• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 次回配信予定
    • 2018/11/18
      【自然災害メモリアル】第079回:恵山噴火泥流(1846)の日 [防災]火山の泥流被害

    【自然災害メモリアル】第078回:月島丸台風(1900)の日 [防災]台風の温帯低気圧化

    2018-11-17 21:0023時間前
    どうも、
    管理者のNDです。

    11月17日は、
    月島丸台風の通過から118年です。

    これも珍しい11月の台風で、静岡県を中心に死者123人をだした季節外れの災害です。
    駿河湾沖はこの台風による荒天で海は荒れ放題になり、船は遭難することとなりました。
    しかもその船には、学生が多く乗船しており、この遭難による死者が顕著だったことから、
    台風の名前にも"月島丸"という当時の船の名前が使われています。


    今回は、
    「台風の温帯低気圧化」をテーマにお伝えしていきます。

    今回の台風でもそうだったのかまではわかりませんが、
    基本的に時期を外れて上陸する台風は、多くの場合は上陸間際には勢力が後退しつつ、
    上陸直後に温帯低気圧になることが多いです。通常の時期にあたる台風でも多くは該当しますが、
    こうなった台風は、前線を帯び始めて広い範囲に被害をもたらすようになります。

    台風は通常、中心に近いほど強くなる性質を持ちますが
    温帯低気圧の性質を帯びてくると、エネルギーが分散して中心から
    若干離れた場所でも雨や風が強くなり、広範囲で引き続き風雨に警戒が必要になります。
    時として、中心から離れている場所の方が集中豪雨になるケースも存在します。

    また、温帯低気圧になったから台風としては弱まったと思うのは筋違いですので注意してください。
    日本ではそのような事例が多いので、勘違いしやすいのですが、
    台風=強い 温帯低気圧=弱い という定義は一切存在しません。
    そもそも温帯低気圧は、普通の低気圧のことをさしますから、
    極端な話、冬に北日本を襲う急速な発達をする低気圧、春に時たま訪れる南岸低気圧、
    そして爆低化などと呼ばれる低気圧、いずれもあれらは温帯低気圧です。

    場合によっては、温帯低気圧になってから発達するといった、珍しいケースも存在しますので
    温帯低気圧になっても安心することがないようにしてください。


    今日の記事は以上です。
    皆さんの防災意識に少しでもプラスすることができたら嬉しいです。

    明日もどうぞお楽しみください。
    尚、感想はブロマガコメント欄でも放送内のコメントでもお気軽にどうぞ。
  • 【自然災害メモリアル】第077回:陸奥国大地震(867)の日 [防災]古来の防災教訓

    2018-11-16 21:00
    どうも、
    管理者のNDです。

    11月16日は、
    陸奥国大地震から1151年です。

    記録上に残る中でもかなり古い文献の記録な為、日付自体も諸説がありますが、
    一説によると、2011年の東日本大震災の前に起きた2008年の岩手・内陸地震に酷似した
    地震活動ではないかという説があります。
    実はこの陸奥国大地震の2年後に貞観地震という、当時の東日本大震災に当たる
    巨大地震が発生しています。もしまた百数十年後に三陸沖の巨大地震があれば、
    東北内陸の大地震と関連性を少しずつ、傾向だけでも研究に拍車がかけられるかもしれません。

    今回は、
    「古来の防災教訓」をテーマにお伝えしていきます。

    今でも当たり前となっているようなものから、科学的根拠がまだ定まっていなかったものまで、
    当時の生きてきた人たちからの古い言い伝えや風習などが、伝承されていることがあります。

    地震では、「長い揺れが続いたら高台に逃げろ・海岸から離れろ」という教訓が実際に存在します。
    ここでもたびたび紹介してきましたが、津波の有無がインターネットで情報を手に入れることが
    出来ない環境の時、地震の長さが大きな基準になります。
    これは、規模が強い地震であるほど長く揺れ続けるからにあります。
    M7を超えてくると、体感のある揺れの長さは少なくとも1分を超えていきますので
    そのような地震を感じたら、揺れの強さ問わずどこかで強い地震が起きたと思ってください。
    震源がわからないうちは、海岸にいるのは危険ですから安全とわかるまで決して近づかぬように
    してください。

