• このエントリーをはてなブックマークに追加
【ブロマガ】タマビ2014A[問題Ⅲ] 8.【船の上にはあったもの】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ブロマガ】タマビ2014A[問題Ⅲ] 8.【船の上にはあったもの】

2014-10-31 20:00
    (2015年1月版のマイリストはこちらです→ mylist/47785845
    8.    [B]に入る言葉として、最も適切なものはどれか。

    31a0bbc8771cb52ec15336d9db79ebc41261bdf2
    photo credit: U.S. Army Corps of Engineers Savannah District via photopin cc

    ………………

    選択肢です!

    a) But
    「しかし」

    b) For
    「~だから」

    c) Therefore
    「それゆえ、したがって」

    d) While
    「~する一方で」

    ………………

    正解は

    aです!

    a) But
    「しかし」

    ………………

    空欄[B]は
    本文の
    4段落め14行めにあります。

    答えを出すためには、
    空欄の前と後ろを見ます!

    ………………

    本文の
    4段落め13行めの
    「I felt ...」からです!
    I felt it deep in my ribs, just as I had felt the furious drone of the engine on the SS Roma. [B] there was no ship's deck to escape to, no glittering ocean to thrill my soul, no breeze to cool my face, no one to talk to.
    「まさに、私がSSローマでエンジンの荒れ狂う音を感じていたように、私はそれを私の肋骨深くに感じた。[B]逃げるための船の甲板(かんぱん)もなく、私の魂をわくわくさせるきらめく大洋もなく、私の顔を冷やすそよ風もなく、話しかけるための人もいなかった。」

    deep    深い
    rib    肋骨(ろっこつ)
    furious    荒れ狂う
    drone    低い音
    engine    エンジン

    ship    船
    deck    デッキ、甲板(かんぱん)
    escape    逃げる、のがれる
    glittering    きらきら輝く
    ocean    大洋(たいよう)、海
    thrill    ぞくぞくさせる、わくわくさせる
    soul    魂(たましい)
    breeze    そよ風
    cool    冷やす、涼しくする



    ………………
    ………………

    じゃあ、くわしく見ていきます!

    少しずつ見ていくからだいじょうぶですよ!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。