『Elements Garden』のお話【音楽製作ブランド】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『Elements Garden』のお話【音楽製作ブランド】

2013-03-21 01:59



     エレガことElements Gardenは、
    今や美少女ゲーム界を代表する音楽制作ブランドですが、
    正式な結成は2004年3月からです。簡単に結成までの経緯をたどってみます。

     2000年~2001年頃、世田谷区に美少女ゲーム曲の製作業務を請け負っていた、『リバーサイドミュージック』という音楽事務所がありました。この事務所は名作『みずいろ(ねこねこソフト)』や『グリーングリーン(GROOVER)』などの作品に関わっており、2002年7月に自社レーベルとしてfeel』を発足させました。このfeelElements Gardenの前身であり、現エレガのメンバーである”上松範康”、”藤田淳平”、”藤間仁”が所属していた部門です。4/15楽譜公開予定の『フーリガン』ED、「君の中の勇気」はこのfeel時代に製作しています。

     その後2004年3月にこの3人が『Elements Garden』を立ち上げ、現在に至ります。”菊田大介”は最初上松さんのアシスタントだったそうですが、後に曲作りに参加するようになりました。2004年6月に活動を終了したfeelですが、リバーサイドミュージック時代から今のエレガまで大きく関わってくるのが、現在、株式会社Sの社長であり、自身も多くの美少女ゲーム曲を手掛ける”佐藤ひろ美”です。(株式会社Sは飛蘭、μ、新田恵美などが所属する音楽マネージメント会社)

     佐藤ひろ美といえば、美少女ゲーム歌手の代表的な存在で私も大好きですが、実はElements Gardenと共に歩んできた最古参のアーティストです。デビュー曲『シールド(カナリア ED)』は作編曲を上松が担当しており、フリーだった彼女は所属事務所を、馴染み深かったリバーサイドミュージックに決めました。以後、佐藤はアーティストとして、エレガはサウンドクリエイターとして、素晴らしい曲を世に送り出していくことになります。

     Elements
    Gardenの魅力の1つに、「生楽器を大胆に取り入れる」という点があります。
    この事は佐藤ひろ美も語っていますが、初期メンバーがそもそも弦アレンジが得意だったので
    エレガの曲にストリングスが活きた曲が多くなるのは、ある意味自然だったのかもしれませんね。もちろんストリングスだけでなく、どんな作品にもマッチした幅広い楽曲を提供してくれます。

    ここでメンバーの紹介をしていきましょう。

    上松範康(あげまつ のりやす)―

     ・Elements Gardenの代表取締役。
     ・長野県出身(35歳)、天才肌。
     ・妹は上松美香(水樹奈々のLIVEでアルピスタとして参加。)
     ・アグレッシヴなストリングスアレンジを得意とする。
     ・曲はスタジオミュージシャン泣かせの鬼譜面(らしい)


    藤田淳平(ふじた じゅんぺい)―

     ・元エンジニア。
     ・長崎県出身(33歳)、努力家。
     ・妻は歌手のSuara(Leaf作品の主題歌を多く手がけている。)
     ・飛蘭のバックバンドのキーボディスト。
     ・生音と打ち込みの塩梅が絶妙で、幅広い楽曲作りに定評がある。


    藤間仁(ふじま ひとし)―

     ・東京都出身(31歳)、しっかり者。
     ・妻は上松美香。
     ・南米へのギター留学経験がある。
     ・上記2人に比べると、アコースティックな楽曲が多い。
     ・民族調の楽曲も担当している。


    菊田大介(きくた だいすけ)―

     ・30歳。新しいことに挑戦して止まない。
     ・ランチパック愛好家
     ・はぴねす!の「ZERO」が自分の得意とする音楽的な方向を認識させてくれたと語る。
     ・ドラマチックな曲調で、爽やかな曲を作り出す。
     ・デジタルサウンドを生かした、耳に残るフレーズが特徴的。

    中山真斗(なかやま まさと)―

     ・福井県出身(26歳)、2007年より参加。
     ・ギタリストらしくロックアレンジを得意とし、作詞やベースもできる。
     ・飛蘭やALcotの楽曲を多く手がける。

    母里治樹(もり はるき)―

     ・2009年より参加。
     ・ストレートに心に響くメロディを作る。

    岩橋星実(いわはし せいま)―

     ・元アシスタント、2011年より楽曲制作に参加。
     ・参加作品「中の人などいない!」「ウィッチズガーデン」等。

    喜多智弘(きた ともひろ)―

     ・元アシスタント、2011年より楽曲制作に参加。
     ・参加作品「グリザイアの迷宮」「竜翼のメロディア」等。

    Evan Call(エヴァン コール)―

     ・バークリー音楽大学出身のアメリカ人。
     ・オーケストラ用の楽譜を手がける。


    ざっと見てきましたが、個性派揃いですね。(*´ω`*)
    次に、主な楽曲提供アーティストを見ていきましょう。(美少女ゲーム限定)

     ・佐藤ひろ美(「ZERO」「Believe Forever」等)
     ・榊原ゆい(「Aqua voice」「STAR LEGEND」等)
     ・NANA(「Be Natural」「Try on!」等)
     ・片霧烈火(「Answer」「紅空恋歌」等)
     ・飛蘭(「Reconquista」「終末のフラクタル」等)
     ・真理絵(「百花繚乱ファンタズム」「SHINE RING」等)

    勿論まだまだいますが、代表曲と言われるのは全てエレガ作曲だったりするから驚きです。
    ついでに、主な楽曲提供ブランドを見ていきましょう。(びsy(ry

     ・ういんどみる(「はぴねす!」「祝福のカンパネラ」等)
     ・あかべぇそふとつぅ(「車輪の国、向日葵の少女」「G線上の魔王」等)
     ・Whirlpool(「77」「竜翼のメロディア」等)
     ・feng(「あかね色に染まる坂」「星空へ架かる橋」等)
     ・ALcot(「幼なじみは大統領」「鬼ごっこ!」等)
     ・フロントウイング(「ほしうた」「グリザイアの果実」等)
     ・ねこねこソフト(「サナララ」「ラムネ」等)

    まだまだ書きたいことはありますが、これ以上は私のエレガ好き具合をただ書き連ねるだけの独り言になりそうなのでw今回はこの辺で。
    これを期に、美少女ゲームの曲を作っているのってどんな集団なんだろう?と興味をもっていただけると幸いです。この人が作る曲調好きだなぁとか、自分の嗜好がはっきり分かるかもしれませんね。^ω^ 

     Elements Gardenの皆さん、応援しております(・ω・*)



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。