    また、昭和の初期から「津波避難は徒歩が一番」「津波避難に車を使うな」という教訓があります。
    いうまでもなく、車で避難すると渋滞に巻き込まれたり、崩壊した影響を受けて車が通れない道に
    遭遇するなどする危険性があるからこういった言葉が生まれています。
    いずれにしても、このころから津波の脅威は教訓として活かされているので、
    地震も津波も、無謀な行動は取らない方がいいです。

    また、「地震が来たら便所に逃げろ」という一見不可解な言い伝えもありますが、
    これは、便所やふろ場は柱が狭い部屋に集中しているので、壊れにくいという構造で
    このような言葉が生まれています。事実、閉じ込められることはあっても倒壊して
    家ごと下敷きになるのを免れた人が数多くいます。
    しかし、現代でこれが必ずしも通用するとは言えなくなっています。
    最近では、風呂とトイレが一緒になった構造があるなど、必ずしも便所が細い部屋になっているとは
    限りません。一概に、すぐトイレに逃げるよりは近くにある机の下に逃げるほうが、
    揺れが強くなって廊下で身動き取れなくなるよりはましだと思います。
    また、便所に入っていた時では扉は開けてください。
    出口の確保ができるなら確保をするにこしたことはありません。

    他にも、宮城県で「地震が2度目に大きく来た時は津波」という言葉があります。
    これは、P波とS波が比較的離れているから、三陸沖など古来より繰り返し津波が起きる
    震源位置で時間差で訪れることから、経験則として書かれている可能性が高いです。
    実際に東日本大震災では、強い揺れの後、更に激しい揺れが襲っています。
    通常、この時点で断層破壊がかなり大規模になっていると思ってよいので、
    地震自体でも恐怖を感じた上に、長い揺れが続くなら大津波の心配をした方が良いです。

    そして興味深いものに「地震が来たら竹やぶに逃げろ」という言葉もあります。
    この仕組みは、竹は地盤がしっかりしていることの証で地割れ・地滑りが起きにくい
    地質になっていることから、このような言い伝えが増えたと思われます。
    また、竹やぶは根が強く張っているので、倒れる心配もかなり低いです。

    日本海中部地震では、防災林という地形が内陸部を救ったと言われています。
    林は、津波の威力を分散させる働きがあり、海岸近くに林があることで津波の襲来を防ぎます。
    海、砂浜のあとにすぐ林がある地形を見たら、そこは防災林として機能している場所と考えると
    良いと思います。また、津波だけでなく、日常でも海風を"防風林"として内陸への風を弱める
    働きもありますので、このような地形の奥にいる場合は、巨大災害にならない限りは
    貴方の家を守ってくれる、比較的恵まれた地形であると言えます。秋田・山形には実際このような
    構造になっている場所がいくつか存在しています。

    さて、言い伝えの中には地震雲や動物の異常現象にも触れた記述があります。
    しかし、現状では科学的な根拠がない為に、ここでは触れないことにします。
    実際、地震雲の中には単に天気の変わり目・季節の変わり目による特徴的な雲を地震雲と
    人が勝手に解釈しただけのものが多いです。
    尚、動物についてはなまずが有名ですが、キジもそれなりに有名だったりします。
    しかし、2匹とも好き勝手に鳴いているわけですから、ひとたび動く・鳴くだけで地震の示唆を
    するのは早とちりすぎますので、この言い伝えは鵜呑みにしない方がよいでしょう。

