• 【ベホイミのグルメ】キリンが誇るクラフトビールの発信拠点!東京・代官山「スプリングバレーブルワリー」

    2017-06-23 23:0033


    ※写真は神田「TAP☓TAP」でいただいた「ホントに苦いピルスナー」

    私の友人は東京に集中しているので、基本的に休日は東京に出ることが多い。
    ゲーセンで騒いだあと、ビアバルで酒を飲んでチルアウトして帰る……というのが主な過ごし方だ。以前紹介した六本木「ブリュードッグ」秋葉原「常陸国ブルーイングラボ」は、そんな日々の中で開拓した店である。

    さて、先日は早めに友人達と別れたので時間的余裕があった。
    いつも通り、帰路にあるビアバルを開拓するのも芸がない。ならば足を伸ばそう。



    というわけでやってきたのは代官山。
    お洒落すぎてオタク全開のTシャツを着てきたことを今更反省。



    東急東横線・代官山駅を降りて徒歩約4分のところに、お目当ての店があった。
    「スプリングバレーブルワリー」
    キリンビールを親会社とするクラフトビールのブランドである。
    「スプリングバレーブルワリー」とは1870年に開業し、キリンビールの前身となったビール工場の名前らしい。その名前を借りたという訳だ。



    木目調の落ち着く内装の店内に、ビールのタンクが鎮座。
    ここはビアバルが併設された醸造所なのである。この場所で作られた新鮮なビールを店内でいただけるという寸法。食べ物もそれぞれのビールとの相性にこだわって揃えている。



    ビアフライト

    6種類のビールを少量(100ml)ずつ試せる、利き酒セット的なもの。
    一つ一つのビールをスタッフが丁寧に解説してくれた。親会社がキリンビールだからか、「COPELAND」の説明の時には「キリン一番搾り」を同タイプのビールの例としてあげていたのが印象的だった。

    一番左から
    ①496:SVBのフラッグシップビール。個性と飲みやすさを両立。
    ②COPELAND:日本で最も飲まれているピルスナーというスタイルのビール。
    ③Afterdark:シュヴァルツと言うスタイルの黒ビール。デザートに合いそう。
    ④on the cloud:大麦に加えて小麦も併用し、白ワインのようなフルーティさ。
    ⑤Daydream:柚子と山椒を使った「和テイスト」の白ビール。
    ⑥JAZZBERRY:ラズベリーを使ったフルーツビール。

    全て「Unfiltered」との記載あり。
    ビール酵母が残っていると発酵して味が変わってしまうので、通常はフィルターで除いてから出荷するのだが、この店の濾過しておらず酵母が残っている。
    ビールをこの場で作っているからこそ出来る、新鮮さの表れだ。



    今回一番ツボだったのはこの「Daydream」
    柚子と山椒の爽やかさによって、アルコールでありながら目の覚めるような一品。



    夕食は済ませてきたのでつまみは軽く。シャルキュトリ盛り合わせ(3種盛り)を。
    腸詰はオーソドックスな「496」、生ハムはワインのような味わいの「on the cloud」とのマッチングがいい感じだ。



    パテはフルーツビール「JAZZBERRY」を材料として使用しているため、当然相性バッチリ。
    フルーツビールは「フルーツの香りがするビール」から「アルコールの入ったジュース」といった物まで様々だが、これはかなりジュース寄りの仕上がり。
    ビールが苦手な人でも楽しめそうな代物だ。



    最後にデザートを頂いてこの日はお開き。
    「496」モヒートシャーベット
    フラッグシップビール「496」を使って作った大人のシャーベット
    ビール味のシャーベットというのは初体験だったが、これが中々に美味。



    ここに更にビールをかけ、ミントを潰しながらモヒート風に頂くのだ。
    ホップの苦味、ミントの爽やかさが加わってますます大人様向けのテイストになる。
    以前「日本酒+かき氷」「日本種+ソフトクリーム」の組み合わせを紹介したが、ビール+スイーツの組み合わせもなかなか面白い。


    とにかくビールの解説が丁寧で、クラフトビールを広めてやろうという気概が感じられた。
    コンビニで買えるクラフトビール「グランドキリン」も含め、キリンビールの動向には今後も期待だ。

    私は一人で訪れたのですんなり座れたが、みんなでワイワイやりたいなら予約を取った方が賢明だろう。ただしここは代官山、住宅街なのだ。騒ぎ過ぎにはご注意を。

  • 広告
  • 【新作情報】夏の風物詩「TAS魔理沙7(仮称)」制作始動!リクエストも受け付けます!

