腱炎を引き金に引退
    近親にはアロハドリームやユートピアの名前が浮かび上がってくる良血
    偽ティルナノーグもこの一族から出ていたと思います

    22.カシノ○○()牡馬:柏木努
    モエレプルトス×ジョーディシラオキ(オジジアン)
    いくら結果が出ていない繁殖とはいえチューリップ賞馬にモエレプルトスを付けるって
    なかなかになかなかですよね
    父モエレプルトスはサンデーサイレンス×エターナルビート(Pentelicus)と
    超がつくほどの良血でセレクトセールでも12500万で取引されて地方で6戦5勝でその後種牡馬入りエターナルビートの産駒にはマルカジークにフォーエバーモア()と結果が出ていますしジャスタウェイも近親から名前が挙がってきます。

    23.ライトカラカゼ(美浦:相沢)牡馬:星野壽市
    キングヘイロー×スマイルコンテスト(サッカーボーイ)
    全兄にクリールカイザーと個人的に馬券的にはお世話になった馬の弟です
    イメージ的には中山の2200とか東京の2500とかが大好きそうなイメージがありPOG的には中京2200が向きそうなイメージです
    大寒桜賞から青葉賞ダービーローテに乗ってくる可能性は十二分にあると思います

    24.メイショウ○○()牡馬:松本好雄
    メイショウボーラー×ペルサントクリール(Point Given)
    メイショウさんがセリで買い集めているメイショウボーラー産駒の内の一頭
    半姉フィエルテ(父:キングヘイロー)は3勝馬

    総評:個人的には好きな感じの馬が並んでいる指名です
    クラシック狙いの中心を決めて残った額で走る可能性がありそうな安い馬をきっちり探し出してきている印象の強いチョイスになっていると思います