• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

女性蔑視が問題なら、男性蔑視だってやっぱり問題である。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

女性蔑視が問題なら、男性蔑視だってやっぱり問題である。

2017-12-04 07:00
  • 1
 ミサンドリーという言葉があります。男性嫌悪ないし男性蔑視を意味する単語で、ミソジニー(女性蔑視)とは対関係にあたります。

 で、Twitterで「まなざし村」と呼ばれている一群の人たちには、この種の感情をこじらせた人が非常に多いのですね。男性一般に対し、非常に下品で引用する気にもなれない罵言を投げかけている人が数多く見受けられます。

 そういう様子を見ているとつくづく思うのですが、男女の性差なんてほんとうに幻想なんだな、と。だって、彼女たちの言動や行動は、ミソジニーをこじらせた一部の男性と正確に対応しているのですから。

 ミソジニー系の男性が「女死ね!」と叫ぶのと同じように、ミサンドリー系の女性は「男死ね!」と叫ぶのです。いや、ほんと、似た者同士というべきで、なぜ仲良くできないのか不思議なくらい。

 まあ、それぞれ異なる事情があるのでいっしょにしてはいけないという指摘ももっともなのですが
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
弱いなら弱いままで。
更新頻度: 月間数十本
最終更新日:2017-12-11 01:48
チャンネル月額: ¥324 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

次回配信予定
  • 2017/12/12
    結局のところ、いったい男たちは百合に何を求めているのか?
  • 2017/12/13
    ジャンル小説は最終的にエンターテインメントから離れてゆく。
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。