• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ご利用の皆様へ

【チャンネルへの感想、生放送やブロマガに対するご意見、ご要望】

http://ch.nicovideo.jp/bureaukikuchi/letter

決済に関するお問い合わせ、動画が再生できない、生放送が見れないなど
参照URL:http://faq.nicovideo.jp/EokpControl?&event=TE0008

※ニコニコのシステムを利用している為、システム部分のご不明点は
上記のニコニコへプルをご確認の上、ニコニコユーザーサポートまでお問い合わせください。

月額のお支払方法などにつきましてはniconicoヘルプをご覧ください。
http://faq.nicovideo.jp/EokpControl?&event=CE0002&cid=10307

菊地成孔TABOO LABEL PRESENTS HOLIDAY VOL1生放送

放送終了 03/29 19:00 - 20:16

タイムシフト視聴 477

Sony Music Artists内に自らの主催するレーベル、「TABOO」を運営している菊地成孔が、レーベル主催のレギュラー・ライブ・イベントをスタート! これまで、菊地のバンドのみならず、ものんくる、けもの、といった実力派ニューカマーや大西順子の復帰作といった重...

  • 来場数9,965
  • コメ数244

ライブ生放送・後編!菊地成孔TABOO LABEL PRESENTS HOLIDAY VOL1z

次回放送予定をお待ちください。

ポップアナリーゼ有料動画一覧

マネージャーTwitter

ブログ・メルマガ

  • <ビュロ菊だより>No.136「<言うのは躊躇われるが、日本のが外国のようだ。だから外国に住む>+」

        一昨日ニューヨークから帰って来て、今日、新宿の事務所に、ブエノスアイレスからディエゴ・スキッシが来て、対談を終えて帰って行った。これで、アントニオ・ローレイロ、ヴァルダン・オヴセピアン、アクセル・トスカ、ディエゴ・スキッシと対談したが、とにかくみんな良い奴である事は言うまでもなく、別にこれは自慢でも謙遜でも、遠回しの厭味でもないのだが、古くはキップ(ハンラハン。因にキップとはマンハッタンのバーで久しぶりに飲んだ)辺りから全部そうなのだが、私の音楽を過不足無く理解してくれて、好きだと言ってくれる。好きだと言われるのは日本でも珍しい事ではないが、問題は「過不足無く」「理解してくれる」という事で、私は私の音楽について、何せ作った本人なのだからして、そこそこは過不足無く理解しているつもりだ。しかし、日本の批評家であれミュージシャンであれ、スムースに過不足無く理解している人物は、基本的には、とするが、殆どいないと感じている。誌面にこそ反映されていないが、ヴァルダンは私との対談のテーブルに着くなり、私を指差して「考えてる事、ほとんど一緒だよね?」と言ってから「アイスコーヒー」と言った。 ...

    2017-11-27

    • 0 コメント
  • 【LIVE info】菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール ~晩餐会 裸体の森へ 第2回~

    菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール ~晩餐会 裸体の森へ 第2回~ 公演日:2017/12/1 会場:モーション・ブルー・ヨコハマ 開場:18:45 開演:20:30 料金(税込):席種により価格が異なります。 問い合わせ先:モーション・ブルー・ヨコハマ 045-226-1919 発売日:※インターネット先行予約は10.11.wed.11:00amより      電話予約は10.18.wed.11:00amより開始いたします。 公演日:2016/12/2 会場:モーション・ブルー・ヨコハマ 開場:13:00 開演:14:45 料金(税込):席種により価格が異なります。 問い合わせ先:モーション・ブルー・ヨコハマ 045-226-1919 発売日:※インターネット先行予約は10.11.wed.11:00amより      電話予約は10.18.wed.11:00amより開始いたします。 公演日:2016/12/2 会場:モーション・ブルー・ヨコハマ 開場:17:45 開演:19:30 料金(税込):席種により価格が異なります。 問い合わせ先:モーション・ブルー・ヨコハマ 045-226-1919 発売日:※インターネット先行予約は10.11.wed.11:00amより      電話予約は10.18.wed.11:00amより開始いたします。 〈member〉...

