ポケモンレート第4シーズン【雨パ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ポケモンレート第4シーズン【雨パ】

2014-07-06 00:37

    今日で僕が第4シーズンに潜るのは最後になると思いますので、振り返り&紹介をば。
    見てのとおり雨パ。天候ターンの制限、フェアリータイプの登場、特殊技の威力低下など
    仕様変更の影響をもろに受けてしまっている雨構築ですが、シングル第4シーズンはあえて
    これでどこまで行けるのか試してみました。第6世代における雨パの運用法なんかを
    研究するいい機会になったんじゃないかなと思います。上5体は固定で、補完として6匹目を
    いろいろと変えてみましたが、最終的にこの6体で落ち着きました。パーティ紹介。

    ニョロトノ・キングドラ・ウルガモス・グライオン・ナットレイ・ファイアロー
         





    ニョロトノ (臆病) スカーフ B4 C252 S252

          ハイドロポンプ ねっとう れいとうビーム ほろびのうた


    ステロを撒いてくるやつに滅法強い。スカーフ持ちなので、ガブ・ランド・ドラン等
    無理やり仕事をしようと居座る相手を一撃で吹き飛ばせます。脱出や残飯のイメージが
    強いのか、ほとんど読まれないです。130族まで抜けるので、意外と勝てる相手は多い。


    雨ドロポン
    H252D44ヒードラン ⇒ 105.6%~125.3% 確1
    無振りゲンガー ⇒  104.4%~122.9% 確1
    H252メガガルーラ ⇒ 52.3%~62.2% 確2
    H252カバルドン ⇒ 89.3%~106% 中低乱数1 (37.5%)

    雨熱湯
    無振り霊獣ランドロス ⇒  117%~139% 確1
    H252メガクチート ⇒ 53.5%~63.6% 確2

    冷B
    無振りガブ ⇒ 100.5%~120.2% 確1
    H252エルフーン ⇒ 61%~73% 確2






    キングドラ (控え目) メガネ H4 B4 C244 D12 S244

           なみのり ハイドロポンプ りゅうのはどう りゅうせいぐん


    第5世代に流行ったテンプレ構成。これ以外のメガネグドラはないと思います。
    後出しから受け切れるのはラキハピブルンナット、貯水持ちくらいです。
    すさまじい制圧力で相手を蹂躙しますが、対面からでは勝てない苦手な相手は存在します。
    特に環境に多いマリルリには交代際にドロポンをぶち当てるくらいしか勝ち目がありません。


    雨波乗り
    D特化クレセリア ⇒ 50.2%~59.4% 確2
    D特化ポリゴン2 ⇒  48.9%~58.3% 超高乱数1 (98%)
    無振りガブリアス ⇒ 95.6%~113.1% 高乱数1 (75%)
    H252メガゲンガー ⇒ 95.8%~113.1% 高乱数1 (75%)
    H252エルフーン ⇒ 58%~68.2% 確2

    雨ドロポン
    H252マリルリ ⇒  54.1%~63.7% 確2
    H252メガガルーラ ⇒ 88.2%~104.7% 中低乱数1(31.3%)
    D特化クレッフィ ⇒ 90.2%~106.7% 中乱数1 (37.5%)

    龍波
    無振りサザンドラ ⇒ 125.7%~148.5% 確1
    H252メガデンリュウ ⇒ 91.3%~107.6% 中乱数1 (50%)

    流星群
    H252ラティアス ⇒ 126.2%~148.6% 確1






    ウルガモス (図太い) ゴツメ H244 B220 S44

      ぼうふう はねやすめ ちょうのまい おにび    


    物理受けガモス。並の火力相手なら物理だろうが特殊だろうが起点にできます。
    Sは最速バンギ抜き抜き。鬼火が外れると辛いですが、ガモス自身が物理を強く呼ぶので
    交代読みで撃ちやすくアドを取りやすい。攻撃技が暴風なのは、雨とのシナジーがあり、
    ガモスが呼ぶ 炎・水・格闘(岩技持ち) 相手に通りやすいからです。


    -物理耐久-
    陽気ガブの逆鱗 ⇒  52.3%~61.7%
    A特化ギャラの滝登り ⇒ 75.3%~89%
    A特化メガバシャの飛び膝 ⇒ 36.1%~42.4%
    陽気アローのブレバ ⇒ 76.4%~91%
    A特化マリルリ ⇒ 85.8%~101.5%

    -特殊耐久-
    臆病メガライボの10万 ⇒ 39.7%~47.6%
    スイクンの熱湯 ⇒ 41.8%~50.2%
    C252水ロトムのドロポン ⇒ 81.6%~97.3%
    C特化メガバナのヘド爆 ⇒ 40.8%~48.6%


    暴風
    無振りバシャーモ ⇒ 83.8%~99.3% 確2
    H252ファイアロー ⇒ 39.4%~46.4% 確3
    無振りリザードン ⇒ 39.4%~46.4% 確3







