Innocent Grey 10th anniversary concert『神曲』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Innocent Grey 10th anniversary concert『神曲』

2015-12-29 07:21
  • 8
  • 2

せっかくなので久しぶりにイベント記事でも書こうかと。
 < たぶん今年最後の記事になりますね


さあさあ行ってきました!待ちに待ったイノグレ10周年記念コンサート!
今年の締めくくりにふさわしい熱い夜になる予感。




今回の場所は中野ZERO」! 何気に初めて行くとこです。
大ホールなので1200人以上入るキャパ、もちろん全席完売とのこと。

↑中野駅から徒歩8分と見せかけての徒歩12分

 ←大ホール入口付近


仕事を早めにあがらせてもらい、軽く間食してJRで西へ。
迷うはずない一本道にもかかわらず、途中の東中野駅で降りてタクシーを呼ぶという
意味不明な行動をしつつも、無事着いたのは16:45。余裕の到着だ、馬力が違いますよ。

開場16:30、開演は17:00。 物販?ナンノコトデスカ
トイレをすませ、声優の諸注意アナウンスの後、数分後にスタート!


----------------------------------------------------------------------------------
↓メンバー↓

≪サウンドプロデュース≫
 MANYO

≪歌唱者≫
 霜月はるか鈴湯aya Sueki葉村夏緒あじ秋刀魚優稀澪

≪演奏者≫
 [ギター]:渡邉"nabeken"賢一福田真一朗   [ベース]:石井康幸
 [ドラム]:矢吹正則   
[ピアノ]:あいあい   [サックス]:萱生昌樹
 [コーラス]:KAKO♪   
[弦カルテット]:土屋玲子ストリングス

≪コンサート用映像制作≫
 癸乙夜 (Mju:Z)

≪総制作指揮≫
 杉菜水姫
----------------------------------------------------------------------------------



本コンサートは、声優3人による朗読と、オリジナルムービーと、
神曲タイム の3つのみで構成されています。

フリートークはありません。
もちろんアンコールもありません。他の要素は一切ナシ。
  純粋にシナリオどおりの構成となっています。



なお、ムービーと朗読はネタバレ満載でしたので、以下お察しください。
この記事では 本編シナリオのネタバレはしません。


-----------------------------------開演------------------------------------

・ムービー1

・朗読1 ~「ネアニスの卵」~


-----------------------------クラシックパート-----------------------------------

構成は ピアノ1stヴァイオリン2ndヴァイオリンヴィオラチェロ
アコースティックで切ない、とても高級感あるアレンジに仕上がってました!





1. 『LUNAカルタグラPS2版 OP- [霜月はるか]

 緊張の1曲目、まさかこの曲からスタートとは思いませんでしたw《感動ポイント①》
「カルタグラ」はイノグレの処女作ですが、この曲はPC版ではなくPS2版の方。
相変わらず透き通る歌声ですなあ。あの高音をキープできるのが不思議。
まずカルタグラということは、過去作から順番にやってくのかな?(`・ω・´)


2. 『瑠璃の鳥(殻ノ少女 OP)- [霜月はるか]

サックスのイントロがピアノに変わってましたが、これはすぐに分かりました!
生瑠璃の鳥は滾るううう! てかいきなりピアニッシモ飛ばしましたね。
これはクラシックパートは代表曲の中の代表曲のみって感じかな?


3. Snowdrop(クロウカシス OP)- [霜月はるか]

さっそくきましたきました、僕のお気に入りBEST5には入る神曲!
あのディレイの効いたレミファド~のイントロが大好きなんですよね。
もともと原曲が白雪のような淡さなので、クラシックアレンジが一番合ってたと思います。
BGM ver.ともかなり近いですしね。


4. 月の虚(虚ノ少女 OP)- [霜月はるか]

神曲が続きます。というかコンサートテーマどおり全部神曲なんだから今更..(笑)
サビ前後に無音になって溜めるアレンジがすごいかっこよかったです。
ピアノのフレーズは原曲と結構変わってたような? これもまたヨシ。
2番のサビが割と辛そうだったけどなんとか持ちこたえるしもつきんすげえw


