• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

<ビュロ菊だより>No.117「ダイエットを脅かす店達+」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

<ビュロ菊だより>No.117「ダイエットを脅かす店達+」

2016-10-24 10:00
  • 1

電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

<ダイエットを脅かす店達1(プレゴプレゴ)>

 

 ダイエットメニューの写真が余りにもフォトジェニックでないので(セヴンのサラダチキンとゆで卵の白身。等々)、ここ最近、物を喰っていないぐらいのインスタグラム(擬似)になっていたが、どんなストイックさも、必ず悪魔の囁きに身を委ねる時が来る。日本語では「魔が差す」という。私はこの言葉が大変好きだ。特に「差す」の部分である。 

 

 もう結構前になるが、ラジオで「新宿キクチシュラン」という企画をやって、いくつかの行きつけを紹介した。この番組のみならず今まで何度メディアで紹介したか解らない「プレゴ・プレゴ」は、富博氏が料理長に就任し、石黒元店長は、勇退して店内勤務だが隠居の身と成った。 

 

 とはいえこの二人がガチンコのヤンキー上がりである事は、昔からのご贔屓筋には承知の事であろう。つまり彼等は、とうとうフリッタータや尾の身の煮込みを我慢出来なくなった私に対して、開口一番「菊地さんお久しぶりです」ではなく「ええー!入れたんすかカッチョ良いー。オーラがあるなあその柄」というものであった。彼等ですら和彫り世代である。 

 

 写真は暖かい&柔らかいフリッタータ(オムレツ)、パートフィローに包んだ、春巻き風のフロマージュテット(古谷アナとのコントに出て来た料理)、秋刀魚のペペロンチーノ、尾の身とじゃがいもの煮込み、デザートにイタリア式のプリンである。ヴェネト州の土着品種の白が総ての皿をまとめてくれる。 

 

 ただ、これで三日間はダイエット食すら半分に落とさないといけない。喜悦と苦渋に引き裂かれ、結局表面には苦渋ばかりが出てしまっている私の写真から、魔が差すという素晴らしい言葉の深み、刺青がイタリア料理に似合わない事、の二点を味わって頂きたい。うんざりするほど面倒くさいが、念のために書かなければいけない。この日は新しい妻と二人で出掛けた。


ef51f9568fa10bbfa90655b22b8f0e66a7d99333

c86b0ac0a4f7c9afaea3480b0db3c78a11227b5e

121a6c79fc0376a98763d632828d28957c4ff00f

c38bb875831fd8cdad9e6cc64e7993892b5f6438

56aabe1b95619ec6251481d41cdf231db57c4302

ed27c248fe5accc907525376a0b7b995b92a9810

0b3d7b7a7c42c6d7912e2683815be4dca29c0568

f85ac7b60c258fede7907e2c8c67d1aa277268fd

82cd504cb9070da6d438e7b0df018582f0e9d4d3

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。