• 【東京ゲームショウ2016 レポート】ばくりんがみたもの【TGS2016】

    2016-09-20 16:381



    【初めての方へ】
    普段はグラボを無理やりノートパソコンに繋げたりしてます。
    気になる方はマイリストからどうぞ。


    追記:ブログ移動してます(第3のツイッター)


    こんにちは、ばくりんです。
    今回は東京ゲームショウ2016のレポートです。写真マシマシですがお付き合いください。
    東京ゲームショウ一般公開日である土日の2日間に知り合いの樹氷と回ってきました。

    1日目(9/17土)
    10時過ぎ到着。
    VRの整理券はもう無かった。

    今年のデザイン。VRが入っています。

    まず入り口近くで無料で配ってたモンスターエナジーをもらう。


    左手に烙印を押される。
    となりではネクソンのFPS。CSOやってたからグラフィックに親近感がある。

    そして早めに飯。すーぷからあげなるものを食べた。



    プラプラしながら色々見て回って気になったもの。
    MAFIAⅢがやけに目立つ。




    msiのブースでキーホルダーもらいました。


    ALIANWAREブースに置かれていたピラミッド型PC。


    GAMEVICEブースにあった、iPad用外付けコントローラー。


    IMMEREXブースに置かれていたVR用カメラ。

    右のお姉さんの下に置かれてるやつです。

    ソニーブースにあったPSVRとPS4PRO。




    PS1(なつい・・・)


    RezInfinte。ロボットのような動きに目を惹かれる。

    疲れたのでモンスターエナジーブース。
    くじ引きがあったので並ぶ。
    で、でた〜〜〜〜〜wwwwww真っ黒い玉。

    リストバンドをもらった。

    近くにあったiWear。

    VRではなくヘッドマウントモニター。
    プレビュー用に初代PS3が使われていて逆に珍しい。

    バイクのゲームをした。画面が固定になっておりVRのように別の方向を
    見れるわけではないので逆に酔いそうになった。

    おまけの写真





    XperiaにPlayStationとか、完全にソニー信者。
    ちなみにこの写真撮ってるカメラもソニー製です。

    1日目終わり。

    2日目(9/18日)
    なんとしてもPSVRがやりたかったため初の始発組。

    会場には6時ごろに着いたのに、この人数。カオス。ハシラナイデクダサーイ!!
    (その様子のGIFを上げようとしたらブロマガがGIFに対応してない。クソかよ。)

    入場案内をもらった。



    雨に降られながら何時間も待ったが結局整理券は取れなかった・・・
    それにしてもこの人数。普通じゃない。それほど次のゲームが期待されているのでしょう。

    気を取り直して、
    中企業のVRブース、の前に、朝一だったためMAFIAⅢがガラガラだったから観た。
    プロゲーマーの人がデモプレイをしてくれました。プロのステルスキル(物理)。
    安定のヘッショ、カッコイイ。
    魅せられてしまった。多分MAFIAⅢ買う。オープンワールド大好きだし。
    写真はなんか首にかけられたやつ。


    で、気になっていたブースへ。


    以前にネットで見つけていた機材が東京ゲームショウにきていたからみるしかない。
    3DRUDDERというメーカーのTHE 3DRUDDER。VR内の移動を足で行うためのツール。
    ルンバみたいな外観で、足を乗せて傾けたり回転させたりすると、
    画面も一緒に進んだり回ったりする。





    これのいい点は、全然酔わない。以前簡易的なVRを行った時、
    コントローラーで移動をしたら酔った。VR酔いというやつです。
    自分は歩いていないのに、自分が見ている映像は進んでいる。
    そのギャップで脳みそがエラー起こして酔うわけです。
    THE 3DRUDDERは足で操作することで進む動作をしているという錯覚で酔わない。
    すげぇ、とは記事読んだ時から思ってたけど、やっぱりすげぇ。
    やっぱり体験してみないとわかりません。これ買います。
    (あと、このブースで初めてHTC Viveを使えた。
    まったく並ばずにハイエンドVRをできたのはお得だった。)

    ちらっとRICOHブースもみました。
    ThetaSありがたく使わせていただいております。(_人_)