    2017-06-14 22:0055




    夏は変態を見て涼もう!
    「TAS魔理沙7(仮称)」制作進行中!

    方方から「もうネタ切れなんじゃないの?」と言われ続けてきた「TAS魔理沙シリーズ」。
    しかしTASerの皆様が素晴らしい動画を上げ続けて下さったお陰でなんと……
    今年の夏で5周年を迎えます!
    第一作目の200万再生到達も近づいてきましたね。








    ニコニコ動画の仕様変更に伴いHD画質(720p)にパワーアップしたりはしますが、
    まあいつもの感じのTAS魔理沙です。7月下旬の公開が目標。

    「あの動画を取り上げて!」「いい加減俺の動画をネタにしろよ」
    ……などリクエストがありましたら、この記事のコメント欄にどうぞ!
    ※採用を確約するものではありませんのでご注意下さい。
    ※いつも通りRTAはネタにしません。


    ※リヴァイヴァ連携のことは把握しているのでリク不要です。既に作れと言われまくってます。


  • 【動画投稿】「首領ジャラ!」第二幕公開開始!艦これドンジャラにおける定石とは。

    2017-05-26 22:005



    「首領ジャラ-艦娘博打物語-」第二幕
    公開開始しました!
    どうにかMMDドラマフェスティバル6に間に合いました。


    今回は那珂ちゃんが某事務所よりアイドルデビューする前のお話です。
    川内型軽巡のファンにはだいぶ辛い話を書いてしまいましたが、「艦食娘」の時代には皆幸せになってるのでご安心下さいませ。

    さて。

    麻雀と比べてあまり戦略性の無い「ドンジャラ」というゲームですが、一応以下のような攻略法が考えられるため、各キャラクターの捨て牌などに考え方を反映させています。
    「首領ジャラ!」はイカサマ合戦を主軸にした動画なので、「こまけぇこたぁいいんだよ!!」の姿勢で見ていただく方が楽しいかとは思いますが、少しだけ解説。


    艦これドンジャラの基本戦略

    1.優先的に捨てるのは「紫(その他)」。

    ↑「島風」「連装砲ちゃん」を揃える必要がある高難易度役「疾きこと島風の如し」。「妖精さん」が必要な役も1つありますが、同レベルの高難易度役です。
    艦これドンジャラは基本的に各色9牌ずつですが、紫だけは「妖精さん」「連装砲ちゃん」各3つ計6牌と少ないため揃いにくくなっています。
    更に関連するスペシャル役も少なく、しかも達成は困難です(その分高得点ですが)。
    麻雀における么九牌のような存在なので、大抵序盤で捨てられます。


    2.強い艦種ほど大切に。

    ドンジャラに必要な3セットの内、駆逐+軽巡を含めることで「水雷魂」、重順+戦艦で「主力艦隊」、空母+軽空母で「制空権確保」というスペシャル役が達成できるため、これらの役を狙っていくのが艦これドンジャラの基本です。
    更に戦艦・重巡・空母・軽空母には「弾着観測射撃」という達成が容易なスペシャル役があるため、より速く高い役を上がりたい時には便利なパイです。


    3.オールマイティを使って待ちを広げる。

    ↑オールマイティを使った2色待ちの例。この場合、赤(空母)・紫(その他)のどちらでもアガることが可能。ただし「加賀」以外の空母で上がると役「CDデビュー」が成立しなくなります。
    好きな牌の代わりになる「オールマイティ」。オールマイティが1牌あれば2色、2牌あれば3色待ちなんてことも可能です。


    4.早上がりか、高得点か。


    重巡+軽空母の「弾着観測射撃」ならもっと早くアガれたのをスルーし、既に出来ていた軽巡のセットを崩してまで同名牌3セットで達成できる「艦これアーケード」を狙いに行った場面。
    ドンジャラは簡単にアガれるゲームなので、さっさと(リーチを掛けて)アガってしまうか、ゲームを継続して高得点を狙うか……という花札のこいこいに似た性質を持っていると言えるかもしれません。
    フリテンのような面倒なルールは無いため、手替わりに制限はありません。上の画像のように「軽巡を捨ててリーチを掛けて軽巡で待つ」ということも出来てしまうので、当たり牌の読み合いは麻雀より難しいかも……。



    第三幕は「艦食娘」から、あの人やあの人やあの人が登場する予定……。
    ますます仕事が辛いですが、寿命を削って頑張ります。