• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 【週刊奥村vol.269】狩撫さんのお別れ会があった。

    2018-07-20 15:308時間前

     あー。先週、狩撫さんのお別れ会があった。まあ、
    ホントに懐かしい人たちに大勢会えた。だもんで結構楽しかったな。いろんな人から狩撫さんの話が改めて聞けたしな。

     その帰り道で狩撫麻礼とはどういう人か――? という事を延々考えていた。……かなり難しいけど言葉で表現したら、こうなる。

     優しくて、厳しくて、熱くて、冷静で、親切で、ぶっきらぼうで、オッチョコチョイで、マジメで、ルーズで、助平で…………な、難しいだろ。そんでまあ、極力わかりやすく無理矢理まとめちゃうと、こうだ。――“無茶苦茶面白い人”これに決定!! うん、そう考えると、ビームってえのは、雑誌の立ち位置を決めたのは桜玉吉であり、その精神的なバックボーンであったのは狩撫さんだったんだなあ、改めてそう感じるよ。……でも、あんな人とは2度と出会えねえだろうなあ。でも、その遺伝子は受け継いでいかなきゃ、天国で怒られちゃうもんなあ。……んじゃ、また来週!!
  • 【週刊奥村vol.268】トルコ帰りの市川ラクさんについて語る。

    2018-07-13 15:30

     あー。今回は先週予告しました通り、
    トルコ帰りの市川ラクさんについて語る。あれは何年前だったか、彼女がトルコに留学したいと言いだして、周囲が「マジかいや?」と困惑していた頃だ。俺の知り合いを通じて進んでいた企画があったのね。それはヨーロッパと日本に関係した、壮大な歴史スペクタクルだったのよ。残念ながら、その企画は諸般の事情によりボツになっちまったんだけど、それをコミカライズする漫画家の最終候補が彼女だったの。彼女は乗り物に極端に弱い体質にもかかわらずヤル気マンマンだったから、俺も責任を感じていたのよ。んで、彼女はトルコへ行っちまった。あそこの大統領は御存知のとおりイケイケなおっさんなので、外交的にトラブルが頻発したり、あげくの果てにゃあ、クーデターまで起こっちまった。もちろん俺は心配していたんだが、彼女の漫画を読んでいただければわかるように、イスタンブールだと戦闘機やら戦車が稼働していた以外は平穏だったらしい。まあ、それを平穏つっていいのかどうかは微妙ではあるが。

     なんにしろ一時帰国している彼女から、
    直接ナマの声を聴けるのは、面白そうだから、動画の方も是非観てください。……んじゃ、また来週!!
     
  • 【週刊奥村vol.267】ビームの定期購読のやり方が色々変わったりする

    2018-07-06 17:16

     あー。
    今回はビームの定期購読のやり方が色々変わったりするんで、その件であります。ビームの定期購読って、結構昔からやってて最初は俺が担当してたりしたんだ。んで、何かオマケでもつけたろかいってコトで、毎月、編集部員の机の中を漁って、相当ワケのわからんモノを送ったりしてた。漫画家のイタズラ描きとかな。さすがにそんなイイカゲンなコトは長くは続けられなくて、俺が担当から外れて相当システマティック&マトモになって現在に至るのね。

     んでまあ、随分世の中変わっちまって色々あったのね。
    トラックの運ちゃんも大変そうだしなあ。雑誌の配送だって結構手間だしなあ。そんで、今回定期購読のやり方が大幅に改変されることになったのよ。ただ、俺はそこんとこ、あんまわからねーし、これと同時に配信されるビデオ編では、編集長の岩井に出てもらって詳しく説明してもらう。まあ、これが観れない状況でも、今月発売のビーム本誌に載ってるから、それを読んでほしい。あ、そういやあ来週はトルコ帰りの女、市川ラクがビデオ編のゲストに来る予定だ。……んじゃ、また来週!!