5. FLOWERS
(FLOWERS春篇 OP)- [霜月はるか]

しょっぱな5曲続けてシモツキンでちょっと笑ってしまった
全年齢向け現行シリーズ「FLOWERS」の第1作のOP曲。 \殺意の百合/
1番サビラスト "優しくほどけて染まる恋紅色の花~♪" のとこヤバいw
春らしく、しっとりと優雅で、暖かみを感じる心地良い雰囲気でした。



・朗読2 ~「プルガトリオの羊」~


-----------------------------バンドパート-----------------------------------

構成は  エレギアコギドラムベースキーボコーラス  が固定で、
曲によって ストリングスサックス笛(?)サブコーラス  が加勢。



・ムービー2

カルタグラ 〜ツキ狂イノ病〜】《嫉妬 -Envy-》




6. 恋獄(OP)- [霜月はるか]

さあここからは中盤戦。様々な楽器が加わり、本格的に原曲が再現されてゆきます。
始まりはやっぱりこれでしょう。イントロの笛でテンションが超上がるwww


7. 硝子の月(イメージソング)- [霜月はるか]

ファンディスク「和み匣」の方ですね。「サクラメント 〜月ノ視ル夢〜」のED。
実はAメロ入るまでこの曲の存在を忘れていたというのはここだけの話。
終わった後のハウリングが演出がかってたけど、多分違うと思う。


-----------------------------------------------------------------------------

・ムービー3


PP -ピアニッシモ- 操リ人形ノ輪舞】《怠惰 -Sloth-》



8. (OP)- [霜月はるか]

このイントロおおおおお!ギターとエレピが蝶のように舞い躍る!
Cメロの福田さんのギターソロ、アウトロのエレピソロも良かったです。
最後の歌詞 "色のない蝶" の部分がグッときました...。感動ポイント②》


9. all the way(挿入歌)- [aya Sueki]

唐突なジャズ。順番的に来ると思いましたがここまで本格的にやるんですかwww
ちゃんと各楽器のソロも用意してあってすっごいオシャンティー。ああ、大人の夜。
ayaさんの時だけ会場が西洋の空間に飛ばされたような、不思議な気分でしたw


10. Distance(ED)- [霜月はるか]

採譜以来久しぶりに聞いたこの曲。特にCメロがすき。
活力が満ちつつ、未来に歩き出すような、そんなイメージ。


-----------------------------------------------------------------------------

・ムービー4


殻ノ少女】《貪欲 -Greed-


11. 瑠璃の鳥(OP)- [霜月はるか]

神サックスきたああああああああああああああ!!
イントロのとき会場が ざわっ...ざわっ... としたのを肌でなんとなく感じました。
歌も演奏も、ほぼ原曲どおりだったと思います。これは鳥肌立つw感動ポイント③》


12. Puzzle(ドラマCD OP)- [aya Sueki]

こ、このイントロは......    あれっ、でもこれシモツキンの曲だったような...
まさか再び始まるというのか...?  彼女のジャジータイムが!!
というわけでジャズ曲なのでまさかの ayaさんver.でしたが、これまた素晴らしい。
あれ、これエロゲブランドのコンサートだよね?w


13. アオイトリ(ドラマCD ED)- [あじ秋刀魚]

今日一番の予想外枠。あじ秋刀魚さん朗読役だけじゃなかったんかーいw
朗読もそうでしたが、歌もふつうに冬子まんまでした。感動ポイント④》


-----------------------------------------------------------------------------

・ムービー5


クロウカシス 七憑キノ贄憤怒 -Wrath-》



14. Snowdrop
(OP)- [霜月はるか]

後半戦。不穏すぎるムービーの後にくる浄化ソング。みんなでカタルシスじゃー
あんな透明感、生演奏で出せるもんなんですね。やっぱプロは凄い。感動ポイント⑤》


15. Linaria(挿入歌)- [優稀澪]

とんてんとん♪
最高の子守唄でした。お察しください...。
 Zzz


-----------------------------------------------------------------------------

・ムービー6



虚ノ少女】《暴食 -Gluttony-



16. 月の虚(OP)- [霜月はるか]

