YouTube:著作権侵害の申し立て(実際にやってること)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

YouTube:著作権侵害の申し立て(実際にやってること)

2016-07-04 22:16
    先日、YouTubeで申し立てを行った際の画面コピーをとってありましたので、実際にどんな画面が表示されているのかご紹介しておきます。

    ※重要注意事項
    (1)ご紹介する画面は2016年07月01日に操作した際の画面コピーです。時期が変われば、変わってしまう可能性が高いです。
    (2)ご紹介する画面は、私が申し立てを行った際のものです。他の方が操作をすれば、やはり違う画面となる可能性はあるでしょう。
    (3)YouTubeの画面にも書かれてますが「虚偽や間違った申し立て」を行わないようにしてください。

    申し立てに先立って次の2つの情報はメモ帳などにコピペしておくと良いでしょう。
    (a) 著作権を侵害している作品のurl(つまり、違法転載先url)
    (b) 著作権が侵害された作品のurl(つまり、自分の作品url)

    1.スタート

    著作権を侵害している作品のページで、メニューの「・・・その他」をクリックして表示される項目の中から「報告」をクリックして選びます。(画面コピー下記)



    2.申し立て内容の選択

    続けて表示される画面で「問題を選択してください。」の中から適切なものを選びます。ここでは「権利の侵害」をクリックして選び、続けて表示される「いずれかを選択」の中から「著作権の侵害」をクリックして選択しています。(画面コピー下記)



    3.一回目の送信ボタン

    ここまで入力した内容に間違いなければ、ページ右下の「送信」ボタンをクリックします。(画面コピー下記)



    4.「著作権侵害の申し立て送信」ボタン

    次に表示される画面の内容をよく確認し、間違いなければ「著作権侵害の申し立て送信」ボタンをクリックします。(画面コピー下記)



    5.侵害内容の詳細入力(1)

    続けて表示される画面では、侵害内容を選択・入力します。

    入力例として;
    ① 「著作権侵害」を選択
    ② 「自分」を選択
    ③ 著作権を侵害している作品のUrlを入力。そして「他のユーザーが私のYouTube動画を再度アップロードした」を選択
    (画面コピー下記)



    .侵害内容の詳細入力(2)

    上の画面の続きです。
    自分の作品(著作権侵害された作品)のUrlを入力します。また、どの部分が侵害されたのか選択します。ここでは「動画全体」を選択しています。

    他に権利侵害されている動画があれば、「+別の動画を追加」をクリックして、追加申請できます。



    7.個人情報の入力

    上の画面の続きです。

    ページ下部では、個人情報の入力が必要です。正確に入力してください。
    ただし、「著作権者名(YouTubeユーザー名または本名の氏名)」欄は、本名でなくYouTubeユーザー名でOKです。(私の場合はbassedance)

    ※ここが本名となっていると、削除された権利侵害作品urlの跡地にあなたの本名が表記されることになります。もしくはGoogle+を本名で使用していると同様の結果になるとも聞いています。ご注意ください。削除後の跡地表示例→ https://youtu.be/FVRz684FJmA

    申立人の氏名」は本名(苗字と名前)です。送信ボタン上にある最後の欄にも完全一致した氏名を入力する必要があります。

    なお、役職は「管理者」等適当なもので良いでしょう。(提督とか審神者なんてのは止めといた方がよいと思いますが。。。)

    入力内容を確認したら「申し立てを送信」ボタンをクリックします。(画面コピー下記)



    次の送信完了メッセージが表示され、申し立てが完了しました。



    このあとすぐに、YouTubeへ登録しているメールアドレス宛に「著作権の侵害に関する通知の確認」とうタイトルのメールがYouTubeから着信しているはずです。内容に間違いないか確認をしておいてください。

    あとは、権利侵害として申し立てた作品が削除されると、YouTubeから連絡のメールが来るはずです。

    ◆補足

    上に貼り付けた画面のコピーを良く見ていると;

    (1)権利侵害された作品の作者本人でなくても、申し立てが出来そう、
    (2)YouTube以外のurl(例えばニコ動内のurl)を権利侵害された作品(オリジナル)として、申し立て出来そう、

    なんですが、実際にどうるなるのかは分かりません。

    あと、naverの纏めにYouTubeでの申し立てについて詳細な記述がありますので、興味のある方はご覧になることをお勧めします。

    http://matome.naver.jp/odai/2140020214273655001

    以上

    ※ブログのサムネに使った画像は次のYouTubeページのタイトル部分です。
     https://www.youtube.com/yt/copyright/ja/




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。