• このエントリーをはてなブックマークに追加
【ブロマガ】タマビ2014B[問題Ⅰ]問1 a【よりよくなる】2015年3月
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ブロマガ】タマビ2014B[問題Ⅰ]問1 a【よりよくなる】2015年3月

2015-03-29 15:52
    タマビ2014B(2015年3月)mylist/49422739
    タマビ2014B(2015年2月)mylist/48143524
    タマビ2014B(2015年1月)mylist/48043343

    多摩美術大学・2014年度のB日程をおしえます!

    d161f8ef269a603866497f0f780e6788557992c7
    photo credit: Kazuhiro Keino via photopin cc

    ==========

    まずは[問題Ⅰ]から。
    【問題Ⅰ】    次の英文を読み、設問に答えよ。英文は、Sir James Dyson, "Simple inventions can almost always be better" (The Times, November 9,2011) から。

    simple    単純な、簡素な
    invention    発明品
    almost    ほとんど
    always    いつも
    better    よりよい

    「サー・ジェイムス・ダイソン」さんが書いた
    『シンプルな発明品はほとんどいつもよりよくなることができる』っていう新聞記事です。

    ==========

    「サー・ジェイムス・ダイソン」さんは
    掃除機のダイソンの人です。
    ”サー・ジェームズ・ダイソン(Sir James Dyson, 1947年5月2日 ノーフォーク、クローマー - )はイギリス・イングランドのプロダクトデザイナー。ダイソン社の創業者として、また紙パック不要のデュアルサイクロン掃除機の発明者としてとりわけ著名である。”

    ==========

    さいしょに、本文に段落の番号を書き込んでおきましょう!

    まず、
    出典のすぐあとの
    ナナメの文字になっているところを、
    「説明文」って呼ぶことにします。

    その「説明文」のあとの
    「The Hidden Heroes」からを
    「本文」って呼ぶことにします。

    「The Hidden Heroes」からが
    本文の
    1段落め。

    「The traditional umbrella」からが
    2段落め。

    「The thing」からが
    3段落め。

    「Paper clips」からが
    4段落め。

    「Velcro」からが
    5段落め。

    「I don't use」からが
    6段落め。

    「I mean」からが
    7段落めです。

    ==========

    見ためよりはかんたんです!

    タマビの長文の本文は、
    むずかしいです!

    でも、
    問題を解くのはそこまではむずかしくないです。

    ==========
    ==========

    問1です!
        問1    本文の内容と異なるものを、次のa)~j)のなかから4つ選び、4つすべてを解答番号[1]にマークせよ。
        Sir James Dyson thinks that ...

    ==========

    「異なるもの」を選ぶ問題ですよ!

    タマビではたまに、
    まちがっている内容の選択肢を選ばせる問題が出ます!

    本番で試験が始まったら、
    まず、誤りの選択肢を選ばせる問題がないかをチェックしてください。

    「正誤」 直前対策2014 無料!:美大英語チャンネル

    ==========

    正解は、

    e,g,i,jです!

    ==========

    選択肢は、問題文にある、次の英語の表現のつづきになっています。
    Sir James Dyson thinks that ...
    「サー・ジェイムス・ダイソンは、~と思う」

    本文は「サー・ジェイムス・ダイソン」さんが書いたものです。

    だから、ようするに、選択肢の内容が、
    本文の内容と異なるかどうかだけを考えればいいです。

    ==========

    今回は選択肢aです!
    a) it's possible to improve the inventions in the exhibition.
    「展示会の発明品を改良することは可能だ」

    possible    可能な
    improve    改良する、改善する
    invention    発明品
    exhibition    展覧会、展示会

    ==========

    選択肢aは、
    本文の内容と一致します!

    ==========

    本文のタイトルを見ればわかります。
    "Simple inventions can almost always be better"
    「シンプルな発明品はほとんどいつもよりよくなることができる」

    ==========

    本文の2段落めから6段落めに
    その展示会の発明品が改良することができることの具体例が書かれています。

    ==========

    そして、
    7段落めの3行めにつぎのように書いてあります。
    "I know there's something wrong with it and I know I could do it better."
    「『それについてなにか悪いことがあるのを私は知っていて、私はそれをよりよくすることができると私は知っている』」

    admire    敬服する、感心する

    ==========

    赤本にはつぎのように書いてあります。

    第2段最終文「どうやったらそれらをよりよくすることができるだろう」から本文に合致。

    でも、
    この赤本の解説はよくありません。

    ==========
    ==========



    くわしく見ていきます!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。