• 【動画投稿】「TAS魔理沙と敏腕秘書」予告編公開。集いし願いが、新たな速度の地平へ誘う!

    2018-09-21 22:002



    TAS魔理沙シリーズ第八段
    「TAS魔理沙と敏腕秘書」

    まずは予告編を公開しました!



    「首領ジャラ!」シリーズの完結を優先したことに加え、7~9月にかけて仕事が忙しかった(それまでの3倍は働いてた)ことも重なり、製作告知から3ヶ月も経っちゃいましたが、寿命を削る覚悟で頑張った甲斐あってなんとか形になりそうです。

    今年のTAS魔理沙はアニメのパロディ多めでお届けします。
    本編は来週9月28日(金)21時公開予定。とはいえこの動画を上げた時点でまだ完成していないので、もしかしたら延期になるかも……。過度な期待はせずお待ちください。

  • 広告
  • 【ベホイミのグルメ】仙台グルメといえばこれ!宮城・仙台「愛と勇気と炎の拉麺屋たいらん 泉中央店」のウーシャン麺

    2018-09-14 23:001



    牛タン、ずんだ餅、笹かまぼこ、麻婆焼きそば、はらこ飯……
    数ある仙台名物の中で一番を決めろと言われたら、私はこう答える。



    「愛と勇気と炎の拉麺屋 たいらん」の名物料理。
    ナスと豚ロースの細切りが入ったピリ辛旨煮あんかけラーメン。

    「ウーシャン麺」こそが至高の仙台グルメだ。
    ※写真は2017年9月に撮影した「たいらん」仙台駅前店の物です。

    毎年一度は仙台に足を運び、ウーシャン麺を味わっている。
    今年はスケジュールの関係で牛タンかウーシャン麺のどちらかを諦めなければならなかったのだが、迷わずウーシャン麺を選んだ。
    ウーシャン麺を食べない仙台旅行など、プリンが居ないスマブラのようなものである。

    さて。たいらんは元々「仙台駅前店」「泉中央店」の2店舗存在したのだが……
    昨年の11月5日に仙台駅前店が惜しまれつつも閉店。
    突然の出来事に涙したのは言うまでもない。



    というわけで今年は「泉中央店」の方に足を運んでみた。
    仙台駅から地下鉄経由で20分ほどだ。駅から徒歩数分だった仙台駅前店に比べると多少不便にはなったが、ウーシャン麺のためなら構わない。



    ここが「愛と勇気と炎の拉麺屋たいらん 泉中央店」
    店の前の駐車場は車で埋まっていて、こういう寄ったアングルの写真しか撮れなかった。



    「五香茄子湯麺(ウーシャン麺)」\880
    写真では分からないと思うが、油がキラキラと輝いてとても美しい。
    今年もこの場所に帰ってきたのだと、安心感を与えてくれる輝きだ。



    とにかく茄子が美味い。まじでこの世の全ての茄子好きに教えてあげたい。
    全国の茄子好き、茄子を愛する者たち、茄子を憎む者たち、全ての茄子関係者に伝われ。



    そして忘れてはならないのがサイドメニューの「鍋貼餃子」だ。
    たいらんの餃子は生姜がビシッと効いて、オリジナリティのある味わいに仕上がっている。
    私の場合は餃子3つに半ライスが付く「餃子セット」を注文し……



    ウーシャン麺のあんかけをライスと合わせて、ミニ「ウーシャン飯」にして食べる。
    二度美味しいとはこのことだ。ご馳走さまでした。




    ところで。



    仙台駅前店の跡地をチェックしたところ……「ウーシャン飯」の旗が!?
    店の名は「運命を変える拉麺屋 丹心」
    たいらんのスタッフが独立して作った店らしく、メニューにもウーシャン麺が。大げさな店名にたいらんイズムが感じられる。来年のウーシャン麺はここに食べに来ることにしよう。

    ちなみに昨年は「一日旅行録ベホイミ」と題し、(カイジ風の疲れる文体で)仙台1泊2日旅行の様子を記事にしているので、仙台駅周辺のグルメを全力で楽しみ抜きたい読者は是非読んでほしい。

    愛と勇気と炎の拉麺屋たいらん
    住所:宮城県仙台市泉区泉中央3-9-3
    最寄り:泉中央駅から徒歩7分
    営業時間:11:30~14:45、18:00~21:45
    定休日:火曜日
    →公式サイトを見る
    →食べログを見る



  • 【ベホイミのグルメ】「焼肉ファストフード」という新業態。東京・新橋「焼肉ライク」で一人焼肉!

    2018-09-08 23:003



    8月29日、焼肉の日。
    JR新橋駅のすぐ近くで、新たな焼肉旋風が吹き荒れていた。



    その名も「焼肉ライク」
    「焼肉をファストフードとして楽しむ」のがコンセプトの新店舗である。

    焼肉の日に沸き起こった肉食欲を、6480円(税込)の牛丼を食べることで満たしたはずの私であったが、自分で肉を焼きたいという衝動は潰えず。
    この店のオープンのことを思い出し、先日仕事帰りに行ってきた次第。



    席は殆どがカウンターで、この小型ロースターが宅に備え付けられている。
    煙が出ないので仕事帰りでも安心。



    メニューはかなりシンプル。
    カルビ・ハラミ・サブトン・牛タン……といった肉メニューに、ごはん・ワカメスープ・キムチのセットを合わせる。いわば自分ライクの焼肉定食を構築するわけだ。
    悩む人向けに「おすすめセット」の用意もあり。



    焼肉屋の定番メニューといえば冷麺だが、この店では扱っていない。
    あくまでここは肉と飯を食う店である。



    というわけでこちらがマイ焼肉定食。頼んだらあっという間に出てきた。
    「カルビ」(\480/100g)「ハラミ」(\530/100g)を両方タレで。



    更に「国産牛カーペット」(\580/100g)も付けてみた。



    一人焼肉なので当然だが、肉を独り占めである。
    誰に遠慮することもなく、目の前の肉を無心で焼く!



    「国産牛カーペット」はサイドメニューの生卵と絡ませてすき焼き風に食す!
    最近Amazon Primeで「ゆるキャン△」を視聴したばかり。
    すき焼きに飢えていたこのタイミングでこれは嬉しい。



    正直あまり期待はしていなかったのだが、味も中々のもの。
    1000~2000円程度でこのレベルの焼肉が食えるなら素晴らしいコスパ。
    そして焼肉店とは思えない高回転率で、ファストフードの看板に偽りなしだ。
    メニューを絞り込んだのが効いているのだろう。

    「焼肉ライク」には頑張って店舗を増やしていただきたいところだ。


    焼肉ライク
    住所:東京都港区新橋2-15-8 新橋W・Bビル 1F
    最寄り駅:JR新橋駅
    営業時間:11:00~23:00
    定休日:年中無休
    →食べログを見る