• このエントリーをはてなブックマークに追加
【ムサタマ直前対策】「接続詞」【無料!】2016
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ムサタマ直前対策】「接続詞」【無料!】2016

2016-02-03 14:19
    接続詞の頻出表現を覚えておきましょう。

    命令, and ~
    ~しなさい。そうすれば~

    命令, or ~
    ~しなさい。そうしないと~

    though
    although
    ~だけれども

    even though
    1.~だけれども
    2.たとえ~にしても(=even if)

    both A and B
    AとBの両方

    either A or B
    AかBのどちらか

    neither A nor B
    AもBも~ない

    not (only) A but (also) B
    A(だけ)ではなくB(も)

    文, for 文
    =文, because 文

    ------------------------------------------------------------

    頻出の接続詞です。

    「その上」
    moreover
    besides
    also

    「しかしながら、それにもかかわらず、それでもなお」
    however
    nevertheless
    nonetheless
    still
    yet

    「そうでなければ」
    otherwise

    「したがって、それゆえ」
    so
    therefore
    consequently
    hence

    no matter+疑問詞
    =疑問詞-ever

    no matter what he says,~
    =whatever he says,~
    「彼がなんと言おうと、~」

    ------------------------------------------------------------

    「besides」は
    「その上」「さらに」です。

    この意味では副詞だけど接続詞みたいなものです。

    「besides」は前置詞としては、
    「~に加(くわ)えて」か、
    または逆の意味で
    「~を除(のぞ)いて」
    っていう意味にもなります。

    「s」がつかない「beside」は、
    前置詞で「~のそばに」です。

    ------------------------------------------------------------

    「接続詞」

    「for」

    「anotherなど」

    「-ing」「-ed」

    「不定詞の否定」

    「仮定法」

    「正誤」

    「国名・地名」

    「本番!」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    美大英語チャンネル
    更新頻度: 月額分以上
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥2,160 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。