• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

<ビュロ菊だより>No.114「大阪だけで良いの?ミンガス、ラッセル?+」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

<ビュロ菊だより>No.114「大阪だけで良いの?ミンガス、ラッセル?+」

2016-09-16 10:00

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

     <大阪だけで良いの?ミンガス、ラッセル初日(本番前日)>

     

     

     大阪のビルボードで「大西順子/菊地成孔双頭セクステット」のライブがあった。これは裏話だがもう時効だと思われるので書くが、本当は(大半の予想通り)これは「ティータイムス」のレコ発ツアーの一環だったのである。東京公演が、予定より延期になったため(そりゃなるよね、あのアルバムのメンツがほとんどーービッグバンド、オムス、挟間さんさえもーーー来るんだから)、先に大阪でレコ発。ではまずかろうという事で、せっかくなので特別セッションをしようという顛末に相成った。

     

     現在の大西順子ジャパニーズトリオ(山田君、井上さん)に、ウチらダブセプテットのフロントライナー3人を併せ、ジョージラッセルの忠実なカヴァー、大西さんが総てリアレンジしたチャールズミンガス、そして、菊地、大西のオリジナルが1曲ずつ。というシンメトリーで行こうという事に成った。まあ、単純に言って、私が客だったら100%行く。

     

     さして意味も無いかもしれないが、ラインナップを書いておく(順不同)

     

     ラッセル作曲

     

     リディオット

     クロマティックユニヴァース

     ストラタスファンク

     ビリー・ザ・キッドのための協奏曲

      

     ミンガス作曲

     

     リ・インカーネーション・オヴ・ラヴバード

     ラブ・チャント

     メディテーション・フォー・インテグレーション

     直立猿人 

     

     大西作曲

     

     トゥッティ 

     

     菊地作曲

     

     GL/JM 

     

     しつこいようだが、これはまあ、小遣いを溜めても行くと思う。ラッセル曲の再演は、地球上で私のバンドしかやっていないし、大西さんがミンガスの曲を編曲する(しかも、スー・ミンガスの許諾をちゃんと取って!)というのも、アルバム一枚に出来る話しである。まあ、「小遣いを溜めて何かを買う」という行為は、可処分所得が全部小遣いである様な(ローンを一切しない、保険にも一切入っていない、あらゆる投機的行為をしない)私には、中学生の記憶の段階で止まっているが。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。