• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

<ビュロ菊だより>No.125「「映画に出ることになった。現在最大の願いは<なるべく人生に影響を与えません様に>である+」」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

<ビュロ菊だより>No.125「「映画に出ることになった。現在最大の願いは<なるべく人生に影響を与えません様に>である+」」

2017-03-20 10:00
  • 1
<吉田沙良のこと>


 吉田が異様なまでのアンダーレイテッドを被っているのは、自分の中の何かの性だと思う様に成った。これほどの実力者で、美貌があり、病症があり、キュートもあり、結果的に総体的に凄まじい魅力を持つのに、彼女は何故いまレコード大賞もCD屋大賞も取っていないのだろう。

 自分は多く女性アーティストをプロデュースし、そこそこの名盤を量産して来たと思っているが、完膚なきまでの完全なフェームもプライズも掴ませたアーティストは残念ながらいない。「お前の性とか、そういう問題じゃない。既にものんくるは音楽に見合ったプライズとフェームを手にしている。この音産不況の世で」といった見方も当然あるだろう。「ソロアルバムじゃないし、がっつり噛んでないからだ。キュアジャズは地上でセールしたし、スパンクハッピーは地下のフェームがあるではないか」という声もあるだろう。

 まあ、それはそうなんだが、精神分析というものは、こういう事の考察にこそ使うべきだ。人間には様々な主義主張がある。もちろん吉田の分析ではない。自己分析である。なのでしない。

ba4e634ecdb12cfd4a2ac9780cf2fe862b5518d6

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。