    2017-11-01

    • 0 コメント
  • 【LIVE info】TABOOLABEL Presents「HOLIDAY」Vol.5 GOLDEN MIK FROM LIMBO

    TABOOLABEL Presents「HOLIDAY」 Vol.5 GOLDEN MIK FROM LIMBO 公演日 : 2017/12/27 会場 : 代官山UNIT 開場 : 18:30 開演 : 19:00 料金(税込) : \3,500(1ドリンク別) 問い合わせ先 : サンライズプロモーション東京 0570-00-3337 発売日 : 11月25日発売 只今先行受付中 チケットぴあ   http://w.pia.jp/t/holiday/ 0570-02-9999 (Pコード100-529) ローソンチケット http://l-tike.com/holiday5 0570-084-003 (Lコード:73544) e+(イープラス)  http://eplus.jp/holiday1227/   出演:Jazz Dommunisters / Synthezoey / QN a.k.a. 菊地一谷 feat.菊地成孔   ・ オールスタンディング ・ 6歳未満入場不可。

    2017-11-01

    • 0 コメント
  • 菊地成孔の欧米休憩タイム

    菊地成孔の欧米休憩タイム 著者:菊地成孔 出版社:発行:blueprint/発売:垣内出版 発売日:2017/8/10 単行本:527ページ https://www.amazon.co.jp/%E8%8F%8A%E5%9C%B0%E6%88%90%E5%AD%94%E3%81%AE%E6%AC%A7%E7%B1%B3%E4%BC%91%E6%86%A9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0-%E8%8F%8A%E5%9C%B0%E6%88%90%E5%AD%94/dp/477340504X/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1511475042&sr=8-1&keywords=%E8%8F%8A%E5%9C%B0%E6%88%90%E5%AD%94%E3%81%AE%E6%AC%A7%E7%B1%B3%E4%BC%91%E6%86%A9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0

    2017-11-01

    • 0 コメント
  • <ビュロ菊だより>No.135「<「そして最後の舟は行く」+>」

     「そして舟は行く」は1983年、フェデリコ・フェリーニが死の10年前に発表した作品である。これはフェリーニで唯一のオペラ作品、つまり台詞の殆どが歌で表現される異形の作品で、ピナ・バウシュの好演を始め、語り始めると尽きぬ事は無いが、私のフェリーニベスト5は「8 2/1」「甘い生活」「アマルコルド」「ローマ」「そして舟は行く」である。原題は「 E   la nave va 」。豪華客船で航海する、その航海中に第一次世界大戦が勃発する。という夢の様なストーリーで、現在でもレンタルは比較的簡易なので、是非ご覧頂きたい。    因に私がティポグラフィカの楽曲名に冠した「そして最後の舟は行く/ And them last ship going 」が、この映画からインスパイアを受けている事は言うまでもない。あまり指摘されない事だが、ティポグラフィカには乗り物を曲名に織り込んでいる物が多く「無限電車」「スクールバス」「時代劇としての高速道路」等々、「そして最後の舟は行く」が収録されているアルバム名「フローティング・オペラ」も、リヴァーボートの上で上演されるミンストレスショーの事で、ジョン・バース(小説家)の代表作のタ...

    2017-10-21

    • 0 コメント
  • <ビュロ菊だより>No.134「<結構、オンステージの月だった(「月がステージの上にあった」という意味ではない)+>」

    <ビュロ菊だより>No.134「<結構、オンステージの月だった(「月がステージの上にあった」という意味ではない)+>」

    2017-09-30

    • 0 コメント
  • <ビュロ菊だより>No.133「<「ジャズとヒップホップが隔世遺伝だなんてバカか?」と言っていたバカが、たった数年前までには山ほどいた+>>」

     今丁度、2パックの自伝映画のサンプルを観ながら書いているけれども、アレを最初に言ったのがいつだったかは憶えていないが、最初に思ったのは当然、ヒップホップがこの世に生まれた時だ。ヒップホップはジャズの孫に決まっている。だから「ジャジー・ヒップホップ」なんてない、というか、ジャージ着て蛇ジャジーなんて、相手はジャ爺さんだろ。フーディストのウエアがズートと同じ遺伝子だと、観ても解らない奴は、聴いても解らない。要するに何も解らない奴だ。解っていれば偉いとか、解らない奴はバカだとか言わない。単に、解っている奴と、解っていない奴が存在するだけだ。    「粋な夜電波」では、確かシーズン2で最初に言ったから、そんな事もうとっくにみんな解っていると思っていた。そしたら憤激したヤカラがいて「おい菊地とやら。ジャズの息子はジャズに決まってるし、ヒップホップの息子はヒップホップに決まってるだろ。珍奇な事を言うな」と食って掛からん勢いでツイートされた(のを、タレこまれた)。    このヤカラは SNS というハードドラッグによって、匿名性だの無名性だの、認知度だの非認知度だの、...

