ドラクエ6縛り付き人生プレイ 2017年改定ルール
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ドラクエ6縛り付き人生プレイ 2017年改定ルール

2016-12-11 19:14
  • 3

2017年に新たに始めた冒険から適用予定です。変更部分は背景色付き、初投稿以降の追記部分は下線付き、削除部分は取消線付きで記載しています。

■原則

  • 初期上限レベル「47」「50」
  • 主人公は、作戦が「めいれいさせろ」以外の時、現在の職業の特技とその前提となる職業の特技を使用可能。ただし、勇者のときに前提職を複数極めている場合は、いずれか一つの前提職の特技のみを使用可能(区間ごとに選択)

(例1:バトルマスターのときは、バトルマスターの特技に加え、戦士と武闘家の特技も使用可能)
(例2:バトルマスターとスーパースターを極めて勇者になっている場合、勇者の特技に加え、区間ごとに「バトルマスター+戦士+武闘家」または「スーパースター+踊り子+遊び人」のいずれかの特技を使用可能)

■上限レベルについて

  • 主人公が特定の職業に初めて就いたとき、上限レベル低下
    • バトルマスター:2低下、スーパースター:3低下、賢者:4低下
    • 上記の職業のうち複数に就いた場合は、最も上限Lvが低下する値のみを適用する。
  • ルーラやキメラの翼で天井に頭をぶつけたら、上限レベル1低下

■区間について

  • 区間ボス撃破後の強制イベントが終わり、メンバー全員が自由に行動できるようになった時点で区間突破とする
  • 区間突破後、作戦ルーレットを回すまでの間をインターバルとする。インターバル中は縛りを解除し、「イベント進行」「フロア移動」「戦闘」「アイテムやお金の入手」以外、自由に行動可能

■コメント縛り

  • 以下の縛りは却下(取り直し)可能
    • ブラスト区間以降、「直前区間のコメント縛り」と同じ系統の縛り
    • 「にげる」を強制する縛り
    • 戦闘中の行動を複数ターン連続で指定する縛り
    • 立て直しが不可能な状況下でアイテムをお金を捨てる縛り
    • カジノコインを強制的に消費させる縛り
  • 以下の縛りは可。ただし以下の各項目いずれかの範囲を「超える」縛りは却下(取り直し)可能
    1. キャラ1名を使用禁止とする縛り
    2. キャラ1名を馬車外に固定する縛り
    3. 馬車外に出せるキャラ数を通常より1名減らす縛り
    4. キャラ1名を無装備(およびそれに近い状態)にする縛り
    5. 装備1箇所(武器・鎧・盾・兜・装飾品)が全員無装備(およびそれに近い状態)になる縛り(1箇所+若干であれば可。2箇所ほぼ無装備は不可)
    6. 文字を指定して装備品を縛る場合で、禁止装備・アイテム判定ツールでチェックして全装備品の50%以下が禁止されるもの(文字縛り2個ならば75%、3個ならば87.5%まで禁止可能)
    7. 戦闘中の行動を期待値で50%(仮)以下指定する縛り
    8. 転職を禁止する縛り
    9. 売買を完全に禁止、またはほぼ禁止する縛り
    10. 装備の変更を禁止する縛り
    11. 戦闘中の回復手段(呪文・特技・道具)のいずれか1種類を禁止する縛り
    12. 移動中または戦闘中に、コマンド1種類が使用不可となる縛り
  • 複数の縛りの組み合わせによる場合でも以下の状態は無効とし、縛りの取り直しも含めて適切なバランスになるように対処する。
    • 主人公による戦闘中の能動的な回復手段が一切無い状態(奇跡の剣の効果や勇者による自然回復は、能動的な回復手段には含めない)
    • 戦闘中の行動が複数ターン連続または期待値50%(仮)を超えて指定されている状態
    • 第2区間のハッサン加入以降、全員がほぼ無装備となる状態

■その他細かいルール

  • デュラン区間でドレッサーランク3に勝てるかどうかは、レベル35無職(仮)の基準でドレッサー研究ツールにより判定。縛りを適用すると勝ち目がない場合、縛り免除かつペナルティ無しでランク3まで勝ち抜き可能
  • 「ねる」を使用した場合、一度戦闘するまでフロア移動禁止
  • 固定敵として出現するホラーウォーカー+格闘パンサーおよびデビットとは、死者が発生しない限りそれぞれ1度ずつのみ戦闘可能

《補足》

コメント縛りについて、過去に指定されていた縛りを例に挙げると、以下の縛りは今後は取り直しとなる可能性があります。

  • 進行に必須でないNPCとの会話禁止・・・8.および9.に反する。転職禁止が含まれる縛りについては、転職のみ例外として採用する場合あり。
  • 道具欄変動禁止・・・装備が変更できないうえに消費アイテムの使用もできないため、10.に反する。
  • 回復コマンドはアイテムのみ・・・回復呪文と回復特技が禁止となるため11.に反する。
  • コマンド開くの禁止・・・移動中に「じゅもん」「どうぐ」「つよさ」「さくせん」コマンドが禁止となるため12.に反する。
  • 戦闘中左右キー禁止・・・戦闘中に「とくぎ」「どうぐ」「そうび」コマンドが禁止となるため12.に反する。
広告
×
初期上限レベル「46」
主人公がバトルマスターに転職→上限+1
主人公がレンジャーに転職→上限+3

とかどうすかね
元々強力な賢者勇者、ルール改定で大幅強化を受けるスパスタ勇者と比較して、まだまだ上2職とは格差は大きい
特にレンジャーは前提職が3つで難易度高いので、なれた場合『+3』で
主人公の勇者ルートのバランスとるならこれくらいが妥当かなーと思いまする 参考になれば
7ヶ月前
×
ありがとうございます。

上級職への道を断念して下級職で通すのがいちばん辛いので、
デフォルトの上限レベルを上げて、勇者へ繋がる各上級職に就いた時に上限低下という風にしてみようと思います。

初期上限Lv50
賢者に就いたとき:上限Lv-4
スーパースターに就いたとき:上限Lv-3
バトルマスターに就いたとき:上限Lv-2
レンジャーに就いたとき:上限Lv変化無し
魔法戦士・パラディンは勇者に繋がらないので上限Lv変化無し
※複数の上級職に就いた場合は、最も上限Lvが低下する値のみを適用する。(賢者とスーパースターに就いた場合は上限Lv-7ではなく、-4となる)

こんな感じでしょうか。
レンジャーは前提職が一つ多いことを考慮して、実質Lv1ずつの差を付けてみました。
もし賢者に就いた場合はそれだけで上限Lv46となるので、現在よりも厳しい展開となります。
7ヶ月前
×
今回からvsロブも消しますか?まあ、見つからなくなったようなので消しても影響なさそうですけど
7ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。