• IMS theBANGスタビライザー&両腕取り付け

    2017-05-31 21:45

    お久しぶりです。あるまーすです。
    BANGの製作記事は2014-05-26以来になります。
    ずいぶん寝かしましたわw
    少しおさらいとして軽く注意点を書いておきます
    頭部のC-9のパーツのT型のはめ込みダボは後ハメ出来るようにカット
    膝関節はM-19,M-2,M-3,P-1(x2)M-23のパーツ構成で、M-23の長穴になってる所を
    少しだけスリット入れてあげると、膝アーマーH-15,H-16塗装後、ハメこみしやすくできます。
    股関節G-9,G-10,G-11,G-12のG-10,G-12のボールジョイントは決して表面処理はしないこと! P-7R,P-7Lにはめ込むときにクリアランスが大きくなってしまうのでパーツが取れやすくなります。これはIMSシリーズ全作品共通だと思ってください。
    股関節のボールジョイントは表面処理はしない
    ここから本題ですw
    スタビライザーは裏の塗装もマスキングで塗り分けしました~
    苦業でしたw





    取り付けは1mmの真鍮棒なのでインパクトもないので真鍮棒の上からwaveの1.5のスプリング通しています






    上腕部組み立ても然程難しいことはないですが、ポリパーツQ-2,Q-3は塗装するならガイアのマルチプライマーがおススメです。すごく食いつきよく、塗装しても剥がれにくいです。









    食いつきがいいけど、ガンプラの可動のポリパーツに塗って塗装しても剥がれるのでw

    スペクターシールドも裏は塗り分けしてます









    腕取り付けたらこういう感じになります

    補強として、腹部のG-16のボールジョイントは少し太らせて、軸は真鍮棒の3mm
    肩のI-4もボールジョイントは太らせて軸は真鍮棒3㎜に置き換えてます。
    はめ込むときに指が痛すぎてってくらいが丁度いい保持力です
    軸を置き換えることにより、ちぎれる、もげる防止です


    次の記事は肩の装甲取り付け記事となります
    参考にしてもらえれば幸いです

    あと先月4月14日に飼っていた愛猫の、みこが不幸の事故によりみこの部屋が火災になり
    亡くなりました
    ペットロスになって3週間以上ネットもなにもかも遮断してました。
    彼女や彼女のお母さんがすごく励ましてくれて、あとTwitterですごく心遣いの言葉を多くいただき、ありがとうございました!
    5月31日が49日忌です。日曜に位牌持って供養してきます

    最後にブロマガ今回長くなりましたが、これからも書いていくのでよかったら見てくれたら嬉しいです。

    ありがとうございました! あるまーす


  • 広告
  • IMS レッドミラージュV3 インフェルノナパーム ウレタン仕上げ偏 脚部内部フレーム完成

    2017-04-09 10:58
    おひさしぶりです、あるまーすです
    ようやくですよ~3年の月日かけて、脚部内部フレームが完成して
    レッドミラージュV3が立ちましたw (*´ω`*)モキュ

    製作にあたり注意点があるので参考にされればと思います。

    ちなみに工程は固定仕様で製作しています。

    脚部製作は3-3のGの工程まで正直何も難しいことなく製作は出来ると思います。

    つま先フレームM-13,M-14,M-43,O-9(O-7),0-10(O-8)
    同じパーツで×2の表記なっていますけど、実際は左右きちんと成型されていて、
    若干角度がついています。組み上げたらわかると思います。

    ヒールのパーツB-3(B-4),B-6(B-5)も同様に角度がついているので間違いはないと思います








    バラストアーマーの組み上げは普通に組み上げてしまうと、おそらく
    E-23(E-24),E-25(E-26)の可動軸が内部フレームの取り付けの場所に引っからないで
    大変なことになるかもしれません(;´Д`)



    こういう感じで内部フレームに取り付けて接着して乾燥させていくと失敗は防げると思います。







    アンクルガードはF-3(F-4),F-1(F-4)は下にはモールド、上の半円状になってる所は
    段落ちの形状になってるので形状ミスと思って、面一に盛っていかないようにw

    最後、股下関節(固定用)で製作してるのですが、内部フレームが非常に取り付けしやすいです。可動用は固めにしておかないと保持力が維持できないので、かなりきつくしてあげることが重要だと思います.
    O-13,O-14,N-29,N-28の構成ですが、O-14の固定軸は非常に固めなので
    仮組で外すこと多いので若干細くするか、腰のパーツO-57,O-54のパーツの
    取り付け穴を大きくしてあげるといいですよ

    ここはしっかり接着するんで問題ないですからね!












    こういう感じになっています~
    次は脚部装甲取り付けになります。
    ゆっくり製作していくので、また見てもらえればうれしいです!

    では、では!あるまーすでした!


  • IMS レッドミラージュV3 インフェルノナパーム ウレタン仕上げ偏 腰部装甲&スカート取り付け

    2016-12-21 00:16

    どうも、インナパの製作再開しようかと思ってる、あるまーすです。
    かなり前に腰部まで完成させていたのですが、ブロマガにUPする機会がなくて・・(;´Д`)
    A-TOOL BS SWANSより前に腰部まで製作してプラケースに保存してましたw













    腰部製作ではスカートのモールド凹凸が2枚で1枚のスカート再現なので
    ちゃんと再現されています。
    E-33(E-34),E-1(E-3)はヒケがすごくて、目立つのでちゃんと処理しないと目立つので注意です。スカートパーツは2枚で1枚ということで凹凸表現できてるわけですが、
    可動軸の付近が当然つなぎ目が出てしまうので処理しましょう!
    腰基部のフレームはO-54,O-57は外部装甲取り付けるので気にしなくてもいいですw

    あとは、外部装甲の乳白色パーツもヒケあるので処理しておきます
    組み立てるのはさほど難しくないです
    インスト通りに組み上げればいいかと
    メリハリつけるためにスカートのジョイント、O-50,O51,M-17はスターブライトアイアンで塗装しています。

    腰部背面はレッドミラージュV3で飾るならA-13,A-14
    インナパにするならフレームランチャーユニットのA-13,A-14を使用します。
    接着するのでどちらかを選びましょう!

    2つ持っていれば、レッドミラージュV3,インナパと並べられますよぉ~
    次は脚部製作で固定仕様で製作していきます。
    また出来次第UPしていきますね

    ではでは、あるまーすでした