• IMS レッドミラージュV3 インフェルノナパーム ウレタン仕上げ偏 脚部内部フレーム完成

    2017-04-09 10:58
    おひさしぶりです、あるまーすです
    ようやくですよ~3年の月日かけて、脚部内部フレームが完成して
    レッドミラージュV3が立ちましたw (*´ω`*)モキュ

    製作にあたり注意点があるので参考にされればと思います。

    ちなみに工程は固定仕様で製作しています。

    脚部製作は3-3のGの工程まで正直何も難しいことなく製作は出来ると思います。

    つま先フレームM-13,M-14,M-43,O-9(O-7),0-10(O-8)
    同じパーツで×2の表記なっていますけど、実際は左右きちんと成型されていて、
    若干角度がついています。組み上げたらわかると思います。

    ヒールのパーツB-3(B-4),B-6(B-5)も同様に角度がついているので間違いはないと思います








    バラストアーマーの組み上げは普通に組み上げてしまうと、おそらく
    E-23(E-24),E-25(E-26)の可動軸が内部フレームの取り付けの場所に引っからないで
    大変なことになるかもしれません(;´Д`)



    こういう感じで内部フレームに取り付けて接着して乾燥させていくと失敗は防げると思います。







    アンクルガードはF-3(F-4),F-1(F-4)は下にはモールド、上の半円状になってる所は
    段落ちの形状になってるので形状ミスと思って、面一に盛っていかないようにw

    最後、股下関節(固定用)で製作してるのですが、内部フレームが非常に取り付けしやすいです。可動用は固めにしておかないと保持力が維持できないので、かなりきつくしてあげることが重要だと思います.
    O-13,O-14,N-29,N-28の構成ですが、O-14の固定軸は非常に固めなので
    仮組で外すこと多いので若干細くするか、腰のパーツO-57,O-54のパーツの
    取り付け穴を大きくしてあげるといいですよ

    ここはしっかり接着するんで問題ないですからね!












    こういう感じになっています~
    次は脚部装甲取り付けになります。
    ゆっくり製作していくので、また見てもらえればうれしいです!

    では、では!あるまーすでした!


  • 広告
  • IMS レッドミラージュV3 インフェルノナパーム ウレタン仕上げ偏 腰部装甲&スカート取り付け

    2016-12-21 00:16

    どうも、インナパの製作再開しようかと思ってる、あるまーすです。
    かなり前に腰部まで完成させていたのですが、ブロマガにUPする機会がなくて・・(;´Д`)
    A-TOOL BS SWANSより前に腰部まで製作してプラケースに保存してましたw













    腰部製作ではスカートのモールド凹凸が2枚で1枚のスカート再現なので
    ちゃんと再現されています。
    E-33(E-34),E-1(E-3)はヒケがすごくて、目立つのでちゃんと処理しないと目立つので注意です。スカートパーツは2枚で1枚ということで凹凸表現できてるわけですが、
    可動軸の付近が当然つなぎ目が出てしまうので処理しましょう!
    腰基部のフレームはO-54,O-57は外部装甲取り付けるので気にしなくてもいいですw

    あとは、外部装甲の乳白色パーツもヒケあるので処理しておきます
    組み立てるのはさほど難しくないです
    インスト通りに組み上げればいいかと
    メリハリつけるためにスカートのジョイント、O-50,O51,M-17はスターブライトアイアンで塗装しています。

    腰部背面はレッドミラージュV3で飾るならA-13,A-14
    インナパにするならフレームランチャーユニットのA-13,A-14を使用します。
    接着するのでどちらかを選びましょう!

    2つ持っていれば、レッドミラージュV3,インナパと並べられますよぉ~
    次は脚部製作で固定仕様で製作していきます。
    また出来次第UPしていきますね

    ではでは、あるまーすでした


  • IMS144 A-TOOL BS SWANS 製作レビュー

    2016-12-18 15:19

    おひさしぶりです。あるまーすです。

    ギルコンのお披露目も終わり製作レビュー書いておきますね。
    FSSキットに慣れてるモデラーさんなら作りやすいキットになっています。
    約4週間ちょいで完成させましたけど、もっと早く出来るキットですw












    まずは頭部の組み立て、A-1,A-12の接着のときにつなぎ目が出るので処理しましょう!
    フェイスの目のパーツ、I-8以外にE-25小さいパーツがあるので紛失しないように!

    胴体は胴体基部作ってから、胸部装甲を取り付けですが、ここで、仮組のときに
    A-18,A8,A-27,A-28を位置決めクリアランス調整させたら装甲のみ接着しておきます。
    こうするこによって塗装がラクになるので。

    腹部の組み立てもモールドが甘い感じしたので、すべてタガネの0.125で掘り起こししてます。この作業するとシャープにみえて引き立つので!

    腰部の基部はつなぎ目でますけど装甲で隠れるので気にしなくていいです
    腰部装甲も装甲裏も別パーツになってるので塗り分けしましょう!
    (ただ・・・みえないけどw)
    A-2,A11は、マスキングで塗り分けです

    股関節パーツのジョイント部分はいつものように表面処理はしないでそのままで!
    緩くなって保持力弱くなるので!

    腰部正面装甲A-13はヒケがすごいので処理はしましょう!!

    脚部の組み立てがこのキットで1番大変かもですw
    H-22,H14,H-25 ,J-7,J9を組み上げて塗装してから、大腿部B14(B-13),B9(B-10)
    J-6 取り付け接着です。つなぎ目がでるので処理後H-22,H14,H-25 ,J-7,J9の組み上げたパーツをマスキングしていきます。後ハメできないキットなので・・・・

    マスキングはしっかりしていきましょう!

    足首関節のパーツも先に組み上げ、塗装のちに、膝関節、大腿部のパーツをB11(B12),B4(B3)とはめ込んで接着、ここで正面につなぎ目が出るのでここもしっかり処理していきます

    足首外側装甲も裏にモールドあるので塗り分け、あとはつま先可動部、つま先装甲、踵、足首装甲は問題なく組み上げできます

    腕の組み上げも組み上げて接着できるパーツは先にしておきます
    腕の組み上げで注意は、下腕内部装甲のクリアランスと接着です、ここで調整しとおかないと、下腕装甲が取り付けできなくなります。ベイルマウント付下腕装甲も取り付けができなくなるのでしっかりクリアランス調整しましょう!

    ラウンドバインダーは問題なく、副腕アームのパーツにつなぎ目が出るので処理します。
    肩装甲なども問題ないかと

    ベイルはマスキングで色分けなので少し大変ですが・・・・・











    下4枚はブロマガ用です

    色々長く書きましたけど、重要な要点は書いたつもりです。

    これから製作されるモデラーさん、買おうかなと思ってるモデラーさんに少しでも参考になればと思っています。

    次はインナパの続きの記事をUPの予定です。

    では、また!あるまーすでした!!