• ゲームの想い出 第五回 映画ゲームセンターCX 3丁目の有野公開記念 嗚呼悲しき借りパクのゲーム達

    2013-12-02 07:12






    ゲームセンターCXが2014年2月、遂に、というか、
    一体どこにどう求められてそうなったのか分からない
    初の映画化という事で、舞台は日々の課長の挑戦を地味にドキュメントタッチに描く情熱大陸風になるのかなと思いきや、借りパクという、地味ながら鮮烈なテーマを舞台にしてるそうなので、自分もファミコン世代の端くれとして、当時の借りパクの想い出を少し語ってみたいと思います。


    80年代前半産れの、いわゆるファミコンラストチルドレン世代の自分の周囲では、
    ネットや携帯がまだ普及してないのは当然のこと、
    直接的な貸し借りが主なゲーム情報源だった、と、以前のエントリーでも少し触れましたが、
    そういったアナログソーシャルな貸し借りには、
    俗に言う「借りパク」(借りたままパクる)のリスクが常に付きまとう訳でして・・・

    特に借りパクの頻度が高い奴や、特定のグループとつるんでパクり行為を助長する奴等は、蔑視を込めていくつかの通り名で呼ばれていたんですが、
    その一例として

    ・ジャンカー
     パクッたゲームをそのまま中古ショップ等に流す奴の事。
     名前入りのゲームをベンジンで消したり、RPG系のゲームは証拠隠滅の為、
     中のデータを消して売却したり等かなり周到。貸したゲームについて問い詰めると「無くした」と言い訳する。

    ・チャリ 貸したゲームを、そいつの友人グループ(共犯者)複数人間の間で又貸しし続けて、貸した奴に返さない借りパク行為。自転車のタイヤみたいにクルクル回り続けてることからきたらしい。

    ・借りボケ ある程度期間が経ったソフトの返却要求に「借りた覚えがない」
     「そんなゲーム知らない」と居直る、問い詰めると何故か逆ギレを始めたりする一番タチの悪い借りパク。

    ・ゲームギャング 素行の悪い不良連中複数人が、普段あまり面識の無い奴の家に複数人で行き、中がゴチャゴチャしてる隙に物色したゲームをパクる卑劣な窃盗行為。


    等と呼ばれ、頻度の高い奴はブラックリストに入れられたり、
    悪質な輩は貸し借り行為自体に応じられなくなり、
    行き過ぎると総スカン、シカト等、軽いイジめにまで発展する事もありました。

    まあ、何故、上記の借りパク行為について一部詳細を知ってるかというのはある程度察してもらう事として・・・


    自分も当時のゲームユーザーとして様々な貸し借りを経験した訳ですが、
    そんな中、大・小、様々な借りパクを体験した訳で、
    10年経って思い出した様に気付くものもあれば、
    今でも夢に出る程腹立たしく忘れられない借りパクもあります。
    今回は後者の借りパクについて少し話を。

    この辺の頃の話については、一つ前のエントリーでも少し言及しましたが、
    中学2年の頃、幼少時からの異常体質による体重肥大で110キロまで進化した巨体を揺さぶり、
    日々、PCエンジンのギャルゲー、メガドラのクソゲー、3DOのマイナーゲー収集や、日々のアニメイト通い、アニメージュ購読に余念の無い、間違い無くお先真っ暗な筈なのに、日々ノーテンキな高度オタク成長期を過ごしていた私の周りのクラスメイトに、
    今の自分がオタクとなるキッカケを与えてくれたE君
    (彼は本当に良い人なのでイニシャルにしておきます)と、
    他、周囲にいくつの派閥に分かれ、オタク幹部候補生が存在していたのですが、
    その中の一人に「岡田」という、グループリーダーの様な扱いの陰険なオタクが居まして。

    少しややこしいのですが、僕はその公立中学に進学した際に、初めてE君と知り合ったのですが、E君と岡田は小学校が同じで、中学までの進学を共にしたオタク趣味の親友の様な間柄であって、E君と付き合う為には常に岡田も介在していた訳で、嫌々付き合うという程では無いものの、なし崩し的にグループの一人として付き合わざるをえない、という感じの微妙な間柄の奴でした。

    で、まあ、当時、自分の周囲で何故か大ブレイクしていた、
    PIONEERのOVA「天地無用! 魎皇鬼」を絡め、E君始め、その周囲のオタク仲間や岡田とも深い交流の日々があったものの、天地無用の舞台、岡山をいつか皆で巡ろうと1年間楽しみにしていた所、自分が一時期、面倒くさい病が発症して登校拒否っていた合間にE君と岡田で既に済まされていたり、恨みは数あれど、中でも未だに忘れられないのは・・

