• このエントリーをはてなブックマークに追加
ムサビ2012・A日程・[問題I] 8.(3)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ムサビ2012・A日程・[問題I] 8.(3)

2012-10-21 11:00
    949aec0fa9a3f154a5630183c05595c347eab694 ムサビ2012・A日程・[問題I] 8.(3)

    武蔵野美術大学・2012年度・A日程・[問題I] 8.をくわしく教えます!

    今回は(3)です!

    0f9a3f21ac9c098ee65dcb4b1504fecc5c7c4061
    photo credit: epSos.de via photopin cc
    (3) Although there is no evidence, it is believed that people who have close personal relationships live longer.
    「証拠はないが、親密な個人的な人間関係を持つ人々は、より長く生きると信じられている。」

    Fです。本文の内容とは一致しません。

    ---
    まずは語句です。

    although ~けれども
    there is ~がある
    no ひとつも~ない
    evidence 証拠
    believe 信じる
    close 親密な
    personal 個人的な
    relationship 関係、人間関係
    live 生きる

    relationshipは、「関係」ですけど、そのまま「人間関係」という意味にもなります。
    ここでは、「personal relationships」で、「個人的な人間関係」と訳しました。

    longerは、longの比較級(ひかくきゅう)です。ここでは「より長く」です。

    ---
    前半はこうです。
    Although there is no evidence
    「証拠はないが」

    ---
    後半をくわしく見ていきましょう。
    it is believed that
    「~ということが信じられている」

    受け身です。「信じられている」です。主語は「それ(it)」と言っていますけど、これは訳しません。that以下の「~が~する、ということ」というのがほんとうの主語です。

    ---
    じゃあ、どういうことが信じられているのでしょうか。thatのあとです。
    people who have close personal relationships live longer
    「親密な個人的な人間関係を持つ人々はより長く生きる」

    長いですね。主語が長いんです。まず短くして見てみましょう。

    people live longer
    「人々がより長く生きる」

    基本はこれだけです。主語は「people(人々)」です。

    ---
    この主語の「人々」というのがどんな人々か、というのがくわしく説明されています。

    まず、「close personal relationships(親密な個人的な人間関係)」というのを、短く「relationships(人間関係)」に置きかえて見てみましょう。

    people who have relationships
    人間関係を持つ人々

    「who」というのを使ってうしろから説明しています。関係代名詞(かんけいだいめいし)です。「関係」をあらわす「代名詞」です。

    この「who」という関係代名詞は、「そういう」という意味の「関係」をあらわします。そして、「その人たちが」という意味をあらわす「代名詞」です。この「その人たちが」という意味のwhoじたいが、またそこからあとの主語になっています。

    「who」の「そういう」「その人たちが」という意味を、カッコに入れた和訳を見てみましょう。

    people "who" have relationships
    (その人たちが)人間関係を持つ(、そういう)人々

    これぜんたいが、さらに「live(生きる)」という動詞の主語になっています。

    people who have relationships live longer
    (その人たちが)人間関係を持つ(、そういう)人々が、より長く生きる

    そして、カッコに入れたwhoじたいの意味は、和訳にはふつう書きません。くどいからです。

    ---
    「relationships(人間関係)」を
    「close personal relationships(親密な個人的な人間関係)」にもどしましょう。

    people who have close personal relationships live longer
    「(その人たちが)親密な個人的な人間関係を持つ(、そういう)人々がより長く生きる」

    これが、that以下の「~ということ」の中身です。

    ぜんぶまとめた和訳はこうです。
    Although there is no evidence, it is believed that people who have close personal relationships live longer.
    「証拠はないが、親密な個人的な人間関係を持つ人々は、より長く生きると信じられている。」

    ---
    Fです。本文に一致しません。「there is no evidence(証拠はない)」というのが間違いです。

    とくに本文のつぎのところに注目しましょう。

    4段落目の1行目
    One important psychological factor is having strong personal relationships.
    「ひとつの重要な心理学的な要因は、強い個人的な人間関係を持つことだ。」

    4段落目の2行目
    The research is clear.
    「研究は明らかだ。」

    そして、このあと4段落目ぜんたいで、証拠になる具体的な話が書かれています。

    だから、「there is no evidence(証拠はない)」というのが間違いです。

    というわけで、(3)はFでした!

    949aec0fa9a3f154a5630183c05595c347eab694
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    美大英語チャンネル
    更新頻度: 月額分以上
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥2,160 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。