• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

生放送

Twitter

ツイートの取得に失敗しました。

動画

ブログ・メルマガ

  • 【女子大生まりあのサッカーブロマガ】東南アジアのグローバル型クラブ?!

    こんにちは。インターンの中園です。 そろそろ冬がやってきますね。私の大好きな季節です。 去年の冬の写真です。確かこの後滑って転びました。 皆さんご存知かもしれませんが、私にとって、一番答えるのが面倒で、いつも答えがすっきりしない質問はこれです。 「どこ出身なの?」 名古屋で生まれ、大阪や東京などにも数年ずつ住んでいたので、 ふるさとと呼べる場所がありません。(転勤族あるある) 聞く側は特に何も考えずに聞いているこの質問、私としては、 「住んでた所を全部言っとく?今回は名古屋って言っておこうかな。でも名古屋のこと全然覚えてないから今住んでいる川崎にしとこうかな。 いや、もうなんでもいっか 」 などと思いをめぐらせるのです。超めんどくさいです。 しかしそんな私にも、 第二の故郷と呼んでいる場所があります。それが、中学時代を過ごした タイ です。(ちなみに第一の故郷と呼んでいる場所はなく、第二の故郷が3個くらいあります) 第3回のコラムは、そんなタイにある 最強 サッカークラブのブランディングについてです。 第二の故郷の中でも特に思い入れのあるタイなので、なんとなく一...

    2015-11-17

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 【女子大生まりあのサッカーブロマガ】Jリーグクラブのブランディング②「グローバル◯◯型」

    こんにちは。インターンの中園です。 今回はヨーロッパのサッカークラブが話に出てくるので、 4年前にイタリアに行ったときの写真をチョイスしてみました。 若い。 そしていきなりですが質問です。 「王冠とMCFの文字から成るロゴ」 と聞いて、どこのサッカーチームのものだか分かりますか? ちなみに私がこれ聞かれたら確実に分かりません。 正解は、このロゴです。 海外サッカーが好きな方であれば、王冠とMCFの文字から成るこのロゴが レアルマドリードのものだと2秒で気付くでしょう。 よく見ると王冠の上に小さなクロス(☨)があるのですが、 ある国ではこのクロスがないロゴが使われています。 アラブ首長国連邦(UAE)です。 2つのロゴをじっくり見比べても、視力1.5くらいないと分からないほど細かい違いです。 これは、イスラム教が主流の国でキリスト教を表すクロスの使用は避けるべきだという配慮からだそうです。 実は2012年、レアルマドリードは「レアルマドリード・リゾートアイランド」をUAEの首都・ドバイに建設しようと計画していました。 10億ドルで50ヘクタールの人工リゾート島。 約1000億円で東京ドーム一個分の...

    2015-11-17

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 【女子大生まりあのサッカーブロマガ】Jリーグクラブのブランディング①「地域型と都市型」

    こんにちは。 インターンの中園真理亜です。 私がアメリカに留学していた時、The・Most・恋しかったものは、つけ麺でもなく技術の高い日本の美容院でもなく、 お風呂 でした。 -15℃にもなる真冬にシャワーのみ。忍耐力が身につきました。 今回はそんな『お風呂』から始まる、サッカーチームのブランディングのお話です。   ブランディングについて知るべく、ブランドコンサルティング会社・株式会社フォワードの社長、且つカンボジアンタイガーFCのオーナー兼選手でもある加藤明拓にインタビューをしました。 加藤(以下K)「そもそもブランドの語源は、家畜の牛に押していた焼印(burned)のことなんだよ。焼印で他人の牛と区別してたんだよね。」 K「吉野家も立派なブランドだからね。安い・早い・美味いで他の飲食店と区別できるでしょ。誰に、どう思われるか。これで他と区別することがブランディング。」 さて、ここでお風呂の話に戻りますが、お風呂と聞いて思い浮かぶJリーグのチームはどこですか?おフロですよ? 一つしかないですね。もちろん 川崎フロンターレ です。 2009年、川崎フロンターレは市の...