    2017-09-14

    • 0 コメント
  • <ビュロ菊だより>No.132「<本書は、私の二冊目の映画批評書である。私は幸福な観客ではない+>」

       口唇が遅れてすみません。間違えた。更新が遅れてすみません。と、先日のトークイベントでの廣瀬純氏のパンチラインを流用してみたが、流用部は「口唇/更新」の部分ではなく「遅れてすみません」の部分だ。廣瀬氏は「遅れてしまった事に間に合う喜び」はダメだと言っている。曰く、交通事故で死んでしまった恋人の遺体を見て泣く、曰く、東日本大震災の現場に炊き出しに行く、曰く「自分さえこうしていれば、こうはならなかったのに」という悔恨、こうした物は総て「嬉しい」のである。そんなもんに淫してしまったら反省しろ、そして「間に合わなかった事に間に合わない」事、例えば、ドキュメンタリー映画用の器材を総て揃えて、2011年3月に、福島に行かずに、群馬でドキュメントを撮っていた青山真治を称揚する。という論法である。青山真治や黒沢清を称揚する廣瀬氏の「日本映画に関する感覚」には違和感を憶えるが、それ以外の総ては親和感しかない。「最終的にクソが出て来る映画」と「クソだらけの世界から始まる映画」の二種類がある、というのは至言である。まあ、こういった話は今回の最後に出て来る。    更新が遅れているのは申し...

    2017-08-13

    • 0 コメント
  • <ビュロ菊だより>No.131「<最近、映画館のバックヤードにばかりいる>+」

    <「素敵なダイナマイトスキャンダル」整音>  マイメン冨永監督が5年越しの夢である、末井昭氏の一代記「素敵なダイナマイトスキャンダル」を完成した。私は音楽を担当し(小田朋美氏と共同)、ちょっとだけカメオ出演もしている。最近、当欄での口を慎めと言われているので慎むが、どう少なく見積もっても、音楽は最高である。私が手がけた実写の劇伴の中でも間違いなく最高峰に入る。  写真は暗くて見づらいだろうが、整音(映画には夥しい数のサウンドトラック=音楽だけでなく、台詞、状況音、効果音、等々が入っているので、それをミックスダウンする事)用のスタジオである。普通の大きめな映画館の後ろに、音楽スタジオのブースがくっついている様な所で、初めて行ったし(基本的に、音楽家は整音には手が出せないのだが、これは古い慣習で、出そうと思えば出せる。私はガンダムから整音に携わる様になったが、映画館ではやらず、アニメ屋さんの、小さな整音ブースでやる)、第一にとても面白い仕事だし、第二に、フランソワ・ミュジーが何をしていたかーーー特に、プロトゥールス前夜のソニマージュ工房でーーーと...

    2017-07-18

    • 0 コメント
  • <ビュロ菊だより>No.130「<アルバムとライブの連発の後は映画音楽>+」

    <「ブルージャイアント」って何だ?2>  生徒の皆さんに楽器を選んで頂くと、各機種に数本ずつ実物が出て来る。サキソフォンも今では工業生産品で、出荷される際にきちんと検品されているとはいえやはり楽器だ。実際に吹いてみると、かなりの差がある(優劣ではない。質差、というより、鳴りの傾向の問題)。なので、実際に購入する直前のインフォームドコンセントとしてワタシが実器を吹奏し、感想を述べ、ファイナルチョイスをして頂く事にしている。1日がかりになるが、仕事の中でも最も楽しいものの五指に入る。ただ、楽しい事というのは往々にしてそれなりのリスクがある。この仕事をやると、一番良く鳴って、自分の好みの傾向の良品があると、欲しくなってしまうという事だ。売春宿だと思えば良い、舎弟を連れて乗り込み、女将に数名ずつ(以下自粛)。仕方が無いので「これが一番良いですねえ(プップー)。いやあ、凄くスムースで正確だなあ(ブブブブブー)。うん、これが一番良いです。ので、ワタシ買います(笑)」というオヤジギャグを一日中繰り返すことになる。  <プレゴプレゴ健在> ...

