• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 中條Dテキスト #33 なぜ人は「オワコン」と言いたがるのか

    2017-04-28 12:0017時間前3
    324pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください


     マックスむらいが旅に出ました。2月だったか3月だったか「旅に出たいんですよね」と言われて、おぅ、と思ったのですがどうやら本気であったらしく、その後、諸々の調整を経て沖縄へ旅立ってしまいました。

     率直に言ってびっくりしたんですが、行く前に色々話も聞いたんですよね。それはこういうブロマガとかで書く話じゃないし、まぁその辺の話は普通に黙っとけば……とか思っていたのですが、何の事はない、マックスむらい自身がブログに全部書いておりましたw

     日本縦断の旅の目的【本音】前半(マックスむらいの日本縦断ブログ)
     日本縦断の旅の目的【本音】後半(マックスむらいの日本縦断ブログ)

     特に前半ですよね。ゲームというジャンルから一度距離を置いてみたいというところ。生放送チームのゲームセクションで働いている僕からすれば「マジかよw」な話なわけですが、確かに年月を経て変化は僕にも感じられます。それはどちらかと言えばマックスむらい自身の変化ではなく、ゲーム動画業界の変化です。その昔はゲームの攻略というものに対して大きな需要があったのですが、昨今はプレイヤーの平均レベルが上がったからか、はたまた攻略情報の供給過多からか、攻略というものに対する需要が落ちているのを肌で感じます。

     実はゲームの攻略という需要は、大袈裟に言うならば『パズドラ』以前にはなかったと思います。『パズドラ』以前のゲーム業界、要はコンシューマー機ですけど、例えばRPGであったり、もしくはマリオに代表されるイースターエッグを探すアクションが王道であり、大きなシェアを占めていました。この頃のゲームって「こうすれば勝てる!」みたいな掘り下げ方をするゲームではないので、攻略という需要は少なかったわけです。で、その更に前、ファミコン時代にまで遡るとメトロイドヴァニアに代表されるアクションゲームが全盛期で、この頃だとゲームの難易度そのものが高かったので「こうすれば勝てる!」の攻略需要があったわけです。『パズドラ』は言うなればゲーマーに攻略需要を約25年ぶりに呼び起こしたゲームと言えるのではないでしょうか。

     話が長くなりましたが、そこの攻略というところにいち早く目をつけたのがAppBankだったわけです。なもんで、その広告塔である マックスむらい=攻略 というイメージが付いてしまうのは仕方ないとは思いますが、そもそも本人が100%望んでその立場になったわけではなく、成り行きで気がついたらその立場になっていたというのが実情でしょう。 
  • マックスむらいAI研究所 中間報告 #1

    2017-04-04 18:00


     4月3日の放送にて、マックスむらいAI研究所の中間報告を行いました。番組では「ポイね!」をより多く集めた研究員の方へ、感謝と称賛の気持ちとして、プレゼントを送ることにしました。以下が発表されたランキングとなります。

    「ポイね!」ポイントランキング(集計期間:3月17日~4月2日まで)
     1位:研究員
     2位:カズキチーフ
     3位:ゲスト
     4位:研究員
     5位:KEYSS
     6位:JIPPEI
     7位:ねぎ
     8位:ゾルダ
     9位:天天天
     10位:研究員
    (マックスむらい、ぐっさんを除いた順位となっております)

     1位の研究員さんにはSONYのワイヤレスイヤホン、2~3位のカズキチーフさん、ゲストさんにはLAMYの万年筆、4~10位の方々へはAGFのマキシムカフェアラカルトスティック50本入りをプレゼントいたします。
     またその他にも、優秀な応答・質問を部門別に表彰しました。各部門のグランプリは下記の通りです。