    あと、インディーズゲームも少しみました。
    あまりゲームが上手くないから見てただけでしたが、
    面白いアイデアも出てきたので見て損は無かった。

    本日1本目のモンスターエナジーを飲む。
    飯にお好み焼きを食い、そのあとはりんなのブースを見に行きました。


    シールをもらえたのでMacBookProにペタリ。

    Apple×MicrosoftというおぞましいCPが爆誕しました。

    それにしても、りんなの部屋がかわいい。これが理想の女子高生の部屋か。闇に堕ちそう。

    ただりんなの曲の中で、阪神という単語が出てきたので33-4
    そしてまたしてもモンスターエナジーを飲む。中毒。

    終わり。早朝から来てたので体力の限界。



    少しコストコによってそのまま帰りました。

    まとめ
    なにより有意義だったのはVRで酔わないためのアイデア。素晴らしい。
    3DRUDDERの横にあったブースで展示されていたものは
    視線をトラッキングしてくれるから選択にコントローラーがいらないというものでした。
    (プレイは残念ながらできませんでした)
    もうじきコントローラーがいらない時代が来るのかなと期待できます。
    PSVRをできなかったのはちょっと悔しいけど、いつか買うし、
    そのときの楽しみにしておきますかね。

    せっかくVRを体験できたのでしばらくはVR関係の記事や動画を上げていきたいな、
    と思います。

    最後に、幕張メッセに向かう途中でキャッシュカードをATMに置いてきました。
    それではまた。ノシ


  • 広告
  • 【eGPU】外付けグラボしたMacBookProでWindowsを動かしてみた。【GTA5ベンチ】

    2016-09-06 21:002



    ↑最近のブログみたいにバナー作ってみました。
    【初めての方へ】
    過去にWindowsノートパソコンでもグラボ外付けしました!
    マイリストからどうぞ。


    追記:ブログ移動してます(第3のツイッター)

    こんにちは、ばくりんです。

    先日間違えて書きかけの記事を公開してしまいました。
    速攻で19人ほど見てくれたようです。
    すみませんでした。

    最近就活やらバイトやらBO3やら忙しくてまともに動画も上げれていませんので
    せめてブロマガくらい書こうと思いまして、書いています。
    最初のパソコン改造から早2年くらい経とうとしているのですが、
    実験的なものはもう大体やりつくしました。
    ようやくゴールがみえてきました気がします。

    まさかGTX TITAN X買うとは思いませんでしたが。マジで無駄遣いだし、
    それからしばらくしてGTX 1080が出たので無事に憤死しましたね。はい。
    なんて記事を書いてある間にもTITAN X Pascalなんていうのも出て白目。
    Nvidia、最近回転が速いぞ・・・。
    AMDも頑張ってついていってね(笑)
    RX480は公開されてるゲームのベンチマークをみて
    シングルでの性能がへぼいなぁと思いますね。はい。
    R9 390Xのほうが仕事できる気がする。

    初見がバイバイしてしまうので前置きはこんなものにしておきましょう。
    こんな感じにだらだら書いていきますので、うわこいつの文章キモいと思ったら
    Google Chromeの機能である自動翻訳を使いながら、海外の外付けグラボの
    ウェブページを読むことをおすすめします。

    というか、初見の人は自分が前に書いた記事を読んでこないと
    ここで言っていることは1割も理解できないと思うので、先に読んできてくださいね。
    前に書いたことを質問されても、前に書きましたと返答するかもしれませんので
    承知してください。ネットはそこまで優しい世界ではないのです。

    そもそも自分が使っている環境で、かつ趣味でやってることなので
    100パーセント正しい回答ができるとも限りません。
    その辺も理解しておいてください。
    環境などは上にある第2のツイッターっていうリンクからどうぞ。

    長くなりまして申し訳ない。

    さて、今回はBootcampでMacBook ProにWindows10 Proをインストールして、
    外付けグラボは使えるのかという検証です。

    これは過去に挑戦してくれている方がいたので、
    動かないということはないと確信しながら
    ここまで改造しないと果たして動かないのか?と、
    もっと効率良くWindowsを起動できる方法がないか模索しました。