    2017-07-01

    • 0 コメント
  • <ビュロ菊だより>No.129「<1人で行くのと11人で行くのと+」

    <映画の仕事が少しずつ増えている>  それがまっちゃまん保安官のお陰だったら大福のひとつも喰わせてやって良い。何せまっちゃまん保安官の仕事が、私と刃をまみえてからこのかた、あまりに荒れすぎ、自滅しそうでハラハラしている。私は降り掛かる火の粉を払い過ぎ、正当防衛のつもりが過剰防衛で逮捕されるタイプの男だ。    つまり、私に斬りかかってしまったばっかりに潰れた者共は多く、メディアに名前を出せる分だけでも、古くは日本のブランドである「 HOMMMA 」(←ファッション評論家である私を歓待すると嘘を言って事務所に呼び出し、部屋に鍵をかけて囲んで潰そうとした、当時そこそこ力のあった日本のブランド。私とやりあってからメゾンは潰れた)、もう和解したが、物書き(ジャズ評論家)としての後藤雅洋(私とやりあってからはしばらく著作は出ず、ぽつんと一昨年、名盤100選のような物を出したに留まる。92年にはジャズ界を「構造改革」すると息巻いていたのに)、中山康樹(そもそも私に斬り掛かっただけで死んだ)、デューク本郷こと山口雅也は、山口本人としては何をしているか知らないが、 Amazon のユーザーズレビュー...

    2017-06-10

    • 0 コメント
  • <ビュロ菊だより>号外『ライブ3週に4回連続(DC/PRG/HOLIDAY2/菊地成孔DUBSEPTET/JAZZDOMMUNISTERS)』

     どうもどうも。ご機嫌いかがですか?(株)ビュロー菊地ならびに TABOO LABEL 代表の菊地成孔でございます。なかなか夏になりきれないですよね。梅雨に至っては引退したかの様です。地球も変わって行きますね。大人になりきれないですね。あなたもワタシも地球も。    とまあ、そんな、無理矢理なまでにエコロジカル風な出だしになったも故無き話ではありませんで、私、少なくともこの15年間、つまり、少なくとも40代に入ってからは記録となります。3週間に4回連続でそれぞれ別ユニットのライブを行います。保つかなあ体(笑)。    ご贔屓筋の皆様に於かれましては、左はラジオ主体のゼロ円ファンの方から、右は可処分所得を全部突っ込んで下さる過激派の皆様まで、幅広くいらっしゃるとは思いますが、やっぱりそうですね、理性的に考えて、全部来るべきでしょうね。全部来るのが良いと思います。はい(笑)。    以下、各ライブ、その当該アーティストについて私の筆で直接ご紹介させて頂きますが、比較的重要(ひとバンドは解散します)な情報もありますので、短文時代の長文遺憾ながら、刮目...

    2017-05-20

    • 0 コメント
  • <ビュロ菊だより>No.128「 「突然個人練習のスタジオ写真を撮る事が虚しくなった日+」」

     <どんどん人々が馬鹿になっている気がする(大変良い事である)>     SNS 嫌いなのはもう言い飽きたが、擬似で課金でやっているこのインスタグラムもどきも、写真を撮るのに飽きてしまった。自分が如何に、日々同じ事を繰り返しているか、それは全く構わない。人生は反復である。厳密には反復とその暫時的な、目に見えないほどの揺らぎの増減である。ただ、自分で自分の写真を撮る事に飽き飽きしてしまった。ここに飽きないのがミ二マリストであろう。川原温とかボロフスキーとか惚れ惚れする。私はミ二マリストがもれなく好きだ。自分がなれないからだと思う。    私は SNS の中でも、インスタグラムは好きな方だ。 OMSB が言う様に「素人のポルノだと思うと、アレは面白いですよ」というのも痛いほど解る。玄人のポルノも好きなのだからして、言わずもがなである。しかし、私は二次元でまで素人のポルノを観たいとは思わない。素人は3次元でたくさんだ。    私がインスタグラムを好きなのは、「恥ずかしげもなさ」が、他のメディアと比べると突き抜けていて、爽やかだからだ。女子高生が「インスタグラム...

