• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 志方俊之(帝京大学名誉教授・元陸将)×丹羽宇一郎(元駐中国大使・前伊藤忠商事取締役会長)基調対談レポート~危機管理産業展2017より~

    2017-10-29 18:00

     毎年秋に東京ビッグサイトで開催され、2017年で13回目となった国内最大級の危機管理トレードショー「危機管理産業展」。本年は1011日~13日に渡り開催され「防災・減災ゾーン」「セキュリティゾーン」「事業リスク対策ゾーン」の3分野に分かれた展示内容で、自治体・民間企業の危機管理担当者に最新の情報を提供した。


    0c5d8f45255b9be4b6575359c957dfb77ed42470



    毎年、この大規模展示の冒頭を飾るのが、帝京大学名誉教授で元陸将の志方俊之がホストを務める基調対談である。多彩なゲストを招き、その時々の日本を取り巻く安全保障情勢に関する対談が行われる。昨年は小野寺五典防衛大臣(当時は衆議院議員)、一昨年は小池百合子都知事(当時は衆議院議員)がゲストであった。本欄では、本年の基調対談の模様をレポートする。


    去る1012日に行われた基調対談では、前伊藤忠商事株式会社取締役会長で、2010年~12年まで民主党・菅内閣で駐中国大使を務めた丹羽宇一郎氏をゲストに「日本の危機管理はどう変わる~世界の大きな変化の中で~」というテーマのもと、60分に渡り対談が行われた。500名収容の会場は多くの来場者で埋め尽くされ、期待の高さを伺わせた。


    66c743a7cf72efa7231f3237f16a0a23297532fe



     

     

    領土問題は棚上げから“凍結”へ

    対談冒頭、志方氏は「北京に赴任されたのは尖閣諸島国有化の時期。対日感情が厳しかったのでは?」と切り出した。受けて丹羽氏は「どなたがやっても日中関係に満点の答えはない。ただひとつハッキリしているのは、島(尖閣諸島)の問題はおそらく解決しないだろうということ」と語り、領土問題を“棚上げ”してきた歴史的経緯に言及。そして棚上げが嫌ならむしろ“凍結”すべきと主張した

    45d5b2ae84db6458383c39a07f40f002b32f7673


    4d6d3cb598bcbc98d29677a6f5a5434dc9a919d5


    更に、日本が尖閣問題を譲歩出来ない理由として、島に付随する①漁業権と②資源の共同開発権の存在について触れた。一方で「中国は尖閣に対する日本の実行支配を暗黙のうちに認めてきた」とし、日中双方が“棚上げ”状態で了解しあっていたものを、今ここにきて決着をつけようとするが故に揉めていると現状を分析。「習近平とは13回面談したが、『中日両国は住所変更不可、だから仲良くするしかない』それが彼の基本的な考え方」とも語った。

     

    領土問題は解決が難しく“凍結”すべきと主張する丹羽氏に対し志方氏は、中国は14もの国々と国境を接しており、そもそも日本とは「国境」の概念が異なると指摘した。



     

     

    日中関係改善のために

    日中の領土問題を巡っては、中国公船による領海侵犯や中国軍艦によるレーダー照射事件、中国軍機による接近行動など軍事的緊張も高まる中、果たして両国は今後、どのように関係改善を図るべきなのだろうか?

     

    丹羽氏は、日中が直接の軍事衝突になった場合「制空権は軍機の数からいって中国に勝てない。領土問題は国同士の争いになると戦争しかない。しかし出来るだけ避けるように政治が動いていかなければならない」と語り、そして「世界が『日本の判断は正しい』と思うように持ち込まないといけない」と主張。現在の日中関係の冷え込みを改善し尖閣問題を解決するためには、安倍首相と習近平国家主席とが、島の①漁業権と②資源共同開発権について真正面から話し合うのが唯一の危機管理と語った。

    また、中国の南シナ海進出を例に出し、日本が示すべき態度は「対中強硬でもなく、米国追従でもなく、アジア諸国の“後ろ盾”になること」と主張した。



     

     

