• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

麻原彰晃の長男のものとみられるアカウントが四女と弁護士に殺害予告!? 発端は遺骨騒動!? なりすましの可能性は!?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

麻原彰晃の長男のものとみられるアカウントが四女と弁護士に殺害予告!? 発端は遺骨騒動!? なりすましの可能性は!?

2018-07-12 10:11
    今月6日、平成の大事件「地下鉄サリン事件」がオウム真理教の教祖である麻原彰晃及び側近幹部6人の計7人に対する一斉死刑執行という大きな節目を迎えた。
    今も後継団体のあるオウム真理教では麻原彰晃の遺骨をめぐり様々なトラブルが発生しているわけだが、この派生騒動の続発具合は改めて事件の大きさを物語る。

    麻原彰晃の三女・アーチャリーこと松本麗華氏が遺骨を巡る「口頭」という受け渡し先決定について異論を名がかけたが、これを受け取る四女・松本聡香氏は「もうオウムを終わりにしませんか」と幕引きすべきと語ったため大きな支持を集めた。
    しかし、松本聡香氏は過去にも突然に麻原彰晃の声が聞こえるようになり江川紹子氏の元を去ったという経歴を持っているため、懐疑的な声も根強い。

    そして本日新たに発生してしまった騒動は、四女の代理人となっている滝本太郎弁護士が殺害予告に対する告訴を行ったという少々物騒なもの。
    一連のオウム事件では個人的な恨みやトラブルが多くの人の命を奪っているため、 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。