    今回は、東北の教訓をいくつか紹介してみました。
    経験則は自然災害においては貴重な自分の知識材料にもなります。
    被災地を訪れたり、被災者の話を聞くのもまた、一つの防災術を学ぶきっかけになりますが、
    百聞は一見に如かずという言葉らしく、地震は実際に経験することで文字や科学的根拠では
    表しづらい"何か"を学ぶことができる場でもあります。
    まぁ、そうはいっても災害は来てほしくないに越したことはありません。
    いざ来てしまった時に、流れのままにその場を過ごすよりは、陥ったその状態をいかに
    糧にして来世の自分につなげていくかが重要です。

    今日の記事は以上です。
    皆さんの防災意識に少しでもプラスすることができたら嬉しいです。

    明日もどうぞお楽しみください。
    尚、感想はブロマガコメント欄でも放送内のコメントでもお気軽にどうぞ。
  • 【自然災害メモリアル】第076回:七五三台風(1932)の日 [防災]季節外れの自然災害

    2018-11-15 21:00
    どうも、
    管理者のNDです。

    11月15日は、
    七五三台風上陸から86年です。

    異例の11月に接近、上陸した台風でこの七五三台風に限っては丁度15日の0時、
    関東に最接近して千葉県に上陸しました。横浜市では最大風速36.3m/sを観測するなどして
    死者・不明者は、関東・東北を中心に257人に及びました。
    既に上陸時には温帯低気圧になっていたのではないかという推測もされていますが、
    当時の天気図に温帯低気圧の象徴といえる前線が残っていないことから、
    一般的にこの名がつけられて、現世に語り継がれています。


    今回は、
    「季節外れの自然災害」をテーマにお伝えしていきます。

    基本的に夏~秋は台風、冬は大雪といった自然災害が日本でシーズンを感じる気象現象ですが
    この一般的な範囲と言える季節性を逸脱した状態で来る、"季節外れ"の自然災害が生じると
    通常より弱めの勢力でも十分に大きな被害を受けることがあります。

    今回のような台風も普段11月以降に日本へ接近する台風は非常に珍しく、
    過去に例があるのは、わずかに5つのみです。
    しかも平成にもこの事例が1つ存在するあたり、可能性が0ではないのがこの時期に当たります。
    冬支度をしている晩秋シーズンに台風が迫ると、落葉が一層増して襲い、
    排水溝などが落ち葉でふさがれて道路の都市の下水が機能しなくなるといった
    事案が発生することがあります。対策しようにも落葉してからじゃないと難しいことが多いので、
    せめて現状の詰まりを取り除いて綺麗にしておくことで多少なり枯葉が溜まるのを
    防ぐことはできるかもしれません。尚、マンションなどでも雨が吹き込んできた時に
    しっかり排水機能が備われているようにしましょう。近頃では高層階が浸水するという、
    信じがたい現象の原因が、人の手入れの怠りであることもあります。
    そうだけはならないようにしてくださいね。

    季節外れは台風だけではありません。
    毎年のように良く聞く自然の脅威と言えるものの一つが"季節外れの"暑さです。
    今年も"●月なのに記録的な気温"―― といったワードが目立ちました。
    単純に涼しい・暖かいならいいですが、春に夏日を記録したりすると熱中症などの症状が出やすく、
    体が慣れていない時に暑さが襲うので、リスクが高まります。
    但し、気温が高くなる日は早期に警戒することができますから、
    春なら対策にアイスを買うなどして、速めの夏支度というのもありです。

    他にも大雪や、少雨、濃霧などといった現象も、季節性がありますが逸脱してくることがあります。
    季節の真っ只中に来る"記録的な●●"よりも、"季節外れの●●"もある意味では、
    記録的な気象現象になる為、思わぬ災害として巻き込まれることもあります。
    他人事に捉えずに、天気予報を見て明日明後日の傾向をつかんでおくと、
    突然の謎に包まれた気象現象に悩まされずに済むと思います。


    今日の記事は以上です。
    皆さんの防災意識に少しでもプラスすることができたら嬉しいです。

    明日もどうぞお楽しみください。
    尚、感想はブロマガコメント欄でも放送内のコメントでもお気軽にどうぞ。