<白熱神愛の特訓>で導く【神の愛=主イエス】!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

<白熱神愛の特訓>で導く【神の愛=主イエス】!

2017-09-14 13:16

    ◇◇<白熱神愛の特訓>で導く【神の愛=主イエス】!◇◇
    【2010年10月22日に作成した<第541回>に加筆】
    ~「NHKハーバード白熱教室」のブームについて考える~

    【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
    世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

    ご存知の通り、日曜日の夕方にNHK教育で放映された「ハーバード白熱教室」が
    静かなブームとなっています。

    米国では幼少の頃からディベートや自己意見を尊重する議論環境が充実しているので、
    ハーバード大学の1000人規模の大教室で行われるサンデル教授の「政治哲学」講義は
    簡単に結論を出せない社会正義や倫理道徳観など人類永遠のテーマについて
    哲学的思考が中心なので賛否対極の自己意見による白熱議論には見応えがありました。

    NHKは独自企画として、サンデル教授を日本に招いて、東京大学安田講堂において
    ハーバード大学と同様の1000人規模の講義を企画して放映しました。

    日常生活で社会正義や社会倫理に対し自己の見解を大聴衆の前で表明し議論できる
    議論環境や発言チャンスが乏しい日本でも多くの賛否意見で白熱教室が実現されました。

    「白熱教室」で気づかされる事があります。自己意見を明確に発言したり考えるには
    サンデル教授のように理想追求に熱心で誰に対しても可能性を引き出せるよう卓越した
    <熱血教師(導き手)>が必要であるという事です。

    ●凡庸な教師は、ただしゃべる
     良い教師は、説明する
     優れた教師は、自らやってみせる
     偉大な教師は、心に火をつける(ウィリアム・アーサー・ワード)
    ●大切なのはどれだけたくさんの事をしたかではなく、どれだけ心をこめたかです
    (マザー・テレサ)
    ●やって見せ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かぬ
     話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず
     やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず (山本五十六)
    ●師の跡を求めず、師の求めたところを求めよ(孔子)
    ●わがために仏を作る勿(なか)れ わがために経を写す勿れ わが志を述べよ
    (最澄の遺言)

    身近にサンデル教授のような<熱血教師(導き手)>がいなくても心配御無用です!
    私たちには<最高!最善!最美!>の<熱血教師(導き手)>で<いつも一緒!>の
    【真の友】【人生の伴侶・同労者】の【神の愛=主イエス】がいるからです!

    ●キリストは我が教師にあらず、我が救い主なり、我が生命なり、また我が復活なり
    (内村鑑三)
    ●<友人としての神>(内村鑑三)
     神は善き友人である。第一等の友人である。彼に祈祷を聞くの耳がある。
     恩恵を施すの手がある。神は名ではなく実である。道理ではなく性格である。
     帝王ではない友人である。
    ●世には友の振りをする、みせかけの友もある。
     しかし、兄弟よりも愛し、頼もしく親密なる友もある(箴言18-24)
    ●真の友はどんな時も愛し続けるものであり、苦難の時のために生まれた兄弟である
    (箴言17-17)
    ●私の命じることを行うならば、あなた方は私の友である(ヨハネ伝15-14)
    ●もはや、私はあなた方を僕とは呼ばない。
     僕は主人が何をしているか知らないからである。
     私はあなた方を友と呼ぶ。父から聞いた事をすべて、あなた方に知らせたからである
    (ヨハネ伝15-15)
    ●インヌマエル:神われらと共にいます (マタイ伝1‐23、イザヤ7‐14、8‐8)
    ●見よ、私は世の終わりまで、いつもあなた方と共にいる
     <Always,with you> (マタイ伝28‐20)

    【神の愛=主イエス】は私たち各自が<最善の道>を歩めるために<白熱愛の特訓>で
    私たちを常に前向きで積極的で肯定k的な<不屈の楽観・楽天主義>で導いてくれて、
    私たちが信じ望み愛する【ビジョン:理想・夢念・大志】が明確になって、私たちが
    目指すべき【ミッション:使命・天職】を体感できるまで、いつでもどこでも何度でも
    私たちと真剣勝負で向き合って、マン・ツー・マンで徹底的に付き合ってくれます!

    ●人は止まらんとし、神は動かんとし給う
     人は固執せんとし、神は溶解せんとし給う
     人は制定せんとし、神は産出せんとし給う(内村鑑三)
    ●<積極的人生>(内村鑑三)
     すべて神の約束は彼の中に是(しかり)となり、また彼の中にアーメンとなる。
     神は是なり、またアーメンなり。彼は万事において積極的なり。
     しかして、人は神を信じて希望の人、歓喜の人、満足の人、
     すなわち全然積極的人物たらざらんと欲するもあたわざるなり
     <すべてにおいて積極的人物となる!>(内村鑑三)
    ●見よ、わたしはあなたと共にいる。
     あなたがどこへ行っても、わたしはあなたを守り、
     必ずこの土地に連れ帰る。
     私は、あなたに約束したことを果たすまで決して見捨てない
     (創世記28-5)

    戦後体制が大崩壊して従来の価値観や世間的常識が通用しなくなった現代日本で、
    新たな価値観を打ちたて新時代を切り拓くために私たちは【神の愛=主イエス】の
    【神愛力=隣人愛】と【神愛奇蹟】に溢れた<白熱愛の特訓>の指導を受けて、
    【救国:日本民族精神復興&国体再建】【世界平和:自由&正義<隣人愛>の結実】に
    決起する【ビジョン:理想・夢望・大志】を<人生の旗印>に高く掲げて勇進し続ける
    【福音の勢力】&【愛と自由の戦士:義勇軍・神の僕・忠義の愛子・光の子】となって
    世界を舞台に私たち各自の【ミッション:大義・使命・天職】に活躍しましょう!