    北朝鮮問題も“凍結”と“話し合い”で解決

    一方で、昨今キナ臭さを増している北朝鮮情勢については「一番の問題は中国はもう北朝鮮と意思の疎通が出来ないこと」と語り、両国の対話ルートが無い事を示唆した。そして、現在の米国主導の“圧力”は、相手が金正恩のように危険人物の場合、追い込みすぎると「窮鼠猫を噛む」になる可能性があると指摘。米国による圧力は、日本を対米開戦へと引きずり込んだ「ハルノート」であるとし、このまま制裁を強化すれば同様の事態が起きると警鐘を鳴らした。そして、日本が米国の対北制裁を支持するのであれば、そこまで考えるべきと主張した。

     

    そして、北朝鮮に核開発を放棄させるためには、現在の核保有国自らが核の使用を凍結する必要があるとし、特に核大国の米露に対しては「アメリカには安倍首相が、ロシアにはメルケル首相が、現在保有している核の実験・運用・開発の全てを “凍結”するよう説得すべき」と主張。とにかく2年間、強いものが譲歩することでまずは北朝鮮の核開発を凍結させ、その間に話し合いの場に引きずり出すべきであるとし「その譲歩を引き出すことが安倍首相の仕事。世界が期待している」と語り、「とにかく解決に向けてやってみること。それが北朝鮮に対する危機管理の最重要点」と結んだ。

     



     

     

    日本が示すべき態度

    対談の終わりに際し志方氏は、丹羽氏の著作から「日本は資源が乏しく、武器となるのは“人と技術”しかない。頭脳流出だけでなく、若い人の理工科離れにも危機感を抱いている」との言葉を紹介。今年のノーベル賞受賞者に日本人が選ばれなかったことを例に挙げながら「何十年もかけて育てたものがノーベル賞という結果に結びつく。目先の問題しか見ない日本は、“人と技術”だけが武器で、核も持たないとなれば、将来、地球から消滅するのではないか」と警告を発して締めくくった。



     

     

    今こそ「危機管理」を常識に

    「危機管理産業展」は毎年秋に開催され、事前登録を行えば無料で入場可能となる。実際に会場内を歩くと、自治体、民間企業(中小企業から大企業まで)、自衛隊、消防…と多様な展示ブースと実演を見ることができ、期間中は様々なセミナーも開催されている。また、併設展である「テロ対策特殊装備展」は、来場者を治安関係者や重要インフラ事業者に限定したクローズドショーとなっており、より専門性の高い展示が行われている。

     
    80116f16ba859f1593071cf90b7246782e00a95f

    2011
    年東日本大震災の年には、除染対策、放射線防護、津波や帰宅困難者対策などの展示が目を引いた。御嶽山が噴火した翌年、2015年の自衛隊展示ブースでは、実際に捜索活動に使われた探知機が展示されたほか、活動にあたった隊員からも話を聞く事が出来た。またここ数年の傾向としては、ドローン展示の増加も挙げられるだろう。

     

    本年は、東京オリンピックに向けたテロ対策ブースや自然災害対策ブースのほか、8月と9月に北朝鮮のミサイルが日本列島を横断したこともあり、Jアラート関連の展示ブースが人目を引いていたことを添えておきたい。このように、同展では今の日本が直面している「危機」が何であるかを肌で感じ、その対策には何を用意しどのように心構えをしたら良いかを考えるきっかけを得ることが出来る。

     

    筆者は志方氏から、危機管理の心構えとは「悲観的に備え楽観的に行動せよ」であると教わった。2020年東京オリンピック開催が迫る中、北朝鮮有事が現実味を帯び、自然災害とも付き合い続けなければならない列島に暮らす以上、一度、同展を訪れ自身の周りの危機管理を点検してみては如何だろうか?

     

    2017.10.29
    DHCテレビジョン


    ◆開催概要

    『危機管理産業展2017

    日にち:20171011日(水)~13日(金)

    主催:東京ビッグサイト

    特別協力:東京都

    特別併催企画展:『テロ対策特殊装備展’17

    特別併催企画:『サイバーセキュリティーワールド2017

    公式HPhttp://www.kikikanri.biz/

     

    2016年の同展レポート映像

    志方俊之『危機管理と日本の安全』#69~危機管理産業展2016(前編)小野寺五典×志方俊之基調対談~

    YouTubehttps://www.youtube.com/watch?v=3wBw_6KMY1I

    201712月末までの配信となります。

    ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/watch/1482411760

     