    ある日、珍しい事に岡田が一人で俺の家に遊びに来た際、モテなしの為に用意したSFCソフト「スーパー桃太郎電鉄3」を、彼はいたく気に入った様子で、貸してもらいたいというので、今後の付き合いの事もと考えた自分は二つ返事で快諾し、確かそれから3~4ヶ月後、席替えの際、席が隣になった岡田に「そういや桃鉄そろそろ返してよ」と、切り出した所「は?何言ってんの?覚えてないよ?」と、始めの内は優しく切り出していた自分も、遂には業を煮やし「家に来た時貸したでしょ、直接」と強めに言った所、それはまあ、見た事も無い様な形相で「君は最低な奴だな!借りた事も無いゲームを貸したなんて言うなんて!この話はもう終わりだ!」と、罵詈雑言の様な怒号の逆ギレをカマされてしまい、その後もオタクグループ連中とは卒業までなあなあな感じで過ごしていたものの、進学後は殆どがバラバラに離散してしまい、特に連絡を取る必要性も感じず、

    けれど、それから数年後、あの頃の熱を帯びた感じが忘れられずに、01年の秋口、親友の海パン次郎くん(彼も中学は別だったけど近所繋がりで俺のオタク連中とは交流があったので、当時の事情をよく知っている)(現ゲマニズム副管理人)と、
    他、同じく親友で幼なじみのアルケミストさん(俺の小学校時代からの幼なじみで、中学生時代もクラスメイトとして共にし、文中に上がったオタク仲間連中の一人。)(現:行方不明)、
    他、ゲーセン巡りで偶然出会った趣味仲間のレトロ軍曹さんや、
    俺のゲーム会社時代の仕事仲間何人かと「ゲマニズム」
    という当時としては珍しいグループ型のバラエティサイトを始める事となりましたとさ。



    昨今、ゲームが文化として一段、高い位置に定着した訳で、
    益々、交流のキッカケとして誰でも気軽に「ゲームが趣味です」と、言いやすい世の中になってきましたが、

    そういう文化の根付きに至るまで、僕等が過ごした借りパクの日々や、
    先陣の名作を追って、あえなく散っていったクソゲーの数々、
    「ゲームが趣味です!」と、爽やかに言っても「キモいっ!お前の話はキモいっ!」(ここ、大滝秀治風に)否定されていたマイコン時代の先駆者達の事、時々でいいから思い出して下さい。
    (BGM 素敵だね)

    最後に、映画「ゲームセンターCX 三丁目の有野」の公開を記念して、
    自分が母に中学入学祝いにと買ってもらったSFCソフト MOTHER2のBGMのあまりに素晴らしい出来映えに感動し、関内駅 セルテ前のCDショップで、産れて初めて自腹を切って購入したMOTHER2 のサントラアルバムを、ご丁寧に中のCDだけ綺麗に抜き取って返してきた二宮くんに一言捧げたいと思います。

    MOTHER ファッカーだこの野郎
    町中で見かけたらMOTHER3の空箱叩き付けてやるから覚悟しておけ!

  • 広告
  • ゲームの想い出第四回 偉大なるコンポーザー葉山とときメモとPCエンジン「超兄貴」(PCエンジン)

    2013-03-11 12:101




    ゲームの想い出第四回はPCエンジンのゲームの話を。

    自分とPCエンジンが出会ったのは中1の春の話、
    地元の公立中学に進学し、近隣の公立小学校から合流して集まってきた新たな仲間の中にE君という人物が居て、彼と私は初日から意気投合し、それこそ一日中話をする位の友人となったのですが、彼はそれまで自分が出会った人種とは段違いの知識量を持っており、趣味の範囲は、家庭用アーケードから格ゲー、アニメ、漫画、と、幅広く、ジャンル問わない守備範囲の広さに、当時の自分は耳を貸してるだけで心が躍ったものです。

    彼は、現在の様にまだ萌えやライトノベル等で「オタク」という層が確定されてなく、
    文化形成があやふやな90年代におけるオタク人で、
    おまけに彼だけでなく、その周囲も、
    PC通信オタク、格闘オタク、同人オタク、鉄道オタク、
    と、そのラインナップは多岐に亘り、
    まるで、映画七人のオタクの拡大版の様に濃い面々が一つのサークルの様に形成され、
    昼にはゲーメストの回し読み、放課後にアニメイトに通い、
    学校帰りに当時はまっていたアニメ作品のコンサートチケットを交換する、
    等の自堕落な交流が盛んでした。
    自分のサブカルチャー方面における感性の殆どはこの短い学生生活で身につけたもんです。


    その様な中で、E君と出会った初日彼が
    「PCエンジンでときメモっていう恋愛をテーマにした新作ゲームがあるんだよ、ちょっと変わった女の子が居てね自分は今その子を攻略しようとしてるんだけどイベントが発生しなくて困ってるんだ」





