• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

少しは成長しているといいな、と思う海燕さんなのであった。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

少しは成長しているといいな、と思う海燕さんなのであった。

2016-12-31 03:47

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

     創作小説第二弾として、『夜の花冠』という長篇を書いています。10万字overくらいで完結予定の作品で、『灰色猫と猟犬のダンス』と同じ世界を舞台にした吸血鬼ものです。

     で、そのために まず、雰囲気と構成を掴むため、適当に書きだしてみたのですが、あ、なんかすらすら書ける!と思ってしまいました。

     一作書き上げたからなのかどうなのか、どういえばいえばいいのかな、ようするにブログを書いているときに近い感覚で書けるのですね。いままで小説を書くのにはやたら手間がかかっていたんですが、それがより少ないエネルギーで書けるようになったといえばいいでしょうか。

     当然、スピードもいままでの倍以上になっていて、何かあっというまに書けてしまいます。自分でいうのも何ですが、何かひとつ「壁」を超えたかな、という感じですね。

     もちろん、本人がそう思っていても、周りから見たら「まるで成長していない……」ということも
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。