    ●<福音の勢力>(内村鑑三)
     福音は政治にあらず、しかれども国家を潔む
     福音は美術にあらず、しかれども美感を喚起す
     福音は哲学にあらず、しかれども思惟を刺激す
     福音は産業にあらず、しかれども富を増進す
     福音はこの世のことにあらず、しかれども人をその中心において
     活かすゆえに活動の全ての方面においてこの世を啓発す。
     この世以外の福音こそ、この世を救う唯一の勢力なれ。
    ●福音は社会のためにあらずして、社会は福音のためなり
     福音は顕れたる神の聖旨を実顕せんがために世を造り給いしなり。
     福音は目的にして社会は手段なり(内村鑑三)
    ●<キリスト教の真意>(内村鑑三)
     活動思索の全ての方面においてエホバの神を崇め奉る、
     これキリスト教の真実となす。
     -天体に神の栄光を探る
     -地層に神の御手の工(ワザ)を求む
     -詩歌に神の無限の愛をたたえる
     -美術に神の美妙の理想を現わす
     -農は神と共に神の地を耕すこと
     -工は神と共に造化の上に、さらに造化を加えること
     -商は神と共に神の物産を広く四方に分かつこと
    ●世に惨事多きや、福音を説くべし
     世に罪悪多きや、福音を説くべし
     国家を救わんと欲するや、福音を説くべし
     社会を改良せんと欲するや、福音を説くべし
     福音は世を救うための神の能(チカラ)なり(内村鑑三)
    ●人は一人もこれを信ぜざるも、我が福音は真理なり。
     人はことごとくこれを棄却するも、我が福音は真理なり。
     人はこぞってそのために我を排斥するも、我が福音は真理なり。
     我が福音は人の福音にあらず、神の福音なり。
     ゆえに我れは神に拠(ヨ)り、独り終わりまでこれを保持せんと欲す(内村鑑三)

    皆さんが<いつも一緒!>の【神の愛=主イエス】と【信仰:信愛・信頼・信従】の
    <相思相愛の主従関係>の【神の愛=主イエス】の<白熱神愛特訓>に鍛えられて
    <不屈の楽観楽天力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊能活気力】で
    【ビジョン:理想・夢念・大志】を<人生の旗印>に高く掲げて活躍されることを
    心より応援しています!

    ●<勝利の秘訣>(内村鑑三)
     我に力なし、しかれども我が全能の神は我が為に活動(ハタラ)き給う。
     我に知恵なし、しかれども我が全智の神は我が為に計策(ハカ)り給う。
     我が神、我と共にいまして懦弱(ヨワ)き拙劣(ツタナ)き我もこの世に勝ち得て余りあり。
     我は永久(トコシエ)にエホバの聖名(ミナ)に頼らん。
    ●私はキリストのためならば、弱さと侮辱と危機と迫害と行き詰まりとに甘んじよう。
     何故なら、私が弱い時にこそ、私は強いからである(コリント後書12-10)
    ●何をするにも人に対してではなく、主に対してするように心から働きなさい
     (コロサイ書3‐23)
    ●真っ先に人間に慰めを求めないで、神にそれを求めなければならない(ヒルティ)
    ●人を相手にせず、天を相手にせよ。天を相手にして、おのれを尽くし人をとがめず、
     我が誠の足らざるを尋ぬべし(西郷隆盛)
    ●信者が信仰を強められたいと願うなら、神に時を与えなければならない。
     神が信仰を試みられるのは、ご自身の子供にとってちょうど良い時に助け、
     救い出すことをどんなに喜んでおられるかということを実証するためなのである
     (ジョージ・ミュラー)
    ●信仰を強めるために重要な最後の点は、信仰の試練が来た時、神に働いていただき、
     自分の力で自分を救い出そうとしないことである(ジョージ・ミュラー)
    ●愛は万事に対する能力をもち、愛しないものならば力尽きて
     倒れる場合にも、多くのことを成し遂げる功を奏させる(トマス・ア・ケンピス)
    ●我が父の愛は無限なり、彼は我の滅びることを欲(ねが)い給わず、
     彼は我につきて永久に絶望し給わず、
     ゆえに我もまた自己につきて絶望することなく、
     彼の無限の愛を信じてはばからずして今日起ちて彼に往かん
     (内村鑑三:ルカ伝15‐18・放蕩息子の帰郷)
    ●神は我をして我以上の思想を語らしめ、我以上の事をなさしめ給う。
     神に頼る我は小なりといえどもはなはだ大なる者なり(内村鑑三)

    ハレルヤ!栄光を主に帰します。
    主の恵みに感謝します!アーメン

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

    メイル歓迎します!
    cforum@tanaka.name
    田中 聡(さとし)





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。