    2017-05-12

    • 0 コメント
  • <ビュロ菊だより>No.127「北欧が割り込んで来る+」

    <池尻大橋アプティ>    今年は言うまでもないがジャズレコード100周年であり、更に言うまでもないがロシア革命100周年であり、エラ・フィッツジェラルド生誕100周年であるが、個人的に最も重要な事は「飲酒10周年」である。私は実家が飲み屋で幼少期から酔客の世話をしていたので、酒の匂いがゲロの匂いと結びついていて、とにかく酒は一生飲まないと思っていた。    気がつけばチェインスモーカーになっていて、2008年ぐらいまではゴロワーズの両切りを一日に6箱吸いきっていた。サックスを吹いている以外の時間は、常に煙草をくわえていたので市川崑ばりである。市川崑で一番好き映画は言うまでもないが犬神家の一族だ。    何せ風邪をひいて酷く咳き込んでいる時でも、パニック発作で外を歩き回りながら震えている時でも煙草は旨かった。そんな私と煙草の深い仲を裂いたのはマイコプラズマ肺炎である。流石に肺炎で煙草は吸えなかった。想い出深いのは、このことを精神分析のセッションで報告した時である。無限喫煙は通常、口唇期が抜けきれない人の病症的な習慣だとされる。私はそのこと...

    2017-04-12

    • 0 コメント
  • 菊地成孔主宰による私塾より「サックス科初頭」募集のお知らせ。

    このたび、ジャズミュージシャンの菊地成孔が主宰する、夜学 / 無試験の音楽私塾「ペンギン音楽大学」で、8年ぶりに「サックス科初頭」の生徒を公募する事が決定しました。   楽器も持っていない完全なビギナーから、辛うじて楽器を持っているだけで何も出来ない程度のビギナーまで、限定20人で募集致します。   要項を希望される方はタイトルを「ペン大 / サックス要項希望」とし、 info@kikuchinaruyoshi.net までメールを送信下さい。開始は5月より。目指せ Blue Giant ! ( 笑 )

    2017-04-08

    • 0 コメント
  • <菊地成孔主宰/ペンギン音楽大学「ビーバップ・ロー・スクール(ビバッパー養成クラス)」外部入学者募集のお知らせ>

     菊地成孔が経営/講師を務める「ペンギン音楽大学」では、チャーリー・パーカー分析から始まる、ビバッパーの短期養成クラスを開講します。    「アドリブは取れなくもないけれども、ジャズのボキャブラリーが無い」という人々に、1年間でビーバップのボキャブラリーをインストールし、アドリブ奏者として完全にリフォームします。開始は5月からで、入試があります。楽器の演奏者のみが対象で、楽器はトランペット、あらゆるサキソフォン、トロンボーン、ギター、ピアノに限ります。    入学要項をお求めお方は コチラ まで、メールのタイトルを「ペン大要項希望」として送信ください。

    2017-04-07

    • 0 コメント
  • <ビュロ菊だより>No.126「狼たち。+」

    <イン・ダ・ステュディオ>  昔は私もフィフティのように、イン・ダ・クラブだったのである。オン・ダ・フロアだった時もある。いつでもそこは、人が溢れていた。近田春夫の「金曜日の天使」のような、ガラガラの場末のディスコなんて経験した事が無い。最近は、あれは近田さんの空想だったのではないかと思っている。しかし、それが53にもなるとイン・ダ・ステュディオ、しかもイン・ダ・ステュディオ • アローンになるとは。有識者が見れば、楽譜が1曲は坂本龍一の、もう1曲はダフトパンク楽曲だという事が解るであろう。クラブに毎日、用事があった様に、ディスコのフロアにさえ、毎日用事があった様に、現在私は、毎晩、火急の用事がステュディオにあるのである。たった1人なのにも関わらずだ。 <整体は一生続く、つまり小田急線には一生乗る>  当欄の読者ならば、もう、西口地下の写真を見ただけで「あ、整体だな」と思うであろう。勿論その通りなのだが、気分は大分違う。私はもう、背中越しに母親が入っていた介護施設のあった駅を通り過ぎても(特別に強い何かは)何も思わなくなった。整体が始まった頃、それは02...

