• このエントリーをはてなブックマークに追加

レビュー

ストーリー

日本宇宙開発局、富士宇宙飛行センター(FAFC)は、火星へロケットを発射した。そのロケットから離脱に成功した。アストロ・ボート、AABγ号は順調な飛行であった。だが、突然、謎のUFOの妨害に遭い、やむを得ず、月ステーションへ一時着陸した。
そして、火星へ再出発したのだが、またもUFOの妨害に遭い、謎の発光体だけを採取し、地球に帰還することになった。
ところが、この謎の発光体こそが、宇宙大怪獣ギララに突然変異したのだった。
大船撮影所に特殊ステージを設け、フィルム合成、色彩テストなどを徹底的に研究、精鋭スタッフによって創られたSF大作は、当時としては画期的。宇宙大怪獣ギララの名は、一般のファンから募集し付けられたもの。

1967年製作・88分

©1967 松竹株式会社

監督

二本松嘉瑞

キャスト

和崎俊也/原田糸子/園井啓介/藤岡 弘/岡田英次/穂積隆信