    2015-11-16

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • タイガーFC経営日記 #1 選手たちとの出会い

    こんにちは。オーナー加藤です。 いつもカンボジアンタイガーFCをサポート頂き、本当にありがとうございます。 このブロマガの1つのコンテンツとして、今まであまりメディア等でもお話をしてこなかった、クラブ運営上の”裏話”を「タイガーFC経営日記」として定期的に公開していきたいと思います。 初回となる今回は、事業譲渡契約からクラブが本格始動するまでの裏話。 どうぞご覧ください。 カンボジアで成し遂げたいこと カンボジアンタイガーFCの運営会社、株式会社フォワードでは 「2035年にメッシ超え、バルサ超え」 (メッシを超えるようなアジア人選手輩出、バルサを超えるようなアジアのクラブの保有)を目指しています。 サッカー後進国で且つ身体能力でも決して高くないアジアでそれを実現できれば、沢山の人たちの夢や希望や勇気になるんじゃないか、と信じているからです。 実現できるかどうか、わかりません。 多くの人は難しいんじゃないか、そう思っていると思います。 でも、だからこそ実現するために本気でトライしています。 決して財務的な余裕がある訳ではない状態の中で、大赤字のカンボジアンタイガーFCを譲り受けて、運営を...

    2015-10-08

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • カンボジアプロサッカーチームの選手退団事情

    こんにちは。オーナー加藤です。 先月8 月、カンボジアンタイガーFCでは 3 人の選手が契約満了により退団をしました。 正式に私がクラブを譲り受けた 3 月に契約解除をした選手を含めて、これで 4 人がクラブを退団したことになります。   そして、これらの退団にはそれぞれ異なる理由があります。 退団事情1 3 月に契約解除をした選手は、以下のような理由がありました。 ・数度の遅刻、欠席 ・フンセンカップ(日本の天皇杯)準決勝の大事な試合で非紳士的な行為で退場、次の 3 位決定戦の試合前日のミーティングには、出場停止処分だからと大幅な遅刻 ・ 3 位決定戦後にはコーチスタッフに侮辱的な発言   この選手はカンボジア代表に呼ばれるような選手であり、当初監督は戦力として残したいと言っていたのですが、 クラブが変わり新しくビジョン・文化を創っていく非常に大事なフェーズだったので、 短期的にはチームモチベーション、中期ではチームの文化を創っていく上で、ネガティブに働くことが多いこともあり、契約解除。 他の選手に対しても、理由とタイガーとしての判断基準を明確に伝えました...

    2015-09-23

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • プロサッカーチーム買収の経緯

    現在、カンボジアへの帰化を検討中の加藤です。 現地GM吉田健次が昨日・今日と東京オフィスに来ています。 この吉田健次。漢なんです。 フォワードは吉田健次からカンボジアのプロサッカークラブのオーナー権を買いました。 なぜ、健次が元々オーナー権を保有していたか。 2014年12月末のこと。 健次は彼の前職のトライアジアグループから「2日後のサッカークラブの解散」を告げられました。 1月から始まるカップ戦を控えて、選手の移籍は非常に困難。 このままでは、選手とその家族が路頭に迷う。 当時サラリーマンだった健次の決断は、「個人で解散予定のトライアジアプノンペンFCを譲り受け、自分の全財産500万円を運営予算(選手の報酬等)に当てて、新オーナーを探す」でした。 もって2ヶ月。。 当時の健次の状況(ブログ) たまたま私はその情報をフェイスブックでキャッチして、 面識はありませんでしたが、1月上旬にメッセージを送り、 1月12日に健次が東京に来て10分話して、信頼できる漢だと思いました。 その場で買収意向を伝えた後、2週間ほどで事業譲渡の合意に至りました。 (買収額は彼が補填した運営費5...

    2015-03-17

    • 0 コメント
    ダウンロード