    2017-04-05

    • 0 コメント
  • <ビュロ菊だより>No.125「「映画に出ることになった。現在最大の願いは<なるべく人生に影響を与えません様に>である+」」

    <吉田沙良のこと>  吉田が異様なまでのアンダーレイテッドを被っているのは、自分の中の何かの性だと思う様に成った。これほどの実力者で、美貌があり、病症があり、キュートもあり、結果的に総体的に凄まじい魅力を持つのに、彼女は何故いまレコード大賞も CD 屋大賞も取っていないのだろう。  自分は多く女性アーティストをプロデュースし、そこそこの名盤を量産して来たと思っているが、完膚なきまでの完全なフェームもプライズも掴ませたアーティストは残念ながらいない。「お前の性とか、そういう問題じゃない。既にものんくるは音楽に見合ったプライズとフェームを手にしている。この音産不況の世で」といった見方も当然あるだろう。「ソロアルバムじゃないし、がっつり噛んでないからだ。キュアジャズは地上でセールしたし、スパンクハッピーは地下のフェームがあるではないか」という声もあるだろう。  まあ、それはそうなんだが、精神分析というものは、こういう事の考察にこそ使うべきだ。人間には様々な主義主張がある。もちろん吉田の分析ではない。自己分析である。なのでしない。 <凝視と愛撫の旅団>  名古屋と大阪を...

    2017-03-20

    • 0 コメント
  • <ビュロ菊だより>号外『「菊地成孔とペペトルメント・アスカラール」Tour 2017 “凝視と愛撫の旅団 brigada mirada y caricia”ブルーノート東京公演2DAYS(3月5/6日)のお知らせ』

     菊地成孔です。久しぶりで公演の煽りに出て参りました。ワタシ本人が煽りに馳せ参じるというのは、つまり券売が苦戦しているという苦笑ごとですが(苦笑)、とまれ苦戦は月曜(二日目/3月6日)のファーストセットだけです。月曜の6時半からブルーノートって、開場5時半って事でしょう、一体誰がくるんだよ!!(苦笑)という話ですが、業界の慣わしですので仕方ありません(日曜は両セットともほぼほぼフルハウスですが、まだ残席はあります)。月曜の夕方からお暇だという方は是非お越し下さい。ドレスコード等はありません。  先日、名古屋、大阪(初)と地方公演を行って参りました我々ペペトルメント・アスカラールですが、オルケスタのコンンディションは結成13年目にして最高の状態にあります。弦楽も正規楽団員として取り戻し、初の大阪公演では2セットとも満員札止め&スタンディングオベーションを頂戴するという僥倖に預りまして、まあ初めてアレを目の前で見たら驚くわな。と思う訳ですが、東京ではこないだ銀座でやったばっかり(笑)、以下、煽りの手法としては些か下品ですが、当楽団の公演は、この機を逃すと、2017年は年間を通し...

    2017-03-05

    • 0 コメント
  • <ビュロ菊だより>No.124「ガンダム回りの写真はもう撮らない事にした(いっぱいありすぎるので)+」

     香港正月シリーズは続くとして、本線である偽インスタグラムも復活しないといけない。もう2月も半ばである。    とはいえ私が何をやっているかと言えば、ライブとガンダムだけである。生活がミ二マル化することはよくある。現に、ここ10年の私の暮らしとて充分ミ二マルだろうという方は多いだろう。飯を喰い、音楽をする、たまに映画を観て、仕事の批評やコレを書く。後何をしているのか、余り思い出せない。稀代のミ二マリストであり。自作を2回、或は3回反復させ、ほんのちょっとの差を入れるだけ。という作風を持つ韓国の映画監督ホン・サンスは、自作を律するブニュエル的な反復について、何と日常感覚を引き合いに出している。音楽のミ二マリストは絶対に言わない。      「我々は、そこそこドラマティックな人生を生きていると信じ込んでいる。でも実際は、ほぼ同じ毎日を繰り返し続けながら、それが少しずつ変化しているだけだ」        本当にそう思う。私は不安神経症も、壊死性リンパ結節炎も経験し、離婚や再婚も経験し、不倫さえ経験した事があり、両親とどちらも死別し、世界各国で様々...

    2017-02-22

    • 0 コメント

会員限定動画

33:57会員無料

再生130 コメ11 マイ4

2017/12/13 20:00 投稿

「ゼロからの音楽文法」 第45回

2年に渡った「モダンポリリズム」を終え、ビュロー菊地/菊地成孔が満を持してスタートする「ゼロからの音楽文法」。ドレミの...

