• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

新潟女児殺害事件の容疑者に過去の性犯罪歴が発覚で「性犯罪者GPS監視」論が急浮上
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

新潟女児殺害事件の容疑者に過去の性犯罪歴が発覚で「性犯罪者GPS監視」論が急浮上

2018-05-15 08:24
    今月7日、JR越後線の線路内で新潟市立小針小2年、大桃珠生(たまき)さん(7)の遺体が確認されるも、死因は轢死ではないなど不審な点も多く、犯人の割り出しが急がれていた新潟女児殺害事件。
    この事件が大きく動いたのは14日午後7時ころ、新潟県警捜査本部が同区在住の会社員・小林遼(はるか)容疑者(23)を死体遺棄と死体損壊の両容疑で逮捕したのだ。小林容疑者は容疑を認めているという。

    遺棄現場付近では、小林容疑者の所有する黒っぽい軽乗用車が防犯カメラなどに映っており、捜査本部は軽乗用車を押収して車内を調べるとともに、重要参考人として事情を聴いていた。

    小林容疑者は早くから捜査線に浮上していたようで、今年4月にも別の女子児童に対する青少年保護育成条例違反などで書類送検されていたことが露呈しているため、 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。