壁]v・)<フリーゲーム「ぼくのかんがえたきみの終末」感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

壁]v・)<フリーゲーム「ぼくのかんがえたきみの終末」感想

2018-07-05 15:40
  • 2
2018年6月21日に全EDクリア。
その感想を書いていきたいと思います。
ネタバレはなしの方向で。

公式サイトはこちら


 
【総評】★★★★☆
シナリオ★★★★★
グラフィック★★★★☆
音楽★★★★☆
システム★★★★☆
   
総プレイ時間約4時間

=感想=
一言で言えば、「切なくて残酷で、それでいてあたたかいとある友情のノベルゲー」。
UIの色合いもあってか、全体的に透明感のある印象を受けます。
キャラの口調にクセがあるので、もしかしたら苦手に感じる人もいるかもしれません。
冒頭の流れとしましては「死んだはずの親友が死んだ自覚なく戻ってきたので、自覚させたらいなくなってしまいそうで、なんとか自覚させないように奮闘する」というものです。
ギャグもあるにはありますが、基本的な雰囲気は決して明るいものではありません。
と言っても鬱というわけでもないので、鬱が苦手な人も触れられると思います。

では細かい感想に移りたいと思います。

【シナリオ:★★★★★】
真綿でじわじわ首を絞められるようなしんどさを感じるところもあり、ふふっと笑えるところもあり、でも最後にはきっと爽やかな気分になれると思います。
私は結構涙で顔をぐしゃぐしゃにしながらやってましたw
周回プレイも楽しめる仕様になっているので、違いを楽しみながらプレイできます。
また、ひとつのEDが結構たどり着くのが難しいので、メモを取りながらプレイすると良いかと思います。

【グラフィック:★★★★☆】
色使いもUIも全体的にとてもやわらかな色合いです。
画面の左右を囲う要素に胸がぎゅっとなったりもします。
区切り区切りで入る変化の演出もとても好きです。
あとおまけで見られるのですが、演出や色使いひとつひとつにもこだわりが込められていて、唸らせられます。

【音楽:★★★★☆】
基本的に綺麗な雰囲気の透明感を感じる曲がそろっています。
どれも良曲揃いですのでおすすめです。
サントラを作ってみたら思い出して胸がぎゅっとしそうですね……。

【システム:★★★★☆】
吉里吉里製ですので、ノベルゲーに必要な機能はそろっています。
ですので、不便さを感じることはないかと。
強いて言うならバックログが1ページ1ページがウィンドウ1つ1つになっているので、そのまま上にスクロールすれば見られるような仕様ならもっと良かったかな、といったところです。
その辺は吉里吉里の仕様上でどうにもならないのなら仕方ないのですがw

以上です!
ここまでお付き合いくださりありがとうございます!
私はとても好きなゲームです。
いろいろな面で揺さぶられ、しばらく余韻に浸っていました。
下手したら未だに抜けきっていないかもしれませんw
何か心に来るものはあると思います。
短い時間で遊べるゲームなので、ぜひ遊んで欲しいです。
とてもおすすめのゲームです。
広告
×
レビューありがとうございます~!!
一人で制作していると良い部分も悪い部分もよく分からなくなってしまいがちなので、私にとってもすごく参考になります。
そして高く評価していただけて光栄です……光栄すぎてあわあわしてますが、とても励みになります!
今後もシナリオとグラフィックに精一杯、かつやわらかい気持ちで、力を注いでいきます♪
次回作ではバックログ機能の拡張を試して、良い感じのデザインも考えてみます(´▽`*)
3ヶ月前
×
コメントありがとうございますー!
一人で作ってるとだんだん分からなくなるの分かります……めっちゃ分かります……w
今後の作品もとても楽しみにしてますー!
拡張とかあるんですね! その辺りもどうなるのか楽しみです~(`・ω・´)
3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。