• このエントリーをはてなブックマークに追加

あらすじ

奥多摩・水根に駐在する警察官・江波敦史(寺島進)は、かつて警視庁捜査一課の刑事として活躍していた。しかし担当事件の取調べ中、重要参考人の中瀬由紀子(杉本彩)が服毒自殺したことで左遷されることに。赴任してから4度目の夏。今や地元では“駐在さん”と呼ばれ慕われている。
ある夕方、江波は山岳ガイド・池原孝夫(鈴之助)に呼び出され、奥多摩山岳ガイドセンターへ。登山道具がなくなってしまったという。盗んだのは合宿に来ている少年山岳会の三田浩樹(小林喜日)だった。大人でも過酷な槍ヶ岳のクラシックルートを登りたくて持ち出したと江波に打ち明けるが、そこにはある理由が…。
駐在所では、老舗旅館の女将・池原美也子(市毛良枝)と、アウトドア用品メーカーのサンレイ副社長・羽川雄一(飯田基祐)が、江波の帰りを待っていた。宿泊客の権藤則夫(大浦龍宇一)が森から帰ってこないという。サンレイでは、水根で “サンレイの森”というレジャースポットを作る大規模計画が進行中で、権藤はその計画責任者。だが早速森へ向かった3人が発見したのは、権藤の撲殺体だった。

2017/10/21 00:00 投稿

ドラマ特別企画 駐在刑事スペシャル

『本物の正義とは?』『本当に守るべきものとは?』元警視庁捜査一課の敏腕刑事だが、ある事...

再生 4

コメ 0

マイ 0

ニコニコポイント432pt7日間

スタッフ

【原作】 笹本稜平 「駐在刑事」(講談社文庫)「駐在刑事 尾根を渡る風」(講談社文庫)
【脚本】 田子明弘
【監督】 皆元洋之助

キャスト

寺島進 北村有起哉 笛木優子 中尾明慶 梨本謙次郎 / 国生さゆり 飯田基祐 紺野まひる 東根作寿英 冨家規政 品川徹 / 市毛良枝 黒木瞳