• 【S4シングル】☔オタク式ペリラグ☔【最高最終2012】

    2017-07-16 02:351

    こんにちは、バラです。S4のシングルレートにてペリラグでレート2000達成できたので使用した構築の紹介など綴りたいと思います。

    【パーティ紹介】

    ペリッパー@しめったいわ 特性:あめふらし

    性格:のんき 努力値:H252 B44 C212 実数値:167-70-138-142-90-64(S個体値9以下)
    ねっとう/ぼうふう/れいとうビーム/とんぼがえり
    雨始動要因。
    Sをカバルドンに抜かれるラインまで落とすことでカバルドン入りにもスムーズに立ち回ることが出来ました。使用した個体のS実数値は64ですが無振りカバルドン抜かれかつ、無振りアローラガラガラを抜ける66が理想だと思います。厳選が面倒だったのでカバルドンより遅い個体ならなんでもいいやと思い、この個体を使っていましたが特に不便は無かったです。
    努力値調整はS1に使ったペリッパーと同じで、れいとうビームでガブリアスを確1にできるまでCを伸ばし、残りをBに回しました。こいつが殴る場面が少なかったのでもっとがっつり耐久に振ったり、でんこうせっかを採用しても良かったかもしれません。

    ラグラージ@ラグラージナイト 特性:げきりゅう→すいすい

    性格:いじっぱり 努力値:A252 D4 S252 実数値:175-222-130-x-131-122
    たきのぼり/じしん/れいとうパンチ/ばかぢから
    雨アタッカー。特に耐久に振って何かを耐えたいという事は無かったのでASぶっぱ。
    メガラグラージの技4枠目は雨界隈で色々議論されており、あくびやグロウパンチなど色々候補がありますが、パーティ的にカミツルギが無理だったのでばかぢからを採用しました。終盤はカミツルギを全く見なかったのであくびを入れればよかったかなと思います。

    ナットレイ@フィラのみ 特性:てつのとげ

    性格:のんき 努力値:H252 B252 D4 実数値:181-114-201-x-137-22
    ジャイロボール/やどりぎのたね/まもる/タネマシンガン

    オタクポケモン。ペリラグで重たい相手の水タイプやキノガッサを見たり、普通に物理受けとして安定して活躍してくれた過労死枠。
    たべのこしはヒードランが持っているため試しにフィラのみを採用したところ、不意のめざ炎やかくとう技、Zワザ等を受けても後続に役割が持てるぐらいの体力を残したまま突破出来たりとかなり使いやすかったです。普通に強かったのでこの型のナットレイはもうちょっと使われてもいいんじゃないかなーと思います。相手にはしたくないですが。
    パーティ的にステルスロックが欲しかったですがどれも抜けなかったのでこの構成になっています。


    ヒードラン@たべのこし 特性:もらいび

    性格:おだやか 努力値:H212 B4 C20 D188 S84 実数値:193-x-127-153-165-108
    ふんえん/どくどく/まもる/みがわり

    オタクポケモンその2。テンプレのどくまもヒードラン。ペリラグで重たい相手の草タイプやメガリザードンY、耐久ポケモンに強いポケモンとして採用。
    調整はH:16n+1、C:カプ・コケコをふんえんで確2、S:s4振りロトム抜き、余りD
    詰ませ性能が非常に高く、とても使いやすかったです。マグマストームは当てる自信が無かったのと火傷狙いでふんえんを採用。全く焼いてくれませんでした。


    ボルトロス(れいじゅう)@カクトウZ 特性:ちくでん

    性格:おくびょう 努力値:H4 B4 C116 D132 S252 実数値:155-x-91-180-117-168
    10まんボルト/めざめるパワー氷/きあいだま/わるだくみ

    受けルなどを崩していく駒として採用。
    調整はDをカプ・テテフのサイコキネシス耐えまで振り、残りをCに。
    他のパーティからの流用個体なのでもっといい調整が他にあると思います。


    ラティアス@こだわりスカーフ 特性:ふゆう

    性格:おくびょう 努力値:H32 B4 C252 S220 実数値:159-x-111-162-150-173
    サイコキネシス/りゅうせいぐん/トリック/いやしのねがい

