• 2018-19 くまPOG要項

    2018-02-26 22:00

    穴熊POG18-19シーズン要綱

    15ー16年シーズンの企画をアレンジして再度行おうと思います。

    ルール.

    ・期間は2018年ホッカイドウ競馬新馬戦開始~2019年日本ダービー

    ・指名期間はルール発表時点から2018年日本ダービーの結果確定まで

    ・馬選択は繁殖牝馬名のしりとりで行う

    ・選択は20頭でその内1頭以上は「本州産馬・九州産馬」を指名すること

    ・今年は牡馬牝馬セン馬に指名制限を持たせません牡馬20頭もOKです

    ・しりとりのスタートはオリンピックがあったということで金メダリストにあやかり
     
     ・羽生結弦の「る」

     ・小平奈緒の「お」

     ・菊池綾花の「か」
     
     ・佐藤綾乃の「の」
     
     ・高木美帆の「ほ」

     ・高木菜那の「な」 から一つを自由に選択

    次に指名馬についての詳しいルール

    ・サラブレッド・サラ系限定です。

    (ばんえい競馬の馬とか指名されても放置しますからね?)

    ・しりとりですので最後の20頭目以外は「ん」で終わらないで下さい。

    (そもそも次につながらないはずなので誰もしないとは思いますが)

    ・同じ馬を一人が二回以上指名するのは禁止します。

    ・母名の最後が小書き文字の場合(例:タイキクラリティ)は最後の「ィ」を「イ」にするかティをそのまま使っていただいて構いません

    ・最後が音引きで終わる馬の場合(例:ユキノスイートピー)は最後から2文字目「ピ」から始まる繁殖牝馬を次つなげてください

    ・最後がⅡで終わる馬の場合(例:ジョコンダⅡ)はⅡを除いた最後「ダ」を取って次につなげてください

    ・ただし上のようにⅡで終わる馬の場合もⅡまで書いて指名してください

    ・母外国産の馬は発語したときにそれっぽくなればOKとします。

     (ただしあまりにもかけ離れるようであればリスト再提出を求めることもあります)



    指名は穴熊のTwitter にDM飛ばすか
      kuma_pog@yahoo.co.jp にメールに添付のいずれかでお願いします

    「馬名だけ」は正確に書いて送ってください

  • 広告
  • くまPOG~ジェガーさん前編~

    2017-07-18 21:09
    忙しくて放置してただけなんだ!忘れてたわけでも投げだしたわけでもないんだ!
    1.ムスコローソ 牡馬(美浦:手塚):落合幸弘
    ヘニーヒューズ×ルナレガーロ(アドマイヤムーン)
    近親にオレハマッテルゼなど活躍馬多数のカーリーエンジェルの血統
    すでに新馬戦で勝ち上がっています

    2.ヘンリーバローズ

    3.スウィングビート 牡馬(美浦:加藤征):社台RH
    Tapit×バックシートリズム(El Corredor)
    母バックシートリズムは、米国のGⅠホースそれにTapitと馬体的に見ても血統的に見てもダートで強そうな一頭です

    4.ソリッドドリーム 牡馬(栗東:角居):社台RH
    Frankel×デインドリーム(Lomitas)
    14戦無敗のチャンピオンマイラーに凱旋門賞勝ち馬の母を持つ世界的良血馬です
    いつの日かヨーロッパへと遠征する日がくるのでしょうか

    5.サトノルーリー 牝馬(栗東:須貝):里見治
    ディープインパクト×クライウィズジョイ(トニービン)
    某ルリカが名前を付けた馬ですこういう企画馬って得てして良血ですが失敗ばかりなのは偶然なのかどうなんでしょう?

    6.ソシアルクラブ

    7.マルケッサ 牝馬(栗東:池江):サンデーR
    オルフェーヴル×マルペンサ(Orpen)
    サトノダイヤモンドの半妹で、モチさんが指名していたリナーテの3/4妹です。

    8.フラットレー 牡馬(美浦:藤沢和):キャロットF
    ハーツクライ×リッチダンサー(Halling)
    ホーカーテンペスト・バウンスシャッセと連続で強い馬を出した後に鳴かず飛ばずになっている一族です。そろそろ一撃・・・?

    9.ロードクオーレ 牡馬(栗東:安田):ロードホースクラブ
    ロードカナロア×ウッドランドドリーム(Charnwood Forest)
    姉は京都で衝撃の末脚を見せたスノーフェアリー
    見た目はいかにもロードカナロアという感じです

    10.シグナライズ 牝馬(栗東:藤原英):ロードホースクラブ
    Frankel×ワイルドココ(Shirocco)
    とりあえずフランケル産駒集めればいいってジェガーさんが言ってた

    11.ミルコメダ 牡馬(栗東:石坂):サンデーR
    エイシンフラッシュ×スカーレットレディ(サンデーサイレンス)
    ダートの活躍馬多数輩出の母系に馬体はすごいエイシンフラッシュの産駒なのもありお尻の周りがすごいことになってるなあという印象


  • くまPOG2017指名馬 ~MEWさん後編~

    2017-06-12 21:40
    15.サラーブ(美浦:木村)牝馬:シルクR
    ルーラーシップ×サマーハ(シングスピール)
    半兄は日経賞勝ち馬シャケトラ(父:マンハッタンカフェ)
    今年こそはシルクにテコ入れが来るはずと言われて数年が経ちますがそろそろ「本物」が来るのでしょうか?