    きれいなむらい賞(賞品:COOLPIX デジタルカメラ)
    ミルのサブはアリエル、じゃぁ洗濯洗剤といえばーーー??
    きたないむらい賞(賞品:使い捨てキッチンクリーナー)
    明日一日だけ女になれます。なにしたい??
    良い質問ですね賞(賞品:ネックフィット枕)
    本人認定賞(賞品:ノザキのコンビーフ24缶セット)
    今度のゲーム祭りいつですか?
    中條D特別賞(賞品:DVD・大日本プロレス血みどろデスマッチ復刻シリーズ 建築現場デスマッチ)
    何でもないようなことが?
     以上のポイね!ランキング入賞者、各部門のグランプリに輝いた研究者の方々へは後日、ニコニコ動画に登録されているメールアドレスへ4月中に連絡が入ります。メールを受信された方は案内に従ってプレゼントの受け取りをお願い致します(一定期間返信がない場合はプレゼントを受け取る権利を失いますのでご留意ください)。
     今後も一定期間を置きまして中間報告を行います。同様にポイね!ランキングの発表や、各部門における表彰も行いますので、皆様、奮ってマックスむらいAI研究所へご参加ください(参加するにはニコニコチャンネル『マックスむらい部』への入会が必要です)。

    70f403a657ed2c7edb3945373a852f866db5fb59
  • 中條Dテキスト 3月の月報を提出します

    2017-03-31 23:00
    324pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    3月よりマックスむらい部コンテンツ『マックスむらいAI研究所』がスタートしました。こちらはドワンゴのチャンネルチームがかなり強烈に力を入れていく予定ですので、皆様ぜひご参加ください。

    dc76fcfb0c4a36e61eac8ebd7baba4d352fe1654

     そして中間報告生放送も4月3日に行われますので、こちらも是非ご覧ください。チャンネル放送ではなく公式放送ですが、見ている人が入部したくなるような内容にする予定です。



    3月1日
     休み。


    3月2日


     いきなりだが、放送が終わったあとこれは3月で一番面白い放送になったのではと思った番組。Nintendo Switch を買うためにビックロの行列に並ぶ放送だったのだが、ほぼノープランで臨んだため思いも寄らない出来事ばかり起きた。でも何と言ってもやっぱり朝早くからこうやって買い付けに行くあたり、俺たちは築地の旦那衆みたいだよなぁと思ったのが一番の思い出です。
     滅茶苦茶な時間に放送しておいてこんなことを言うのもおかしいのですが、やはりこの手の番組は生で見るのが一番面白いと思います。厳しいとは思うけれど、PCをつけっぱなしにしておくだけでも面白さは伝わると思うんだ……。

    主な事件(時系列順)
     ヒソカにする? 部室にする? ジャンケン対決
     りおなり、みっくすと一時的に合流
     夜中からビックロに並ぶのはNGっぽかったので部室へ移動
     きゃんた「お姉ちゃんがほしい」発言
     部室近くの屋台へ
     きゃんた「バッテリーは持ってきたけどケーブルは知りません」発言
     早朝のタクシー移動中、中條D「俺たちは築地の旦那衆に似ている」発言
     4時半の行列に加わる、順番は前から15番目
     中條D、寒いのにガリガリ君購入
     「ゲームを買おうとしている人に食べ物の差し入れってどういうこと??」
     全員が1台ずつ購入に成功
     ヒソカで休憩&朝マック
     たかはしくん、合流
     たかはしくんのために手に入れたはずのNintendo Switchを巡って、たかはし、むらい、ハラミンの3人で購入権を巡って指スマ対決

    5fdacd3ca9c79239b000f7a5d9f7ce8658a1ce0f
    (男たちの闘いの行方やいかに!? 3/2/2017)

    3月3日
     会社へ購入したNintendo Switchを献上。


    3月4~5日
     休み


    3月6日


     翌日の放送の仕込みが早朝6時半に会社集合であったため、この日の放送には参加せず。毎回思うのだが、なぜ食べる系の企画で最初の方からトッピング全乗せとか頼んでしまうのだろう。去年もやったんだから学習しているのかと思ったのだが。


    3月7日


     覇者の塔の先にあるという「封印の玉陵」を最速クリアするという生放送。結局、ロクに寝ず臨んでしまったのでだいぶ舟を漕いでしまった。


    3月8日