    重たいバシャーモに強く、舞ったメガボーマンダやメガリザードンX、初手でよく来るメガゲンガーを上から殴れ、耐久ポケモンにはスカーフトリックで機能停止させたりパーティのあなを上手く埋めてくれました。
    調整は1舞準速メガボーマンダ抜き。
    スカーフがあまり読まれず、1加速したバシャーモや舞ったメガリザードンX、最速メガボーマンダなどが結構居座ってきて通しやすかったです。

    【選出】

    ①ペリッパー+ラグラージ@1

    基本選出。残り1枠は基本はナットレイかヒードランですが、ぺリラグで全員見られそうなときなどは復活要因としてラティアスを選出したりします。
    初手ペリッパーとカプ・コケコが対面したときは7割ぐらいでくさむすびを撃ってくるので一旦ナットレイで透かして即ラグラージバックという動きをしました。ナットレイを選出していない時は勇気の素蜻蛉をしたりしてました。

    ②ナットレイ+ヒードラン@1

    オタクサイクル。正直ペリラグ選出よりもこっちの方が選出率は高かったです。
    @1は基本は格闘が受けられるラティアスか、サイクルを回した後全抜きが狙えるボルトロスですが、相手にヒードランがいてこの選出がしたい時などラグラージピンやペリッパーピンなどの選出をすることがありました。

    ③ラティアス+ボルトロス+ナットレイ

    受けループには基本的にこの選出をしました。

    【QR】

    QRパーティを公開したのでペリラグ使って見たいなという人などは良かったら使ってみて下さい。 こちら

    【感想】

    久しぶりにレート2000達成できて良かったです。次のシーズンは雨以外の構築を組もうかなと思います。勝てなかったら雨に戻ってくるかもしれません。頑張りたいです。
    ここまで読んで下さりありがとうございました。
    何かありましたらtwitterまでどうぞ(@bara_nozomu)


  • 広告
  • 【ポケモンSM】レート2000達成構築「ぺリグドラ」【シーズン1】

    2017-01-11 20:531
    初めまして、バラと申します。
    ポケモンSMのレーティングバトルシーズン1にてぺリグドラでレート2000を達成できたので構築の紹介など綴りたいと思います。
    また、こういった構築記事を書くのは初めてなので至らない点などあるかもしれませんがご了承ください。

    【パーティ解説】

    ぺリッパー@しめったいわ 特性:あめふらし

    性格:ずぶとい 努力値:H252 B44 C212 実数値:167-63-138-142-90-85
    ねっとう/ぼうふう/とんぼがえり/でんこうせっか

    SMにて特性あめふらしを取得+Cの上昇で大幅な強化を得たポケモン。
    Cを雨下ねっとうで耐久無振りガブリアスを確定2発にできるまで振り、Hぶっぱ余りB。
    持ち物は雨ターンを延ばせるしめったいわ。
    でんこうせっかの枠は最初れいとうビームにしていましたが、雨選出の基本型であるぺリグドラジバコという並びで選出した際、相手の襷ガブリアスが非常に辛くジバコイルとガブリアスの対面でぺリッパーに引いたときに交代読みストーンエッジなど食らうとその時点でゲームエンドになりかねない状況だったのでせめてもの襷潰しができるように採用。結果、雨選出時の勝率がはね上がったのでぺリグドラジバコという並びを使うのならこの技構成が一番いいのではないかなと思います。でんこうせっかはキャモメの時にしか覚えないので注意!!

    キングドラ@ミズZ 特性:すいすい
    
    性格:ひかえめ 努力値:H56 C252 D4 S196 実数値:157-x-115-161-116-130
    ハイドロポンプ/なみのり/れいとうビーム/りゅうせいぐん

    Sを雨下で1舞準速メガボーマンダを抜きまで振り、火力が欲しいのでCぶっぱ、ダウンロード対策でDに4、余りH。
    雨スーパーアクアトルネードの火力は凄まじく、等倍なら大抵のポケモンを吹き飛ばせます。
    ポリ2に関しては一撃では落とせないので、一旦ジバコイルでボルトチェンジを挟んでからキングドラに繋いでZ技を撃って処理していました。(HDポリ2はやめて)
    シーズン後半になるとカプ・レヒレの増加などでかなり通しにくかったですが、刺さる相手には圧倒的強さを見せてくれました。

    ジバコイル@とつげきチョッキ 特性:がんじょう

    性格:ひかえめ 努力値:H220 C252 S36 実数値:173-x-135-200-110-85
    10まんボルト/ボルトチェンジ/ラスターカノン/めざめるパワー地面

