• オリキャラ設定其の①

    2018-08-02 09:08

    オリジナルキャラ設定書き連ね。





    朱欺夜子 -アカギ ヤコ-

    種族:狐人

    身長:150cm、××kg 誕生日:11/3(拾われた日を指定)

    3サイズ 80/60/70 (※自己申告)

    好:糖分、お稲荷さん、からかい甲斐のある人間。
    嫌:冗談の通じない人間、インテリ臭い人間、辛い、ニガい、臭い食べ物


    CVイメージ:新井里美
    生態:捻くれ者。息を吸って吐くように嘘をすらすら吐く。
    衣装は動き易く、生地の少ないものが好み。
    からかう為に、主に胸を押し付け易いから。
    ──また後述の、自身の歪んだ性癖にも起因する。

    相手を騙そうとからかう一方
    逆に罵倒、また自身の外見に対し差別的な目に激しく抵抗を示し、取り乱す。
    特に-役立たず-、-無能-等の言葉を言われた場合は即時嫌悪対象と化す。

    【背景】
    元は異能研究所の狐をモデリングとする、人と動物の交配生物。
    古来より最上位狐の妖怪と位置付けされる
    天狐に称えられ、何れ開花する能力を期待され
    初期のネーミングは妖狐の下位種、野子(やこ)と名づけられ扱われる が──。

    異能の研究は芳しくなく
    年単位に於ける成果にも拘わらず狐は能力として開花せず  

    ───異能は目覚めない───

    無能者のレッテルを張られた瞬間から
    期待の眼差しは具別の其れへと変貌するのに数日も掛からなかった。

    【無能】【塵】【 出 来 損 な い 】【廃棄処分】

    挙句の果ては女体という理由から慰み物として研究員の玩具と化す。
    性欲処理の道具としてまた幾年も扱われる。
    この当時の出来事で肌は傷つけられなかったが
    その心に刻まれた性行為の後遺症は、身体に触れられると過敏に反応するものとなる。

    挙句の果ては首輪に刻まれた野子-やこ-から
    奴隷と嫌悪と侮蔑の意を込めた厭子-やこ-のネームリングへと移された。

    ──過程など最早どうでも良い。
    己の真実は 『 研 究 所 の 廃 棄 物 』
    廃棄処分品はその後、一人の人間の気まぐれに拾われる。
    生体研究所副所長、朱木(アカギ)

    朱木への玩具として差し出された筈の、人のカタチをしたオナホを見た男は
    何故かその少女を自身の家へと招き入れた。
    狐娘はペットとして扱うには人の形を為し過ぎる。
    かと言え人間として扱うにも世間の目に晒される。
    其の為、人獣が世間に認知されるまでは朱木の家にて育てられる。

    首輪のネームリングと、自らを『やっこ、やっこ。』と呼んでいた事から
    『やこ』を改め夜子と改名。


    冗談が好きで、面白い話を聞かせて貰い
    まるで家族の様に接して貰った夢の様な時間も

    たった2年で露と消える。

    朱木はもう居ない。研究所も閉鎖されてしまった。

    見たくない現実をひた隠しにする様に
    其の誰も居なくなった家で一人喉が枯れる程に
    泣いて、泣いて、泣いて泣いて泣いて、泣き叫んで

    その時初めて生まれた

    其の異能──。


    - Happy Birthday  -



    【異能】

    狐ノ虚実『イミテイション』

    眼を視る事、瞳を介して一種の催眠を掛ける。

    『自らが行動して直接与えた』触感を意図的に狂わせる能力
    水を掛けられれば熱湯に、石をぶつけられれば刃物で切り付けられた痛みに。

    当然、対象が触れるべき水や石コロは何の変哲も無い水や石つぶて。
    ただし其れが『熱いもの』、『激痛が走る痛いもの』という強烈なイメージを、相手の脳に叩き込む故に、誤認させる。効果は秒単位の短い物ながら
    何度も何度も何度も与えられる一瞬の強烈なイメージは
    受けたダメージを真実と捉えさせず、崩し、惑わし、騙し、壊す。
    まるで狐に摘まれた様を見るのは、えもいえぬほど愉しいのだ。


    【プライベート】
    現在一人暮らし、獣人と見ても嫌悪の目で見ない人間の元でアルバイト。
    ──当時慰み者にされた経験から、『性行為自体』には嫌悪感を持たず
    自身に好意を持ってくれる相手には積極的に肌を重ねようとスキンシップが多い。
    ご奉仕大好きちゃん。


    上記、やっこちゃんのイラストは
    前島龍氏 @maeshima_ry0
    に依頼して描いて頂いたものにございます。
    無断転載はご遠慮ください。




  • 広告
  • アビブロ13発目、久々。落書きと六車兄貴。

    2018-02-10 06:53
    2月に入ってようやく久々の投稿。

    ここ最近モンハンばっかりやってて全然ネット自体をしていなかった。
    仮想通貨もサボり気味。よろしくない傾向だ。


    お陰でモンハンの腕だけあほみたいに上がったけれど
    結局ソロに行きついてたら見せる相手もいやしない。
    折角アイアンマン作ったのになー俺もなー。


    あと最近ちょっとした仕事を始めたので
    家に居ない時間も結構あったり。

    とはいえ、前と違って十何時間も拘束されるわけじゃないからまだいいけど。


    あとは寝る前に、昨日描いてた落書き









    横山三国志を読破してて何かふっと思い付いたから描いてみた。

    そして1時間後








    なんで六車兄貴のイラストでネタ被りしてるんですかね……。

    まさか自分のを見て思い立って1時間以内で書き上げた可能性が微レ存?
    着色してないのが何よりの証拠(決めつけ)

    まあそれはそれとして

    六車兄貴のイラスト
    見ろよ見ろよ。


    今日はこれまで!以上!快便!!



  • アビブロ12発目、礼とは。

    2018-01-22 09:47

    顔也。


    ごほん。
    あびちぃです。
    まあ何事もアイサツは大事って事で、初対面であろうと馴染みであろうと挨拶は大事。

    ツイッターでも、オッハー!!!!!!
    だけでも、うるせえとかいいねとかされたりすると嬉しいもんね。

    挨拶以外で何事にも、一言添えるっていう行為は大事だったり。
    ……まあ当たり前の事だけど。


    礼のアレ関係者だとか淫夢厨だからとか言われれば納得するし。
    ツイッター内容も淫夢語録だと知らなければ
    うるせえ!とか、は?(威圧)とか半ギレとか。
    何も知らないウブな人からしたら、ただの暴言厨と思われるのかもしれない。
    語録が当たり前になるホモの鑑にして人間の屑。


    ネットって怖いですな。