【SFC吸い出し】Superufo pro 8レビュー&使い方
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【SFC吸い出し】Superufo pro 8レビュー&使い方

2016-06-06 17:25
  • 1
今回SFCの吸出し機のSuperufo pro 8を購入したのでレビューと使い方を紹介していきたいと思います


Superufo pro 8とは?
・スーパーファミコンのソフトをSDカードに保存できる!
・SDカードに保存したゲームを実機でプレイ可能!
・チートコードや一時保存に対応!
ってな感じの商品です

この商品の良い所
・SFCゲームをSDにバックアップ保存できる
・セーブデータが消えない!(SDカードにバックアップ)
・チートコードが使える(対応ソフトはコード入力不要)
・スローモーション機能が使える(BGM、SEは通常速度のまま
・日本語対応

悪い所
・特殊チップのカセットはバックアップ出来ない特殊チップ一覧
・セーブが非常に面倒くさい
・ゲーム起動に時間がかかる(ファイルサイズによって変わる)
・一時保存がバグる(らしい)
・ファイル管理ができない
・接続端子部分が壊れやすい(要 接点復活剤)
・SDカードによっては認識してくれない


と、まぁ悪い点も多いのですが、わりかし手軽にSFCソフトのバックアップ、なおかつセーブデータが消えない など実機でSFCゲームをしたい人にとっては素晴らしい商品です

内容物

・本体カセット
・説明書(日本語、英語、中国語)
・USBケーブル(PCと接続して直接吸い出しをしてくれるらしい)
・ドライバCD

ゲームの吸い出したデータを保存するために別途SDカードが必要です
私の環境ではSandiskの8GBのSDHCカードで認識しましたが、アマゾンレビューを見ると認識しないSDカードもあるようです レビュー等を見ながら慎重に選びましょう

~使い方~


手持ちのドンキーコングでやっていきたいと思います

と、その前に!!

カセットの端子、吸出し機の端子(2ヶ所)本体の端子にゲーム用の接点復活剤を塗っておきましょう かなりスムーズに出し入れが出来るようになります
この作業をすることで吸出し機の端子破損率をかなり下げることが出来ます
また、認識しづらいSFCカセットの認識率も上がるのでGOODですね


カセットをさして本体の電源をON!!
上にささってるSFCカセットはかなり不安定なので丁寧に扱って下さい(強く倒すとテコの原理で折れるor端子破壊)
吸出し機とSFCのカセット両方が認識されるとSuperufoのメニューが表示されます




このままだとメニューが英語なので、日本語に直します
カーソルを日本語のところに合わせてBボタンで決定!!



無事、日本語のメニューになりました

さっそく吸い出していきましょう
一番右上のアイコン(上画像で消えている所)を選択します




ゲーム バックアップを選択します
Bボタンで決定 Yボタンでキャンセルです




自動バックアップ画面になったらスタートボタンを押します
ファイル名入力画面に切り替わります
ここでファイル名を入力していくわけですが、一つ注意が必要です
文字制限が8文字なんです
濁点も一文字なので長いタイトルのゲームは入りません!!略称を入れましょう



1~2分ほどでドンキーコングの吸い出しが完了しました
吸い出し時間はソフトの容量に比例して長くなるようです 8Mだと10~20秒

また、
保存したゲームをプレイするときも同じくらい読み込み時間が発生するので注意が必要です



おぉ~普通にプレイすることが出来ました!!
特に入力遅延や表示バグ等はなく 快適にプレイすることが出来ました!!

感覚的にはだいぶ昔にあったニンテンドーパワーの凄い版のような感じ?なのかな?


今回はあっさり起動してくれましたが、ソフトの接続が悪いまま吸い出しを行うと、ファイルは作成されるけど、ゲームが起動しない(真っ黒のまま動かない)などの症状がでる場合があります その時はソフト端子を掃除してちゃんと認識するようにしてから吸い出しをすると成功することが多かったです

~セーブデータ作成~
これがなければ最高の機械だと思うのですがそういう仕様だと思って諦めましょう・・・

この機械でゲームをする時は
・ソフトデータをSDカードから吸出し機本体のメモリに読み込み
・ゲームのセーブ等のデータを吸出し機本体メモリに保存
・電源を切るとともに吸出し機本体メモリの内容も消える
という流れになっています

せっかくSDカードにデータを保存するのになぜ自動で保存してくれない・・・

というわけで、ゲームをプレイして、セーブしたらSDカードにセーブデータをバックアップしていきます

本体の電源を切ります(リセットではない)すぐさま電源を入れてSuperufoのメニューに入ります



SRAMディスクへ書き込みを選択します
後はゲームバックアップの時と手順は同じです
スタートボタン→名前入力→OK!!

一回目はこれでいいのですが、二回目はそうはいかないので注意が必要です
なんとこの機械
ファイルの上書き保存が出来ないのです!!
なので古いデータは手動削除してからセーブデータの保存をしてください

ゲームを読み込むときに同一のファイル名のセーブデータを読み込むみたいなので(未検証)名前を変えると読み込まないかも・・・?

セーブデータのバックアップは完了です!!


と、まあこんな感じで家にあったSFCカセットの殆どをSDカード1枚に収めることが出来ました!!





これで中古で買ったはいいものの電池切れで出来なかったドラクエが出来ます!!やったぜ

このように不便なところと便利なところがある商品ですが、基盤むき出しの吸出し機よりは初心者でも扱いやすく、実機でプレイできる点でとってもおすすめの商品です
値段もちょっとづつ下がってるしね・・・



Superufo pro 8のレビュー&使い方でした!!こういうことに興味がある人の役に立てればうれしいです
最後まで読んでくれてありがとうございました!!
  • 前の記事
    これより過去の記事はありません。
広告
×
セーブ機能の無いソフトで使った方が便利ですね
11ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。