    Sをジャローダのへびにらみで麻痺したガブリアス抜きまで振り、Cぶっぱ、余りH。
    特性は個人的な使いやすさでがんじょうを採用していますが、これだとラスターカノンで無振りカプ・テテフが乱数で落とせなかったり、無振りガブリアスが乱数2発になったりと絶妙に火力が足りなかったりするのでアナライズでも十分いいと思います。
    自分のパーティは電気無効がいない為、相手のパーティに電気(特にカプ・コケコ)がいる時はかなりの確率で先発に出されるのでそれに合わせて大体先発で出していきました。
    めざめるパワー地面は主にガラガラやジバコイルミラーの為に採用。シーズン終盤は速いガラガラに抜かれる事が多かったのでもっとSに振ってもいいかもしれません。
    環境に多いカプ系やミミッキュなどに強く雨選出以外でも幅広く選出でき、非常に使いやすかったです。

    フェローチェ@きあいのタスキ 特性:ビーストブースト

    性格:やんちゃ 努力値:H4 A252 S252 実数値:147-207-57-157-51-203
    とびひざげり/とんぼがえり/れいとうビーム/どくづき

    テンプレAS型。
    基本的に雨が選出できないときに選出。他の2匹でギルガルドやガラガラなどフェローチェではどうにもならないポケモンを処理して、フェローチェの一貫を取って勝つという運用の仕方をしました。

    ガルーラ@ガルーラナイト 特性:きもったま→おやこあい

    性格:いじっぱり 努力値:H36 A216 D4 S252 実数値:185-189-120-x-121-152
    ブレイククロー/いわなだれ/じしん/ふいうち

    「グロウパンチがないならブレイククローで相手のBを下げればいいじゃない」という型。
    Hを16n-1調整、同族意識でSぶっぱ、ダウンロード対策のD4振り、余りA。
    ブレイククローは50%の確率で相手のBを下げる技でメガガルーラが使うと約25%で相手のBを2段階、約50%で1段階下げる技になり、運が悪くなければ相手の受けを崩す事ができます。命中95%であることを忘れてはならない(戒め)。
    タイマン性能は下がったものの相手の受けポケモンを強引に突破でき、サイクルを崩す性能が高いのが他のガルーラとの違い。どうしてもキツい場面でテッカグヤやマッシブーンなどを交代際のブレクロ+雪崩怯みで強引に突破出来たり出来なかったり。
    基本的にBダウンを解除しにくるポケモンがフェローチェの苦手なポケモン(ミミッキュ、ギルガルドなど)と被っているのでそいつらを誘導しやすく、フェローチェの一貫が作りやすかったです。

    ジャローダ@ゴツゴツメット 特性:しんりょく

    性格:おくびょう 努力値:H252 D4 S252 実数値:182-x-115-95-116-181
    ギガドレイン/やどりぎのタネ/へびにらみ/リフレクター

    特に細かい調整を思い浮かばなかったのでHSぶっぱ、余りをダウンロード対策でD4振り。
    中盤以降じわじわ数を増やしたメガガルーラやパーティでキツいギャラドスの対策に入れました。
    あまのじゃくがないので止まりやすかったり起点になりやすかったりと慎重に運用しなくてはいけない部分はありましたがそれでも十分仕事はしてくれました。

    【選出】

    ①ジバコイル+ぺリッパー+キングドラ
    このパーティの基本選出。基本はジバコイル先発で入りますが、相手のパーティに電気がいないときなどはぺリッパー先発で行くことがあります。
    ②(ぺリッパーorジバコイルorガルーラorジャローダ)+フェローチェ
    雨が出せない時の選出。上記にあるように2体で一貫を作ってフェローチェで全抜きしていきます。
    ③(ぺリッパーorジバコイルorジャローダ)+ガルーラ
    雨もフェローチェも出せない時の選出。

    【最後に】

    実を言うとぺリッパーは自分の一番好きなポケモンでして、そのぺリッパーと共にレート2000を達成できてとても嬉しく思っています。
    シーズン2からはポケバンクの解禁で使えるポケモンも増え、環境も大きく変わると思われますが、頑張って(できればぺリッパーと共に)更なる高みを目指していけたらなと思います。
    ここまで読んで下さりありがとうございました。
    何かありましたらtwitterまでどうぞ(@bara_nozomu)