いつもありがとうござ ジムオルークがチュー ニコニコ全体で会員数 w してないですね 音色の違い程度にしか 今日調子いいな笑 へー 確かに やってみよう笑 え〜意外

ニコニコポイント432pt30日間

37:14会員無料

再生287 コメ14 マイ5

2017/12/06 00:00 投稿

「ゼロからの音楽文法」 第44回

2年に渡った「モダンポリリズム」を終え、ビュロー菊地/菊地成孔が満を持してスタートする「ゼロからの音楽文法」。ドレミの...

すごい なるほど 「照り」初めて聞いた 足し算の答えって和で 納得 マニアですw 最高 今日も面白かった これが欅坂46の不協和 低音は美味しいところ 面白かったです ありがたい 熱狂してます笑 メジャー...

ニコニコポイント432pt30日間

37:20会員無料

再生347 コメ8 マイ4

2017/11/22 00:00 投稿

「ゼロからの音楽文法」 第43回

2年に渡った「モダンポリリズム」を終え、ビュロー菊地/菊地成孔が満を持してスタートする「ゼロからの音楽文法」。ドレミの...

クッソ面白い スッキリする おもしろい こんなふうに出来るよ マイルドな感じ kakkoii yo あ、第1回と繋がった

ニコニコポイント432pt30日間

関連HP

TABOO レーベルHPはこちらからどうぞ!
http://taboolabel.net/

Rinbjö Twitterは、こちら!
https://twitter.com/

レギュラー番組、連載

TBSラジオ「菊地成孔の粋な夜電波」毎週日曜日18:30~20:00
http://www.tbsradio.jp/denpa/index.html

UOMO(集英社)「売れている映画は面白いのか?」
http://www.webuomo.jp/thismonth/


2017/05/02 08:43

5月のビュロー菊地チャンネル動画コンテンツアップスケジュールに関しまして

いつもビュロー菊地チャンネルをご購読いただきまして、誠にありがとうございます。今月の「ゼロからの音楽文法」「ポップアナリーゼリローデッド」は5月10日(水)から隔週で順次更新いたします。 今週の更新はございませんので、ご了承ください。 今後とも宜しくお願いいたします!

2017/04/01 10:22

2017年3月29日 TABOO LABEL Presents『HOLIDAY』菊地成孔ソロ アップロードのお知らせ

いつもビュロー菊地チャンネルをご購読いただき、誠にありがとうございます。 3月29日(水)に生放送をしておりましたTABOO LABEL Presents「HOLIDAY Vol.1」ですが、21時頃から21時30分頃まで回線の不具合により、放送できませんでした。誠に申し訳ございませんでした。 本日の12時より菊地成孔ソロの全編をPart1、Part2に分けてアップロードさせていただきます。 チャンネル会員の皆様におかれましては、無料でご覧いただけますので、ぜひご覧ください。 今後は今回のような事故の無いような運営をしてまいります。今後とも宜しくお願いいたします。

2017/02/02 19:18

ビュロー菊地チャンネル「ゼロからの音楽文法」 第20回の配信につきまして。

いつもビュロー菊地チャンネルをご購読いただき、誠にありがとうございます。 2月1日(水)に配信を予定しておりました、“ゼロからの音楽文法 第20回”ですが、大変申し訳ございませんが、都合により一週間延期させていただき、2月8日(水)の配信とさせていただきます。 これにより、その後の“ポップアナリーゼリローデッド 第20回”も一週間ずつリリースを延期させていただきます。お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒、ご了承ください。 今後ともビュロー菊地チャンネルを宜しくお願いいたします。

菊地成孔プロフィール

ビュロー菊地チャンネル

ビュロー菊地チャンネル

菊地成孔(きくち なるよし)

音楽家/文筆家/音楽講師
ジャズメンとして活動/思想の軸足をジャズミュージックに置きながらも、
ジャンル横断的な音楽/著述活動を旺盛に展開し、ラジオ/テレビ
番組でのナヴィゲーター、選曲家、批評家、ファッションブランドとのコラボレーター、映画/テレビの音楽監督、プロデューサー、
パーティーオーガナイザー等々としても評価が高い。「一個人にその全仕事をフォローするのは不可能」と言われるほどの驚異的な多
作家でありながら
、総ての仕事に一貫する高い実験性と大衆性、独特のエロティシズムと異形のインテリジェンスによって性別、年齢、国籍を越えた高
い支持を集めつづけている、現代の東京を代表するディレッタント。

公式HP“第三インターネット
http://www.kikuchinaruyoshi.net/

チャンネルタグ

2012/08/21 開設 279動画