    結果的には、そこそこ使えました。
    ベンチマークテストだけ動画で上げておきます。こんな感じです。



    本当はセットアップの動画をあげようと思ったのですが、
    起動と再起動ばかりの動画になってしまい、これあげるくらいなら文字で伝えたほうが
    見る側も楽じゃないか?と思いそうしました。
    セットアップの方法は下を読んでいってください。

    アップ先がYouTubeで申し訳ないですが、
    Final Cut Pro Xからニコニコに動画を上げるのがだるいので勘弁してください。
    (二度もエンコしなきゃいけないから)


    さて、外付けグラボをセットアップする前に、
    先にやっておいたほうがいいことがあるので書きます。

    ・Windowsを起動した時にパスワードを打たなくても
    ログインできるようにしておきましょう。

    ・どれくらいの時間でWindowsが立ち上がるのか知っておきましょう。(1分とか)

    これは、外付けグラボが起動に失敗した時に、安全にPCの電源を切れるからです。
    どういうことかといいますと、画面は映らなくてもOSは起動しますので、
    キーボードショートカットを使うと安全に電源を切ることができます。
    これは外付けグラボをやってて気づいたことなんですが、
    外付けグラボの起動に成功した時は、Macの電源を入れて、ジャーンの音がした時、
    真っ白い画面が長く表示されます。
    音がしなくなってから10秒くらい真っ白い画面が続きます。

    逆に失敗している時は、音がしてから3秒くらいですぐに画面が真っ暗になります。
    失敗した時は、画面こそ真っ暗ですが、OSは立ち上がるので、
    そろそろOSが起動したであろうという時間になったら、
    キーボードで、
    ①Windowsキー+X ②U③Uの順で押すとWindowsがシャットダウンできます。
    押してもダメな時は電源ボタン長押ししかないですね。
    記事を書いていて気づきましたが、Windows8以降であれば
    電源ボタンを短く押すだけでシャットダウンできる仕様があるのでそっちのほうが
    安全にシャットダウンできるかもしれません。
    試してみてください。自分はもういいや。

    さて、いよいよ起動の方法を解説します。

    先ほど紹介したブログの方はタイミング良くThunderboltケーブルを挿すという
    作業をされていましたが、私の場合は、

    まずThunderboltケーブルは挿さずに、通常通りWinowsを起動して、
    デバイスマネージャを表示。
    モニタのところでIntel HD graphicsを停止。
    少し画面が荒くなったのを確認して、シャットダウン。
    外付けグラボのシステムの電源を全てオンにして、Thunderboltケーブルを挿し、
    Windowsを起動。成功という感じです。

    次回からはどうするかというと、ちょっと面倒ですが
    外付けグラボの電源を全て落としてから、Thunderboltケーブルを抜き、
    通常通りWindowsを起動して、デバイスマネージャを開き、
    Intel HD graphicsを一度有効にします。再度停止しシャットダウン。
    外付けグラボの電源を全てオンにした上で、MacにThunderboltケーブルを繋ぎ、
    起動すれば、うまく起動します、たぶん。

    肝心な部分は、Intel HD graphicsの停止と、
    外付けグラボのシステムの電源を全てオンにしてからThunderboltケーブルを
    Macにつなぐことだと思ってます。この手順がおかしいと起動しないときがあります。

    初めてセットアップするときは、いろいろ試していたうちに
    ディフォルトのGTX TITAN Xドライバがインストールできていたので
    あとはHD graphics停止したら起動に成功しやすくなったって話です。

    あと、一度成功してたのにしばらくやってなかったらうまく動かない!
    ということもよくあると思います。
    自分も何度かその状況になりました。
    自分が解決した方法は、
    ①Windowsを通常通り(外付けのセッティングをせずに)立ち上げて、
    デバイスマネージャーを開き、HD Graphicsのドライバの更新をする。
    非表示のデバイスを表示して
    GTX TITAN Xのディフォルトのドライバの更新をしたら、動きました。

    ②まずMacOSで外付けグラボで起動して、
    グラボが異常なことになってないことを確認してからWindowsで立ち上げる。
    たまにモニターの入力を間違えていて(入力1なのに2になってるとか)映らない!
    みたいな凡ミスも無きにしも非ずなので。