    志方俊之『危機管理と日本の安全』#70~危機管理産業展2016(後編)~

    YouTubehttps://www.youtube.com/watch?v=-YLcmT_4W3g

    201712月末までの配信となります。

    ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/watch/1482717804

     

    ◆志方俊之氏の監修・出演番組

    『危機管理と日本の安全』アーカイブ

    ニコニコ動画:http://bit.ly/2gFVPZl

  • 「歴代天皇の"祈りと歌"が、日本をつくってきた」 番組レポート 〜加瀬英明×馬渕睦夫『日本らしい国づくり』vol.4「日本をつくる天皇の仕事」〜

    2016-12-07 12:00
    b94eb19fd33023973195a5108e9fd27b39f4c4a0
    「歴代天皇の"祈りと歌"が、日本をつくってきた」

    ★番組レポート★ 2016.12.7 up
    〜加瀬英明×馬渕睦夫『日本らしい国づくり』vol.4「日本をつくる天皇の仕事」より〜

    「DHCシアター」の『日本らしい国づくり』。この番組は外交評論家の加瀬英明氏(79)が「日本とは何か」「現代の日本人が忘れてしまった、元々日本が持っている魅力とは」といったテーマで送る月イチの対談番組。第4回は元外交官の馬渕睦夫氏(70)がゲストで登場した。テーマは昨今有識者会議なども開かれ俄然注目の「天皇」である。

    冒頭、“「生前退位」という呼称は今後「譲位」と改める”、という産經新聞の記事を紹介しつつ(まったくその通りである)、「天皇のお仕事」の話からスタート。

    番組によると、天皇の仕事(行為)は三つに別れるそうだ。首相の任命や国会の召集などの〈国事行為〉、外国や国内各地方への訪問、園遊会や歌会始、外国賓客の接受などの〈公的行為〉、祭祀や趣味、学術研究など〈その他の行為〉である。

    それらのうち、「“これをやらないと天皇じゃない”と言えるものは二つしかない」と加瀬氏は言う。

    その二つとは、「祭祀」(さいし)と「歌を詠むこと」。馬渕氏も同じ見解だ。

    a693a5b58b2e8981178c699c2f6afff894714220

    馬渕氏が指摘するように、天皇についての今の日本人の大多数の認識は「国事行為や災害被災地の訪問をされるお方」だ。つまり公務で天皇を見ている。

    しかしお二人は、天皇を天皇たらしめるものはむしろ、“私的な行為”として分類されてしまっている「祭祀」にあると言う。宮中祭祀が私的行為に分けられるというのも意外だったが(日本国憲法の影響なのか…)、この指摘にはあらためて、「天皇とは何なのか」と考えさせられた。

    解説によれば、天皇は年に約20回ほど、国と国民のために祭祀を行う。(大晦日深夜から元旦の日昇前までにかけて行われる四方拝や、11月23日に行われる新嘗祭は特に重要とのことで詳細な解説もあった。)

    cff021eb7d0ff5f6506772cd963a73e3e8c46a45

    しかも毎回、天皇が宮中の神殿で祖先の天照大神に祈る間、他の皇族方も各自の部屋で、一緒に祈っているのかどうか、とにかく身を慎んで祭祀が終わるのを待っているという。「元首が一族をあげてこんなことをする国は世界中どこにもない」と加瀬氏は感嘆していたが、まったく同感である。

    天皇を天皇たらしめるもう一つの事柄、「歌を詠むこと」についてはどうか。

    2f5b7b2eb4646fa0b62654926dc681c604ac7f62

    お二人は、日本の和歌は言葉がそのまま祈りであり、歌をつくることは祈りの作業であること、歌を詠むことは「言霊」を発生させることと強調する。

    言われてみれば確かに、天皇陛下や皇后陛下が歌会始などで世相を思って詠まれる歌には「日本がこうあってほしい」という祈りが感じられる。しかも和歌は詩形式が現代まで変わらず、古代の歌が今もそのまま味わえる。これは欧米や中国の詩にはない特長なのだそうだ。

