• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

表紙特集:ナナ / ロングインタビュー③、テーマ別インタビュー、フォトギャラリー #日刊ブロマガ!club Zy.チャンネル
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

表紙特集:ナナ / ロングインタビュー③、テーマ別インタビュー、フォトギャラリー #日刊ブロマガ!club Zy.チャンネル

2018-07-12 18:00
    f75ecae10c28392948a3d1f708f16d79f8e6d5db
    Q.自分の変わっている所は?

    SARSHI 皆に言われるんですけど、人を嫌いにならない所。
    めちゃくちゃ嫌な奴でも、好きになる努力をする。
    AKI 米アレルギーかな。
    一同 (笑)。
    Chiyu ZeeFさんは、インタビューとか動画の時になんかちょっとキレてる。
    藤原章人(ZeeF) 意識はしてないですけど。
    今も不機嫌に見えます?(笑)。
    気は短い方ではあるけど。
    あと、SARSHIと逆で人の好き嫌いが激しいですね。
    山沖怜 変わっているかわからないけど、皆が思っている以上に人見知り。
    出来たら、誰とも喋らずに一日を終えたいし、知らん人やったら目も合わせたくない。
    でも、見せない努力はしてます。
    Chiyu 大人になりましたね(笑)。俺は無いな。
    AKI 人をいじれる。
    Chiyu それ変わってます?(笑)。
    先輩の懐に如何にぶっ込むかっていうのは楽しんでやってます。
    空気は読みますけど、the GazettEの葵さんしかり、GLAYのHISASHIさんしかり、酔っ払ってこれいけんなって思ったら「おいおい、呑まんかーい!」って言えます(笑)。

     山沖怜、SARSHI(HERO、Flutter Echo)、Chiyu(ex SuG、GREMLINS)、AKI(亜季)(Sadie、AXESSORY)、藤原章人(ZeeF)(Flutter Echo)…。時代の急流の中、サバイブし続けてきた連中が、再集結。2002年-2006年に関西を中心に活動をしていたナナが、2018年に入り、再結成することを発表。先日、全17曲入りのアルバム『CALL US』を発売した。
      7月1日には新宿ReNYで活動再開を告げるワンマンライブを実施。9月より、ナナ主催イベント「七色会議」も全国9ヶ所で開催。ナナが何故ふたたび集結したのか、その事情も含め、ナナの周辺事情をいろいろと探ってみた。

    撮影:菅沼剛弘 / インタビュー:長澤智典
    Photographs by Takehiro Suganuma / Interview by Tomonori Nagasawa

    今の時代に、あの当時に書いた歌詞を歌ってもグッと胸に響くように、俺、天才じゃないかと思ってて(笑)。
    ――アルバム『CALL US』には、全部で17曲収録。これだけのボリュームですから、早い時期からレコーディングも行っていたのでしょうか? 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    club Zy.チャンネル
    更新頻度: 毎週月,火,水,木,金曜日
    最終更新日:2018-07-17 17:27
    チャンネル月額: ¥324 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。