メロディが純粋に好きで、この曲のダークな世界観に惹き込まれてしまいました。
多分途中にやけてたと思います。気持ち悪いですはい《感動ポイント⑥》



17. 翡翠の美羽(挿入歌)- [鈴湯]

鈴湯さんすごい歌いにくそうでしたw 低音より高音の方が安定するタイプかな?
この曲は彼女の商業デビュー作。並々ならぬ思い入れが伝わってきました!
かなり自信もって歌ってましたね。手ぶりとか振付けとか。


18. ソレノイド(ED)- [霜月はるか]

一転して明るいED曲。今までの重く暗い流れはなんだったのかw
ギターがかなり特徴的な曲。 タラッター タラッター♪


-----------------------------------------------------------------------------

・ムービー7


FLOWERS(春篇・夏篇)】《愛欲 -Lust-》



19. FLOWERS(春篇OP)- [霜月はるか]

"女の子を好きになるのはいけないことですか?"   どーぞどーぞ!
さあここからは明るい曲が続きます!まずは新章のさきがけ、春篇のOP曲!
割とストリングスが目立ってますが、畳み掛けるドラムもいいと思うんです。
やっぱりサビが好きだなー。感動ポイント⑦》


20. chaleur(夏篇ED)- [霜月はるか]

春篇のEDでもなく、夏篇のOPでもなく、夏篇のEDだと!?
まあ曲順が前後してるのは単に担当ボーカルの都合だと思いますがw
事務所のGOが出れば洲崎綾ver.も有り得たのだろうか?


21. 夏空の光
(夏篇OP)- [鈴湯]

次は鈴湯さんにバトンタッチ。夏篇はさらにさらに明るい曲調になります!
「FLOWERS」の曲は青春に戻りたくなるような甘酸っぱい曲ばかりですね~。
甘酸っぱい青春なんて送ってませんけど!


22. 花の頁(春篇ED)- [鈴湯]

ああ、ちゃんとこの曲もやってくれてよかったwシモツキンのバックコーラスが儚い...。
間違いなく一番の安眠ソングだと思う。Twitterにも寝た人チラホラいたらしいです。

ララ♪ ララ♪



-----------------------------------------------------------------------------

・朗読3 ~「エデンの少女」~

・ムービー8


天ノ少女高慢 -Pride-
 ※画像はイメージです


満を持して発表された新作、その名も「天ノ少女」!
読み方はどうなんでしょうか。「てんノしょうじょ」か「あまノしょうじょ」?
前の2作の読みが「からノしょうじょ」なので、今回も無理やり「カラ」と読むのか!?
僕の考えでは「そらノしょうじょ」だと思うんですけどどうですかねぇ。


23. 擬翼の偶像(OP)- [霜月はるか]

初公開曲その1。
ノリノリなギター、飛翔していくこの曲調は「3作目」って感じがむんむんです!
前作の『ソレノイドの勢いをそのまま引き継いでいる感じですね。
アップテンポですがちゃんとイノグレらしさがあって神曲の予感。もっと聞き込むべし。

  ――― 幸せのアオイトリは何度でも生まれ変わることができるのでしょうか。


24. 輪廻の糸(ED)- [霜月はるか]

初公開曲その2。
輪廻...輪廻かぁ。
曲名的に事件は円満解決ってわけでもないんでしょうね...(フラグ)
悲劇は繰り返されるのか? はたまた...




・EDムービー

------------------------------終演---------------------------------


全部で2時間30分ほどですか。まあまあほどよい長さだったと思います。
短く感じた方が多いかもしれませんが、それでも全作品のほぼ全曲できてますからね。
というか、これ以上は休憩入れないと皆のトイレが...w
ただでさえトイレ続出でしたからね。オムツしましょうオムツ。






以下、雑記






皆の衆、行儀をわきまえておる

みな行儀よく静かに座ってました。それはもう怖いくらいに固まってw
エロゲコンサートは大抵ハイな輩がいるものですが、今回はみなのような静観っぷり。
イノグレは1300近い人間を、一晩で浄化してしまったんじゃなかろうか...。
 太陽公園の地蔵か






サイリウムすら憚られる神曲空間

 < なんだこれ...

