• このエントリーをはてなブックマークに追加
高森ウィンドウズ#322 『譲位制の恒久的ルールは可能』 配信!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

高森ウィンドウズ#322 『譲位制の恒久的ルールは可能』 配信!

2017-01-11 13:49
  • 1
ゴー宣ネット道場チャンネル最新動画
高森ウィンドウズ#322
『譲位制の恒久的ルールは可能』
配信しました!
どなたも無料で
ご覧いただけます。
天皇陛下が皇室典範改正による
譲位の恒久制度化を望まれていることは
明らかであるにもかかわらず、
政府の「有識者会議」は典範改正を行わず、
「特例法」で済まそうとしている。

その理由として、座長代理・御厨貴は
「譲位の要件について恒久法で定めることは
困難だから、特例法で定めることが
最も合理的」と説明している。

あまりに無知・無能!

実は御厨は、政府が
「一代限りの特例法」の意向であることを受け、
その線で議論を進めたということを認めている。
全く政治的な意図に基づく
「結論ありき」の会議だったのである。

100年後でも、1000年後でも
通用する恒久法は作れる!

それは
「天皇陛下ご本人のご意思に基く」
「皇室会議の議決を経る」
「皇嗣が成年に達している」

この3つの条件を
入れさえすればいいのである。
チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
ゴー宣道場ブログ
更新頻度: 不定期
最終更新日:
チャンネル月額: ¥540 (税込)

チャンネルに入会して購読

×
『高森ウィンドウズ』高森師範に質問させていただきます。

今、天皇陛下の譲位制度の法整備に対して、右も左も関係なく、
全国民で考え、議論しなくてはいけないと思います。国会議員も、
与党も野党も関係なく、考え、議論しなくてはいけない。

もちろん与党議員の中で、特例法でなく皇室典範改正でやるべきという、
王道の主張をする人が多数出て来るのが、最も真っ当なのですが、
与党のおかしな現状では、野党議員にも頑張ってもらわなくては
なりません。

そこで、参考になるかもしれないので、お訊ねしたいのですが、
昭和22年、皇室典範が新たに法律として制定されるまでに、
野党の議員たちが果たした役割というものは、何かあったのでしょうか?
教えてください。

敗戦直後、与党と野党とGHQの関係というものはどうだったのか、
全然分からないのですが。

明治22年の旧皇室典範裁定、また明治40年・大正7年の増補裁定に関して
は、皇族会議および枢密顧問だけで定められ、帝国議会議員は、
ましてや野党議員は、全く関与していない、ですよね?
それでも、世論作りに、野党は役に立っていたのでしょうか?
今と違って、与党が世論にもっと配慮していたのでしょうか。
5日前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。