    そんな話が“カラオケ論”に展開していったのも面白かった。加瀬氏によれば、カラオケで画面に流れてくる演歌の歌詞を見ると、「生命」は「いのち」、「別離」は「わかれ」というふうに、漢語は必ず大和言葉の読みになっている。(た、たしかに!!)またそれをすかさず馬渕氏が、「漢語は言霊になれないんです」と受ける。駐ウクライナ大使在任中には、日本語がまったくわからないのにお国の詩を日本語の朗読で聞いて涙がとまらなくなった外国の大臣もいたそうで、馬渕氏はこのとき、日本語(大和言葉)には言霊が宿ると実感したらしい。

    518c3521ee4d82f28493ad54a3e5226bffa5503c
    ※↑こんな物騒な質問にも答えて頂きました(運営 注)

    この他にも番組からはいろんなことを教わった。

    たとえば、日本の元首(天皇)が古事記の時代から非独裁的であったこと。高天原で神謀った(かむぱかった)ことを天照大神にうかがって物事を決めていたこと。「個人主義」とは明治期に入ってきた輸入ものの思想で、日本には本来馴染まないこと。高天原系の男神と地上系の姫のあいだで結婚が繰り返されるパターンが示すように(精神世界と物質世界の結婚)、何事も極端に振れないバランス感覚を、古来より日本人は大事にしてきたこと、などなど…。それらの話を聞くにつれて、「日本とは何か」「日本が元々持っている魅力とは」といったテーマへの答えが、自然にわかってくる気がした。

    番組が終わって画面を消した後、和歌の形式がずっと変わらないという話に続けて馬渕氏が言ったことをあらためて思い出した。

    「国もそうなんです。西洋は現代のギリシャと古代ギリシャでは別ものですが、日本は現代の日本と古代の日本に断絶がない。日本はずっと日本であり、日本人はずっと日本人だったのです」

    “日本らしい国づくり”――こんなところにもヒントがあるのではなかろうか。

    2016.12.6  真相太郎

    ※画像追加・文章一部編集:シアターネットTV運営

    d3c739f1efc1ab95ee25be11c2209626cd1558a7
    <余談>
    なお、アシスタントの村松えりさんは、ずいぶんおっとりしてお上品な方だなと思っていたら、作家の村松剛さんの姪であり、女優の村松英子さんの娘なんだとか。三島由紀夫と縁が深い人たちの中で育って来た方だったとは・・・今後ともますます注目させて頂きます(笑)。


    【動画URL】
    シアターネットTV(ニコニコ動画):http://www.nicovideo.jp/watch/1480654557

    YouTube :https://youtu.be/vfZBq--fegU (無料配信中 / 期間限定)
     
    DHCシアター番組ページ https://www.dhctheater.com/season/268/
    (ご意見・ご感想などお寄せ下さい)



  • 「孤独の天皇陛下。日本国民に求められている決断」 DHCシアター 日下公人×倉山満『日本出動』第12回<テーマ:天皇の孤独>60分編集版を観て

    2016-10-31 18:24

    fb7d22bbbf2c3a8d2398bf0a2e1904db77c969b6

    「孤独の天皇陛下。日本国民に求められている決断」

    ー 日下公人『日本出動』第12回 <テーマ:天皇の孤独 ゲスト:倉山満>
    60分編集版を観て ー

    ネット&CSテレビ局のDHCシアターが、天皇陛下の“いわゆる「生前退位」”問題を放送(配信)した。

    評論家の日下公人氏86)が、今の日本の様々な問題について解決の途を探る対談番組『日本出動』だ。「生前退位」問題を取り上げたのはその第12回目。タイトルは「天皇の孤独」。ゲストは憲政史家の倉山満氏42)だ。

    実は8月下旬の生放送の時も拝見したのだが、この度60分に編集したバージョンが配信されたというので、有識者会議なども開催されて(「第1回 天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」20161017日開催)、気になるこの問題、再度観てみた。

    792f1313855bbb9b26b0c19909e1a97344ad7b53

    ※8月8日の天皇陛下のビデオメッセージを聞いた時の日下氏の感想
     

    各トピックについて、内閣法制局など反対派陣営の主張を理詰めで論破するのが倉山氏。
    そこに日下氏が大ナタをふるっていく。

    今回の編集版では、関連する憲法学者の説やプロフィール、それに宮中祭祀の簡単な解説もテロップで流れてくるので、8月に見たときよりもかなりわかりやすかった。話がすいすい頭に入ってくる。
    雑誌の対談記事がしゃべったそのままを載せても記事にならないのと同様に、動画番組も編集しないと本当に伝えたいことはうまく伝わらないのかもしれない。(しかし生放送と編集版と、どちらが好みかは人によって分かれそうだ)