    と、捲し立てる様に私にゲームの説明をしてくれたE君でしたが、
    当時PCのアドベンチャー・ノベル系作品は、
    一般のゲームユーザーにとってはまだ未知の領域で、
    更に育成ジャンルの草分け的存在ともいえる
    「ときメモ」の話等尚更の事聞いてる自分は何やらさっぱり

    「面白そうなゲームだねー」
    そう合わせる様に精一杯の返事をするとE君は

    「良かったらやってみなよ!自分家のPCエンジン貸してあげるからっ」

    そう、興奮した様子で言ってくれたのですが、
    それまでソフトの貸し借りはした事あれど、
    ゲームハードの貸し借りなぞ体験がなく、
    一方的に薦めてくれる彼に引け目を感じ

    「悪いからいいよー」
    と、言うと
    彼はそれでもなお

    「いいから、いいから、うちに寄ってきなよ」

    と、言ってくれて、
    そのまま初対面の自分を自宅に招くと、
    PCエンジン本体と一緒にゲームソフトを2~3週間程貸してくれて、
    そこで初めて、私は喋るゲームハードの存在を初体験した訳です。

    彼にはこの後も数十巻に及ぶアニメのOVAや漫画作品を貸してもらったりする訳で、
    自分はここを通じてオタクは楽しみを共有してお互いに育てるものだと実感しました。

    時系列的にいえば、PCエンジンに出会った2年後には「PS」や「SS」が主流になり、
    ポリゴンや喋るハードはあっという間に浸透する訳ですが、
    それでも、その時は、まだまだスーパーファミコン等カセットソフトが主流の時代。
    喋って、動いて、曲が流れる。
    マルチメディアなPCエンジンの近未来性に、とことん酔いしれたものてす

    よく、後から産まれた人間は、
    既に進化したテクノロジーに触れられて羨ましい、と、嘆いたりする人が居ますが、
    高度経済成長期や、バブルの崩壊等、昭和に生きた人にしか分からない文化価値がある様に、
    PCエンジンも、また、生でその時代の流れを体感した人にしか分らない
    ライブ感のあったハードだったと思います。


    PCエンジンというハードへの私のファーストインプレッション回顧録はこんな感じで、
    この後の紆余曲折を語り出すと、
    ちょっとした小冊子程度の長さになってしまうので割愛する事にして・・
    PCエンジンのゲームに対する想い出話に話を戻します。



    「超兄貴」は、自分がPCエンジンに出会って2年目の95年頃、
    E君から伝染した間接的な悪影響に伴い、奇しくもPCエンジンオタク成り下がってしまった、
    私が管理するゲームサイト「ゲマニズム」の副管理人で現弁護士の
    海パン次郎君が購入したもので、それを僕が借りてプレイした作品です。

    今でこそカルトゲームとして一部に有名な作品となったこのゲームですが、
    当時「ギャル」「美少女」「エロ」を、三大テーマとして掲げて
    「性少年育成ハード」PCエンジンにおいて、
    筋骨隆々のボディビルダーのキャラデザに主軸を当ててプレイが展開される
    横シューティングゲームというだけでいかにイカれてるか分かる作風の作品でした。














    テーマはいかれた作品ですが、実際プレイしてみると、
    自機スピードの調整や、ショットのタメ撃ち、弾幕ならない程度ギリギリの敵の弾数等、
    ゲームとしては非常によく調整された横シューティングという印象で、
    何より印象的だったのが、当時メサイヤの専属コンポーザーだった「葉山宏治」氏による、ゲームミュージックという垣根を越えたデジタルロック風の素晴らしいBGMの数々。

    この作品のメディアミックスとしてリリースされた、
    「超兄貴ショー」「超兄貴ショー2」は、個人的に大好きな作品で、
    今でもよくネタとして使ったり大切に持ってます。






    ゲームデザインの珍妙さから一部のファンから熱狂的な支持を受けた超兄貴は、
    発売から10数年経った今尚、PCエンジンを始め、スーファミ、PS2、PSP等、
    00年以降も何らかの形で再リリース、リメイク作品が脈々と作られ続けており、
    近年では何とWiiのダウンロードコンテンツとしてゲームが遊べる様にまでなりました。

    こうした諸々の時代背景やインパクトを象徴するかの様に、
    00年を越えて今尚後世に超兄貴として名を残し、
    90年代には数々のバラエティ番組に超兄貴のBGMが利用される事からも、
    超兄貴が単なるネタゲーではなく、どれだけ優れた作品だったか改めて分かるかと思います。




