• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 中條Dテキスト 9月の月報を提出します

    2017-09-30 22:30
    324pt
    8月31日


     最近マックスむらいから「中條Dのお家芸のタイトル」という謎の表現をされましたPUBGの番組をやっていました。別に俺のタイトルではないのだが……。ShoboSuke君と一緒にユーザー参加型の試合をたくさん実施する、といったもの。大会の企画って難しいなと思わせる一方で、発見もあったので良かった。


    9月1日
     経費精算をやっていた気がする。自分だけなのかは分からないが、毎回8時間位かかっている気がする。丸一日の仕事ですよ。これは仕事なのかと思いつめるよね。


    9月2~3日
     休み。


    9月4日


     明らかに記憶力が下がったなぁと思うのは、以前は1ヶ月位前だったらその日に何を話したのか覚えていたのに、今はもう覚えられなくなっている。以前の方がこの手の仕事は多かったはずなのに。。。


    9月5日


     14日の放送でのタチヒビーチへ下見へ行きました。立川は僕の実家がある街で20年以上住んでいるところなのですが、まぁー再開発されていて見違えてましたね。


    9月6日
     かいしゃにまじめにしゅっきんしました。


    9月7日
     えらいひとといっしょにおしょくじしました。


     
  • 中條Dテキスト #38 「続ける」ことの難しさ

    2017-09-30 20:001
    324pt

     中條Dです。

     えーと、今月もギリギリまで何も書いてませんでした。よくない状況に慣れつつある昨今ですが、無理してでも書くという作業をした方が思考トレーニングになっていいのかなと思ってブロマガ止めてません。というのと、今回のテーマですけど続ける事の大事さを日々痛感しているからです。

     『関口宏の東京フレンドパーク』が気がついたら終わってましたけど、あの番組は長かったですね。フランキー為谷は今なにやってんだろうと思って調べたらYouTuberやってましたw まぁYouTuberがメインの活動ではないみたいですけど。あの番組は中身のマイナーチェンジの大小はあれど、基本的には2名がゲストで登場してアトラクションをクリアして最後にダーツを投げる、という大枠での構成については最後まで変わりませんでした。それで17年の歴史を築いたし、その後ろには確かな支持があったはずです。それどころかレギュラー終了後も特番として復活してますからね。

     17年間も同じことをずーっとやるというのは、ルーチンワークだから簡単そうに見えて実はとてもしんどいことなのです。『笑っていいとも!』に至っては31年半です。それは同じことをやり続けていると気が滅入ってくるから、とかそういう話ではなく、根底から取っ払って新しくしてしまいたい衝動が発生するからなのです。いいとも! はコーナーの入れ替わりが非常に激しかったのでそこで衝動を押さえられた場面もあったでしょうが、タモリさんの交代はさすがに無いにしても、例えば情報番組化したくなったりした衝動とかあったんじゃないかなーと邪推しています。

     なんですが、そもそも不肖・中條、まだディレクターになってまだ5年です。17年も31年も同じことやろうにもまだそこに携わっていないわけで。加えてドッグイヤーという言葉が死語になっているかはわかりませんが、移り変わりやトレンドの変化の激しいインターネットの世界で仕事をしているわけです。ここで変化の波に揉まれて流されないでいられるわけもなく、どうやってその波を乗り切るかに精一杯で、何かに根を張って長くやろうなんて悠長なことは間違っても言えない環境です。なので中條が何を言おうとも長くやることなど夢物語にすぎないのでした。終わり。
     
  • 【特別寄稿】鶴巻星奈・画伯による絵日記

    2017-09-15 12:004
    324pt

     9月14日に行われました『まだ間に合う? ビーチで浜遊び生放送!』にて鶴巻星奈(@1018seina)さんが出演しました。今回はマックスむらい部に入会されているユーザー様へ特典として、鶴巻画伯による「絵日記」を掲載させていただきます(転載しないでね!)。