    ③ATX電源のスイッチ、マザボ用のスイッチを切り、
    ATX→マザボ用の順で電源を入れてからThunderboltをさす。

    そんな感じですかね。
    頻繁にアプデのあるWindowsだからこそさっきまで動いてたのに動かない!
    ということはよくある話です。

    で、ハードウェア、特にThunder2Boxだっけ?もう名前もしっかり覚えてないですが、
    そっちは全く改造していません。電力不足にならないか少し心配ですが、
    まぁ帯域の問題で100パーセントの力を発揮することはできないから大丈夫だと思います。

    ちなみに、前に買ったライザーカードも使っています。GTX TITAN Xがでかすぎて、Thuner2 Boxに収まらなかったので使わざるを得なかったのですが、
    問題なく使えており、安心しました。
    この地味なケーブルが3000円と、地味にいい値段なので万が一使えなかったら
    アマゾンのレビューを荒らしておこうかと思いましたが、その必要もなくなりました。安心。

    そうそう、前にも紹介したUSB3.0で出来ているPCIeライザーカードも、
    コメントで、そういう使い方じゃないと指摘してもらいましたが、
    通常通り使っても使えませんでした。きれそう。
    今はPS4とコントローラーの間の延長ケーブルとして生かしています。

    話が直ぐに逸れますね。ごめんなさい。
    でも普通にWindowsデスクトップみたいな扱いでゲームもできました。


    さてさて、
    ちょっとGTA5もやってみましたが、フレームレートこそ低めですが、
    画質とテクスチャはかなりアップしてもフレームレートは変わらないという感じでした。
    動画のほうでおまけとしてバグ動画を入れてありますが、
    画質をマックスにした時にテクスチャが追いつかない原因は
    イマイチ理由がはっきりしませんが、おそらくグラボの帯域というよりも、
    ゲームを入れてあるSSDをUSB3.0で接続しているからだと思います。。。
    本体のHDDに入れておけばよかった。
    あとは、CPUもi7(2.9 GHz)ですが、所詮ノートPCなのであまりいい性能ではありません。
    やっぱりデスクトップには勝てませんね。
    そもそもMacBookProのCPUですのでそこまで期待はしないほうがいいです。。。

    それでも、
    GTX960よりはメモリが多い分だけかなり安定していると思います。
    ただ、ゲームが落ちるとグラボも動作停止することがあり、
    PCの起動からやり直しになるので気をつけましょう。

    あと、長時間PCを起動しているとフレームレートが落ちる気がします。
    当たり前な気もしますが、外付けグラボの場合グラボだけ動作停止して
    画面が真っ暗になるので気をつけたほうがいいです。
    ショートカットキーか電源ボタンで切りましょう。

    不安定さはMacOSと比べて不安定な気もします。
    外付けグラボはMacOSをメインでやるべきですね。
    そもそもやるべきじゃないですが。

    あとわかったこととして、
    マインクラフトで、同じMod、同じマップをWindowsとMacで起動した時、
    自分のこの改造したパソコンでは、フレームレートはWindowsのほうが安定していました。
    たくさん動物がいる場所がMacではカクツキましたが、Winowsでは問題なしでした。


    それで気になり試しにCINEBENCHで計測してみたところ、
    ↓Windows 73FPS

    Mac↓ 52FPS

    約20FPSも違う。
    OpenGLだけしか計測していないのでDirectXについてはまだわかりませんが、
    OpenGLに限って言えばMacよりもWindowsのほうが適しているという結論がでました。

    DirectXも測れよwって話ですよね・・・。そのうちやります。
    そしてOpenGLで動くゲームをマイクラしか知らない・・・・。

    あと、Windows用であるNvidiaのGeforce Experienceも
    少し手こずりましたがインストールはできましたが、
    録画ソフトであるshadowplayが最初はうまく使えませんでした。

    自分で検証を重ねた結果、GTA5は全画面表示のみ録画できましたが、
    マインクラフトに関してはshadowplayでは録画不可能でした。
    まぁOBSなどでNVEncで適切なビットレートで録画すれば何の問題もなさそうです。
    あとはハードウェアエンコード方式のキャプチャーボードなどを使う手もあります。
    意地でもshadowplayで録画したい人は、まぁ頑張ってください。俺はやらない。