    PCエンジンというギャル畑に咲いた、
    一輪の漢ゲーム

    「超兄貴」

    僕は貴方のくれた青春の日々を忘れません


  • ゲームの想い出第三回 拝啓婆様「チョップリフター」(ファミコン)

    2013-03-09 11:41




    今回はファミコンゲームチョップリフターの想い出話でも


    このゲームは俺がまだ小学2~3年生の頃、俺の両親から
    「どうやら最近孫がファミコンとやらにはまってるらしい」
    という、情報を耳にした祖母が土産として自分の為に買ってきてくれたゲームです。
    (自分家は幼少時からから親族とは別住まい)

    何故覚えてるかっていうと、
    祖母が人に頼んで買ってもらった物や、ショップの店員に聞いて買ってきた物ではなく、
    自ら選んで買ってきてくれた物だったので今でも印象に残ってる訳です。

    デパートの新品だったので、恐らく定価近く4000~5000円はしたでしょう
    自分はえらく喜んだもんです。

    そして私は買い与えてもらった思わぬ土産物に対し、色々お礼を言って祖母を見送った後、
    早速やろうとワクワクしながらゲームを起動すると、どうやらこれがツマラナイ。

    この作品を買ってもらった当時、時は既に90年代前半ファミコン開発は円熟期に入っており
    自分の中で飛行物体を動かし弾を撃つゲームといえばシューティングで、
    「グラディウス」や「ツインビー」の様な派手な操作体系の作品をイメージしてたのですが、
    いかんせんそこは85年作品のチョップリフター。

    元が洋ゲーの異色作という出自も手伝い、
    フリースクロールで画面を右往左往し兵士を助けるという、
    当時の和製ゲームにはあまり見られないゲーム目的の意味自体理解出来なかったんでしょう。
    結局説明書を読まずゲームをする性分の自分は、20~30分画面内をうろうろした後、
    機体を撃ち落とされたのを機にチョップリフターを封印しました。



    所で、この当時、家庭用ゲーム機においてファミコンは、唯一無二の絶対王者と言える存在で、僕を含む同級生のゲームキッズ間では定期的にファミコンカセットの貸し借りをする事で、現在で言う体験版やDLC等に変わる情報源とする習慣がありました。

    これがまた面白いもので、人によってはどんなクソゲーでも好んでプレイしてくれる人が居て、その逆もまた然り。隣の芝生は青く見えるの理論の通り、人のクソゲーでも自分でやってみると素晴らしい良昨だったりする訳です。

    まあ、相手によっては貸しパクされたゲームカセットが、
    隣町のゲームショップに逃避行したまま戻ってこなかったりするのでリスクもあるのですが、
    それを補ってあまりある魅力的なイベントでした。

    その頃の自分の同級生間では、週に5~6本のファミコンソフトの貸し借りが行われていて、
    このチョップリフターもそのゲーム貸し借りに出してみては?
    と、自分なりにチョップリフターの有効利用を考えた事もあったのですが、
    祖母がわざわざデパートに出向き自分の為に選んで買ってきてくれたゲームだし、
    自分に合わないとはいえ、人に貸すのは忍びない、けれども遊べない。

    という、微妙なポジションのまま箱に保管され、
    その後、チョップリフターは、俺が成人してファミコンカセットを一斉処分するまでの約15~16年間に亘り、さながら冷凍保存された原始時代のマンモスの如く、中古の癖にやたらと状態の良いカセットとして、綺麗な姿のまま天寿を全うしていきました。





    何故、急にこんな事思い出したかというと、
    この前自宅近くのゲームショップのワゴンセールで100円のチョップリフターを発見し、
    懐かしさから再購入してしまいまして。何気なくプレイしてみるとこれが中々面白い。

    今調べてみると、あのバンゲリングベイ三部作
    「スペランカー」「バンゲリングベイ」「チョップリフター」
    シリーズの作品の様で、慣れてくると独特な微調整操作が楽しく、
    面数は4面と短いながらも十二分に楽しみながらクリアまでプレイ出来ました。

    こういう事もあり、幼少時の自分がこのゲームをつまらないと思ったのは、
    単にこのゲームをプレイする技量が自分に足りなかっただけで、
    祖母のゲーム選択眼は結構良かったのかなーと思い直しました。

    そんな祖母も今年で81歳、
    まだ、元気な内に「昔、ファミコンソフト買ってくれてありがとう」と、
    一言礼でも言ってみたくなるゲーム「チョップリフター」のHDリメイクが
    何と2012年にXBOX360向けにDLCとして配信されてるではありませんか
    http://choplifterhd.com/

    少し前にXBOX360を手放してしまい今手元にXBOX360は無いのですが、
    近い内に買い戻す予定があるので、そうしたら是非ともやってみたい一作となりました。

    皆もお婆ちゃんとゲームソフトは大切にしましょう。