• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

恋愛本のモテテクに騙されるな!<オクテ男子の成功のヒケツ>
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

恋愛本のモテテクに騙されるな!<オクテ男子の成功のヒケツ>

2013-11-16 13:00
  • 12

電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

こんにちは(^O^)/

<男性向けの恋愛本を読むたび「嘘ばっかり、女はこんなの望んでない」と腹がたつ>と女性読者からよくコメントをもらいます。

男性目線の恋愛本には、細かいテクがいっぱい載っています。気のきいたデートの誘い方だの、スマートなエスコート術だの。

でも、恋愛で大切なのはテクニックではありません。
<女性の心を理解すること。目の前の彼女を見つめて、しっかりと反応を観察すること>

↑これがもっとも大切であり、「基本を大切にして、余計なことはしない」のが正解。

恋愛本を真に受けてモテテクを使いまくったら「この人は自分が好かれることに必死で、私のことを見ていない」と彼女に思われるでしょう。

あなた自身も「あれもしなきゃ、これもしなきゃ」と頭がいっぱいで、デートを楽しむ余裕もなくなる。すると彼女もくつろいで楽しめず、気疲れしてしまうのです。

テクニックに走ると、一方的でひとりよがりになって、肝心の相手が見えなくなってしまう。

だからその手の恋愛本を何冊読んでも、彼女はできません。女性からすれば、エスコートなんてどうでもいい、とるに足りないことなのだから。

女性は好きな人とであれば、ファミレスデートでも楽しめます。でも嫌いな人とだと、オシャレなレストランでスマートにエスコートされても楽しくない。
結局、エスコートされるから好きになるんじゃなく、好きな人にエスコートされるから嬉しいのです。

そんな基本中の基本が、恋愛本ではまともに解説されていません。

皆さんが知るべきは、女性が何を思い、何を望んでいるか…すなわち、女性心理です。

女性心理を理解すれば、好きな女性に好かれる方法がおのずとわかってきます。
つまり自分の頭で考えて、正解を導き出せるようになる。

マニュアル頼りだと、自分で考える力が育たないので、恋愛偏差値が伸びません。

営業マンでもそうですよね?
営業マニュアルをひたすら覚えるだけでは、契約はとれない。お客さんの気持ちを理解して、個々のニーズを考えられる人がデキる営業マンになる。
もちろん、いろんなお客さんと接して、場数を踏んで慣れることも大切です。

多くの恋愛本は単なるマニュアルばかりが載っていて、心理の解説が足りない。
足りないだけじゃなく、男性目線の勘違いや、ステレオタイプで薄っぺらいものが多い。

そんなマニュアルを丸暗記したところで、実践では役に立ちません。役に立たないどころか、逆効果になることも。

恋愛本の勘違いテクに騙されず、オクテ男子の成功のヒケツを学んでください。

問題 一度食事に行った女性を、二度目のデートに誘いたい。どんな風に誘うのがベスト?  

①(一度目がOKだったから、二度目も同じように)「食事に行こう」
②(ブナンだし共通の話題もできるから)「映画に行こう」
③(映画は沈黙が長いから、2人で話せるように)「水族館に行こう」
④「どこか行きたいところある?」と相手に聞く
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。