    今回の解説はそんなところですかね。
    マニアックすぎて可もなく不可もなくだと思いますが、以上で締めたいと思います。

    最後に。

    最近こんなものがキックスターター(出資を募るサイト)に出てました。
    MacBookProにThunderboltで接続する外付けGPU

    http://shiropen.com/2016/08/23/19327
    https://thewolfe.io/

    外付けグラボ用のエンクロージャーですね。
    主にVR(バーチャルリアリティ)用ですね。
    インテルやアップルに止められそうな気もしますが、出たらある程度売れると思います。
    どれほどの性能かまだわかりませんが値段も良心的なので
    MacBookやThunderboltのあるWindowsノートPCを持ってる人は
    自分みたいに面倒な作業をしないで済むので、これを待ってみるのも手かなと思います。
    誰か飛びついてみてください。俺はやりません。絶対やりません。

    あとは、まだ製品は全然ですがThunderbolt3も昨年発表されてますので
    はやく搭載してほしいなと思います。
    外付けグラボで4Kが使えるなんて、すごいと思いません?
    ・・・この前2015年の記事で今年は外付けグラボ元年だ!!みたいな記事があって
    何にも起きなかったんだよなーと白い目で読んでました。はい。

    そして、GTX TITAN Xはまぁまぁいいです。そしてThunderboltもいいです。
    GTX960では画質を最悪にしてギリギリ動いていたGTA5なども、ある程度は動きました。
    ゲームが落ちる頻度はかなり少なくなった気がします。
    しかし、PCでゲームしたいならWindowsデスクトップ買ったほうが断然楽です。

    今回はこれで終わりです。
    うわー文字ばっかりのブロマガになってしまい申し訳ないw
    またなんか報告しますので楽しみにしててください。
    ばくりんでした。ノシ

    お気に入り登録してもらえるとうれしいです。宜しくお願いします。

    コミュニティはこちら

  • 【外付けグラボ:悲報】TITAN X買ったらGTX1080が出るニュースをみた。【33-4】

    2016-05-10 20:561
    【初めての方へ】
    過去にWindowsノートパソコンでもグラボ外付けしました!
    マイリストからどうぞ。


    こんにちは、ばくりんです。





    ・・・売るか!
    というわけで、どうしてこうなったかというところから説明しようと思います。
     ___          ♪  ∩∧__,∧
    / || ̄ ̄||         _ ヽ( ^ω^ )7  どうしてこうなった!
    |.....||__||         /`ヽJ   ,‐┘   どうしてこうなった! 
    | ̄ ̄\三  / ̄ ̄ ̄/  ´`ヽ、_  ノ    
    |    | ( ./     /      `) ) ♪

    今年の2月。
    まず、ここ最近はノートパソコンや、MacBookProに外付けグラボをしてきたのですが、
    グラボがGTX960というちょっとスペック不足なものを使っていたので、
    この際、Quadro K4200でも買って付けてやれ、と考えていたのですが、
    いざバイト代の入った口座の残高をみたら、1万円足りない。
    そしてアマゾンをふと見たらGIGABYTEのGTX TITAN Xが中古で98000円。
    買 う し か な い で し ょ 。はい、ノリで買いましたね。

    まぁ少し時間は経ってるのですが、
    そこからWindowsを購入したり、SSDを購入して、
    セットアップに四苦八苦しながら迎えた5月。
    ようやくゲームができる環境を整えた矢先、

    2016/05/07
    Pascalアーキテクチャの「GeForce GTX 1080」が発表~GTX 980のSLIより高速で599ドル

    599ドル(大体6万くらい)でTITAN Xを超える性能・・・



    33-4

    やっちまったことは仕方ない。でもせっかく買ったグラボだし、
    残すか売ってしまうか検討中です。
    買い取り価格暴落してますので売ってもなぁ・・・。

    でも6万くらいでこのスペックのグラボが買える時代が到達したと思うと、
    すごい時代だなーと感じる次第です。

    さて、外付けグラボのほうですが、時間見つけて更新していこうと思います。
    そして、外付けグラボの性能の限界も見えてきました。
    今年中に完結しそうな感じですが、残りもよろしくお願いします。


    GTX TITAN X。でかい。


    もうMacBook Proに接続済みです。

    ばくりんでした。ではまた。ノシ

    お気に入り登録してもらえるとうれしいです。宜しくお願いします。

    コミュニティはこちら