    キーワードは「東大憲法学」「内閣法制局」「皇室会議」「典憲体制」「宗教戦争」・・・。さらに日下氏が何度も繰り返す「個人として」「人として」が加わる。

    中でも個人的に一番重要と思ったのは、後半も終盤、「天皇を守る人はいるのですか?」という視聴者の質問に答えた中の、52:00からの内容だった。

    31cfb6687917e09f52b14fc04da77cbf543c8d12

     倉山氏が師匠筋にあたる京都大学・佐々木惣一教授の教えとして紹介した、
    「結局皇室を守るのは国民である。国民が皇室を見捨てた時に皇室は終わる。そしてその時に日本は日本でなくなる」という言葉。

    また、日下氏が言った「天皇の日本」というフレーズ。

    さらに倉山氏は、近代憲法以前のはるか昔から続いてきた「皇室」および「天皇の日本」を、戦後占領国(アメリカ)がおしつけた憲法の発想で扱うことが、最初からすでにナンセンスだということを語る。日下氏も同意見のようだ。

    91d9330087f174250751cd7d184b0c2893ddffd6


     
    二人が一致する「皇室を巡る憲法論争は宗教戦争」という見解の意味するところは何だろう。

    番組によれば、大日本帝国憲法の頃の日本では、行政府と皇室は対等の関係だった。キーワードの「典憲体制」はこれのことで、皇室典範と帝国憲法は対等に扱われていた。しかし敗戦後、新憲法(日本国憲法)では皇室典範が憲法の下位に落とされた。

    つまり、「憲法論争は宗教戦争」というのは、いわば国内で新憲法教〟と旧憲法教〟が戦争をするようなものであり、しかも絶対不可侵という教義〟に凝り固まって原理主義の悪弊に陥っているのはむしろ前者のほうである、ということらしい。

    そしてこれは筆者の妄想だが、戦争には必ず、漁夫の利を狙う輩がいるものだ。日本が「内戦」を続けることで一番得をする国はどこか。…海の向こうの大陸の赤い旗が気になってしょうがないのは、気のせいだろうか。。。

     da45b073e6a79309c45eaf216c9f9997f58cc13a

    そして番組はシメにさしかかり、日下氏と倉山氏は最後に揃って、「しかし、今回の件は本来なら憲法が絡む話じゃないんです。体が衰えて務めを果たすのがツライから今後を相談させてほしいとお願いしている人を無視するか、応えるかの話なんです」と語った。

    今回の番組で初めて知ったが、天皇は毎年、大晦日の夜(元旦の早朝)は、宮中三殿の前で玉砂利の上に正座して、災害で大勢の人が亡くなったことや社会で痛ましい事件が起きたことなどを年始から年末の分まで思い出し、「私を責めてください。そして国民は年が明けたら生まれ変わった気持ちで明るい生活に戻らせてあげてください」と、ご先祖様(天照大神ほか様々の神様)にお祈りされているそうだ。(後で調べたらこれを「四方拝(しほうはい)」というそうで、少なく見積もっても1400年以上前から毎年続く重要な儀式)


    癌の手術も二回経験している82歳の高齢者に、まだそんなことを‥‥! そう、させている。させているのは憲法論議に持ち込んでほっかむりを決め込んでいる為政者たち。でも、彼らを信任したのは私たち国民なのだ。である以上私たち国民も、人として、「天皇の孤独」に、向き合うべきではないか…。


    DHC
    シアターは今後も「生前退位」の問題を追うようだ。引き続き注意して見ていきたい。


    2016.10.31  真相太郎によるレポート
    ※画像追加:シアターネットTV運営

     
    【番組URL】
    ★YouTube:https://youtu.be/xaH8lAVgNPs (無料配信中 / 期限あり)
    ★ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/watch/1476176288
    (シアターネットTV会員限定 / 無期限)

    ★DHCシアター(スカパー!プレミアムサービス547ch)「日本出動」ページ
    https://www.dhctheater.com/season/257/


    a9a28f10cc6202d62e9c92dc0b244de6ac1b9991
    ※私たち国民は残酷なことをしている(いた)のだろうか… 序盤、日下氏からの問題定義