 スタッフが口を酸っぱくして触れていた注意事項がこれである。↓

******************************************************
公演の序盤にプログラムされている「クラシックパート」におきましては、
演奏の妨げになりますのでサイリウム等の使用やスタンディングは一切禁止と
させていただきます。座席に着席のうえお楽しみ下さい。
尚、「クラシックパート」終了後の公演につきましてはサイリウム等の使用は
問題ありませんが、周囲のお客様のご迷惑とならないよう、充分にお気を付けください。

******************************************************

行儀の良い今回の客。当然、5.『FLOWERS』までは一切の邪魔な光物は出さない。
問題は 6. 恋獄』以降。
なんとクラシックパートが終わったにも関わらず誰もサイリウムを出さない。

僕も「あれ、サイリウムは?」と気づいたのは恋獄1番のBメロあたり。
そしてそのままノーサイリウムという異例の事態のまま結局終演w

パートの区切りが曖昧で、出すタイミングを逸したというのも大きいかもしれません。
でもこれが普通のライブだったら皆バラバラと出し始めると思うんですよ。
前の席から徐々に後ろに波及していく感じで。
しかし 誰も動かない。動かない。うごかないいいい(CV.立木文彦)

というのも会場はイノグレ独特の重々しい雰囲気で、異質な空間でした。
雰囲気に呑まれ、今更サイリウムなんて野暮だと思った人もいたはずです。
余計なモノで濁らせたくない、ある種の美しい"空気"がそこにはありました。

また、今回は「トークが一切無し」ということで、演者側も誰もその事に触れられず。
シモツキンとかが言おうと思えば言えたのかもしれませんが、
たぶん彼女たちも、会場の雰囲気を壊すのを憚られたんだと思います。
「サイリウムどうぞ~」なんていったら一気に現実に引き戻されますからねw

体の動きを止め、ただ純粋に聞いていたいと思える、そんなコンサート。
これぞ神曲空間
  
最高じゃないですか。








トーク無し、それもまた潔し

本当に一切のトークはありませんでした。(朗読、館内アナウンスは除く)
ほぼ全曲を歌えたのは、この極限まで無駄を削ったやり方のおかげともいえます
24曲を150分ですよ? 1曲5分としても曲だけで120分。朗読とムービーで30分?

単なるクラシックコンサートならともかく、
ゲームブランド10周年の記念イベントなわけです。
何かしら "振り返り" とか "演者の一言" とかがあるのが普通だと思います。
しかしそこはさすがのイノグレ、他では出来ないことをやってのけます。
余計なモノを一切入れず、シナリオを冷徹に完遂しました。

それが出来たのは、
 このコンサート自体が1つの美しい作品として仕上がっていた
                          というのが大きいです。

彼らはコンテンツを作り出すメーカー、ゲームブランドですから、
この記念イベントもイノグレの生み出す 新しい作品 に他なりません。

Innocent Greyらしい ダークさ儚さ厭世感、そういったものを詰め込み、
朗読・ムービー・演奏によって、演者たちが世界観を丁寧にリレーしていきました。

その一貫した姿勢、空気づくりが、何よりも観客の心を掴んだんだと思います。
物販の在庫やスタッフの誘導ついての不満はあれど(僕も多少ありますw)
"今回のコンサートの方針について" 否定的なコメントは見受けられないのが、
この異質とも呼べるスタイルの成功を何よりも物語っています。

ここには「コンサートは曲を楽しむのだから、トークがなくても曲だけで満足できる」
というある種のテーゼがあります。コンサートの楽しみ方は人それぞれですが、
少なくとも僕は、"ただひたすら曲を聴き、作品の世界観に浸る"
という今回のコンサートが、ゲームブランドの音楽イベントとしての理想形に近い
のではないかと感じました。 皆さんはどうお考えでしょうか?