    グライオン (陽気) 毒々玉 H228 A4 B36 D4 S236

       みがわり まもる がんせきふうじ どくどく

    S159以下の相手を封殺し得る子。毒が通らない耐久ポケ相手でもPP枯らしの勝ち筋。
    攻撃技は地震か封じかで試行錯誤しましたが、アローに負けないように後者で決定。
    アローはグライオンに対して挑発から入ることが多く、岩石封じが刺さることが多いです。
    (Sダウンしているので2回目の挑発を食らう前に毒を入れられます。)

    -物理耐久-
    陽気アローのブレバ ⇒ 33.5%~40.2% 確3
    陽気ハチマキガブのエッジ ⇒ 38.5%~45.8% 確3
    A特化マリルリの滝登り ⇒ 74.8%~90.5% 確2


    岩石封じ
    H252ファイアロー ⇒ 62.7%~75.6% 確2
    H4メガカイロス ⇒ 53.9%~65.2% 確2







    ナットレイ (腕白) 残飯 H252 B252 D4

      どくどく ステルスロック やどりぎのたね まもる

    完全に固定ダメージソースに特化したナットレイ。特殊技は炎以外ほぼ受け切れるので
    等倍ダメージが入りやすい物理の受けられる範囲を増やすためにBぶっぱ。
    やどりぎが入れば毎ターン3/16の回復ができ、割とゾンビ化します。
    とにかく役割破壊の炎技を警戒するプレイングが大切です。
    挑発や身代わりで終了するので、他のナットより起点にされやすい点は注意。


    -物理耐久-
    陽気ハチマキガブの地震 ⇒ 46.4%~55.2% 残飯込で確3
    A特化メガガルーラの地震 ⇒ 30.3%~35.9% 残飯込で確4
    A特化マリルリの馬鹿力 ⇒ 56.3%~66.2% Aダウン込で確3
    A特化ハチマキアローのブレバ ⇒ 41.4%~48.6% 確3

    -特殊耐久-
    臆病メガゲンのシャドボ ⇒ 41.4%~48.6% 確3
    臆病メガネサザンの悪波 ⇒ 48.6%~58% 残飯込で確3
    C特化ニンフィアのメガネハイボ ⇒ 35.3%~41.9% 確3






    ファイアロー (意地っ張り) ハチマキ A252 B4 S252
    ブレイブバード フレアドライブ とんぼがえり はねやすめ


    パーティで重いバシャーモ・フシギバナ・ゲンガーを見るための補完的扱い。A特化鉢巻。
    やはり単体での縛り性能が高いため、グドラよりエース化している感がある。←
    今の環境、アローはほとんど対策されてはいるものの、入れておいて損はないと感じました。
    4枠目の羽休めはステロ死回避の意味合いが強いです。

    ブレバ
    H252メガフシギバナ ⇒ 110.1%~131.5% 確1
    H252ニンフィア ⇒ 86.6%~102.4% 低乱数1 (18.8%)
    無振りメガリザードンY ⇒ 98.6%~116.3% 高乱数1 (93.8%)
    H252メガゲンガー ⇒ 88.6%~104.7% 中低乱数1 (31.3%)
    H252マリルリ ⇒ 71.4%~84.5% 確2
    H252メガガルーラ ⇒ 58.4%~69.3% 確2

    フレドラ
    B特化クレッフィ ⇒ 114.6%~136.5% 確1
    H252ギルガルド(盾) ⇒  105.3%~125.7% 確1
    B特化サンダー ⇒ 50.7%~59.8% 確2
    H252メガクチート ⇒ (威嚇込)85.3%~103.1% 低乱数1 (12.5%)

    とんぼ
    H252バンギラス ⇒ 43.4%~51.2% 超低乱数2 (3.1%)
    B特化水ロトム ⇒ 21.6%~25.4% 超低乱数4



    -----------------------------------------------------------------------------------------------
    見てもらえれば分かると思いますが、4倍弱点が4体と、かなりピーキーなパーティです。
    しかし、4倍弱点を狙って出してくる相手は割と読めるので、しっかり運用すれば
    とても回しやすいパーティでした。呼びやすい相手を逆にしっかり狩るというのが
    どんな構築でも大事というのを改めて実感しましたね~。以下、雑感。

    ・初手ステロ撒きが出てくることが多く、先発スカーフトノが刺さることが多々。
    ・マリルリがいれば99%選出されます。
    ・電気タイプを呼びやすいですが、ガモスがほとんど起点にできます。
    ・悪・霊の一貫性はありますが、彼らは総じてトノグドラに弱いです。
    ・裏選出の時に岩技+特殊のメガガルと当たるとご臨終。
    ・カバ、リザ、バンギ等、環境に多い他の天候ポケにタイプ的に強いのも雨パの強みです。

    最高レート:1971 ランキング487位
    最終レート:1908 



    一時なんとか500位以内に入れましたが、1850~1900が結構魔境でした(笑)
    これより上を目指すにはさらなる改良が必要と思いますが、オワコンと言われている
    雨パでもまだまだやれるんだぞ!というのを少しでも感じていただけたら幸いです。

    第5シーズンはまた別の構築を考えています。何かしらのコンセプトは組み込むつもりです。
    僕はこれで終わりですが、第4シーズンは後8日ほど残っていますので
    皆さん頑張ってください!





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。