    16.サラキア(栗東:池添)牝馬:シルクR
    ディープインパクト×サロミナ(Lomitas)
    姉サロニカは3戦2勝(エルフィンS)で意気揚々と桜花賞出走取り消し春全休と悔しい春クラシックとなりました。そんな姉の無念を晴らしたいところですね

    17.サトノグロワール(栗東:池江)牡馬:里見治
    ディープインパクト×シャムロッカー(O'Reilly)
    この父と母父の組み合わせといえばラジオNIKKEI賞の勝ち馬ファイナルフォームを思い出します。そういうこともあってかイメージとしては1600~2000くらいで走ってきそうなイメージです。

    18.アンジェロッティ(栗東:須貝)牡馬:サンデーR
    キングカメハメハ×シュプリームギフト(ディープインパクト)
    母シュプリームギフトは函館SS2着馬母の兄弟にもオーシャンS3着のベステゲシェンクにアーリントンC3着のロワアブソリュー(父:ゼンノロブロイ)がいます。
    母はそうでもなかったのですがこの子は小さいですね牝馬っぽい名前を貰ったのも頷けます。

    19.ムーランナヴァン(美浦:尾形)牝馬:サンデーR
    エイシンフラッシュ×シュペトレーゼ(ディープインパクト)
    完全に忘れ去られていた?新種牡馬エイシンフラッシュさんがここにきて初登場です。
    そしてかもPOGの執筆まで含めて2頭しかいません。
    シュペトレーゼはエックスマークの全妹でサウジアラビアロイヤルC・共同通信杯で2着のイモータル(父:マンハッタンカフェ)の半姉です

    20.スターリーステージ(栗東:音無)牝馬:社台オーナーズ
    ディープインパクト×スターアイル(ロックオブジブラルタル)
    全兄ミッキーアイルは言わずと知れたマイルのGⅠ馬で半兄タイセイスターリー(父マンハッタンカフェ)も恵まれたとはいえシンザン記念の2着馬ですし近親のアエロリットもNHKマイルを制覇した勢いのある一族本馬も勢いに乗るのでしょうか

    21.リバティハイツ(栗東:高野)牝馬:社台レースホース
    キングカメハメハ×ドバウィハイツ(Dubawi)
    リーチザハイツ(父:ディープインパクト)に騙されてディヴァインハイツ(父:ハーツクライ)に騙されてキングカメハメハの産駒こいつにも騙されてしまい2頭あることは3頭あるのか3頭目の正直か要注目です

    22.プリメラビスタ

    23.グラマラスライフ(美浦:田村)牝馬:シルクR
    ハーツクライ×プリティカリーナ(Seeking the Gold)
    この血統で一番有名なのは半兄の4勝馬アンタラジー(父:ディープインパクト)でしょうか
    圧倒的な1番人気を背負った4戦目3歳500万下での外枠からスタート直後外に逃避し北村落馬のあの馬です(その後福永Jがきさらぎ賞のスズカメジャーで似たような落馬をしていましたね)これだけシルクに期待馬集めてだめならシルクはもうだめそうですよね

    24.マイネルキャドー(美浦:矢野)牡馬:サラブレッドクラブラフィアン
    ディープブリランテ×モントレゾール(Cadeaux Genereux )
    土曜日の東京新馬でデビューを終えて2番人気で3着という結果でした
    もともとダートの一家でしたし、中央の芝のレースで3着というのはかなりいい結果なのではないでしょうか?次走は東京開催最終週の未勝利戦へ向かい初勝利を目指します

    25.レイエンダ

    26.ラヴァーズインメイ(美浦:青木)牝馬:サラブレッドクラブラフィアン
    ロージズインメイ×ラブシービル(マイネルラヴ)
    日曜日東京6R牝馬限定戦の新馬戦に登場し7番人気9着という結果に終わっています
    母ラブシービルはNZT勝ち馬マイネルハーティーの全妹ということでマイル前後で早い時期から期待できるのかなと思いましたがまだこれからの馬でしょうかね

    27.リリーコサージュ(栗東:橋口)牝馬:社台レースホース
    ゴールドアリュール×リリア―レ(キングカメハメハ)
    血統を見ていくとボストンハーバーの名前が見えてくる一族です。
    半兄グラットシエル(父:マンハッタンカフェ)も期間内に2勝しましたし期待が持てる一頭です。ちなみにリラコサージュとは関係ないです。

    28.スリーキセキの2015(中央)牝馬:ディアレスト
    トビーズコーナー×スリーキセキ(フジキセキ)
    近親のスリーコース(祖母の姉にあたるキンググローリアス産駒)は根岸Sの3着馬です
    三つのキセキを見せてもらいましょう

    総評:牡馬クラシックをほぼサトノグロワールとレイエンダの2頭に託してあとは、クラブ所有の牝馬と心中といった形の指名になっています。
    シルクRの高額牝馬が走るかどうかがターニングポイントになりそうです。