七つの大罪になぞらえて

今回は、7作品にそれぞれ七つの大罪のテーマがつけられていました。

 七大罪といえばこの方たち

ムービーの作りもそれらに沿った感じになっていたんですが、
「カルタグラ」の時から元々そういうつもりで作っていたのだとしたら凄い!
後付けの可能性もなくはないですが、でもちゃんとヒロインの感情に合ってるんですよね。
「虚ノ少女」の章タイトルが実は関係してたということ? うーん?
ムービーには新作のヒロインの情報も出てたので、気になる人は公式続報を待て!





無慈悲な物販

まあ褒めてばかりだと鼻につく文章になりそうなので、改善して欲しい点も挙げます。

\物販が雑!/
土日祝日ならともかく平日、それも月曜ですよ?w
なんで整理券配布が12:00からなんですかね... ;;
いややるにしても終演後の分くらい別枠で確保するか、こういった売れると
分かってる商品は多めにつくっておいて欲しかったです。再販も未定みたいですし!
誰かに頼め?残念、1人1会計だ。
狙いは当然STELLA(スコアとか新曲とか入ってるやつ)だったんですが
こればっかりは仕方ないです。大人しく再販待ちます。。。
 ステラちゃん落ち着いて

あと、終演後も"物販の何が残ってるのか"くらいは告知した方がいいと思います。
大半の人はレジまで行ったのにSTELLAの売り切れ見て、回れ右してたので。
無駄に列が伸び時間がかかり、会場側も客側も誰の得にもならないです!




トイレどうした

今度はお客さんについて一言。 どんだけトイレ行くんですかw
みんな座って曲聴いてるときの行儀はすこぶる良かったんですよ。
でも途中の朗読とムービーのタイミングでそろ~り席を立つ人が多すぎるw
僕もどちらかというと頻尿かつ水分多めに取る方なので気持ちはわかりますが、
汗だくになるスタンディングライブならともかく、こういったスタンディング禁止の
コンサートでは水分はあまり取らない方がいいと思います。

 特にカフェイン







-------------------------------------------------------------------

中野ZEROを出た後はまあ何事もなく、普通に飲んで帰りました。
ビールがキンキンに冷えてやがりました。余韻に浸りながら飲む酒は美味い!


帰ってこの記事を書きかけ、早朝の現在仕上げているわけですが、
あらためて総合的に振り返ってみても今回のコンサートは良かったんじゃないかなと。
どっぷりMANYO曲に浸かることができ、ひたすらイノグレのダークな世界観を
堪能できたので、曲を中心に楽しみに行った僕としては大満足でした。

新作の「天ノ少女」、そして「FLOWERS」の続編などを含め、
今後のイノグレ、そして次の15周年記念イベントが楽しみです!

スタッフさんも演者さんも、会場の皆さんもお疲れ様でしたー


最後にオリジナル記念チケットをパシャり。

  お土産はこれだけ。 ヒィィィ




ではまた次のイベントで♪





広告
×
本当に生きててよかったと思える最高のコンサートでしたね。
STELLAの再販は祈るのみです。
32ヶ月前
×
確か終了後TシャツとパーカーのSが10程度と大量のラバストしか残ってなかったと思います。
32ヶ月前
×
物販ワロタw  
32ヶ月前
×
個人的に物販の対応は良かったと思いますよ。整理券配るのも近隣が住宅街で人が集まり過ぎないようにする会場側への配慮があったと思いますし・・・特に、前日にあった電気外祭りでの某メーカーの長蛇の列とかレジ1つとかの対応と比べれば、雲泥の差だったと思います。
32ヶ月前
×
結局何が言いたいの?
31ヶ月前
×
「そらのしょうじょ」で納得してしまった
講演内容は満足だったかな、霜月の曲たくさん聞けたし。物販はさすがに擁護できねーわ

>>4
???
31ヶ月前
×
終了時に物販の残りアナウンスしてたし、今までの物販に比べたらそれなりの数ありましたよ
31ヶ月前
×
物販は実質ループ不可で、ほぼ席分はTシャツ、パーカー以外は用意されてましたよ。開演時にはセット買えましたし。
トイレの件は雪演習でかなり場内が寒く、一階は足元に冷気すら・・・
30ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。