• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 【週刊奥村vol.256】人事考査やりたくねー。

    2018-04-13 18:51

     あー。なんつーのか、
    この季節になると憂鬱になるイベントが一つある。こんな俺でも一応管理職だったりする。んで、人事考査なるものをやらなくてはならない。他にもいろんな仕事があるけど、それらに対しては多少は慣れてはいるのだ。上手くやれてるかどうかは別にして。だけど、コイツだけは全然慣れない。生理的に全く受けつけねえのよ。作業を進めようとすると、“俺は一体、何者なんだ?”“人のことを何偉そうに評価してやがる?”といった思いが脳裏を駆け巡る。だから結局、紋切り型の文章で超簡潔にまとめちゃったりする。それでも昔は人事考査自体がシンプルで、まだマシだった。最近は、やたらと細分化されて、なおかつ自分で自分の評価をして、上司にアピールする項目があったりする。たぶん欧米のシステムのマネなんだろうけど、勘弁してもらいたい。

     俺はそんな行為は下品なモノだと思って生きてきたんだけどなあ。そんなもん、いちいち本人から言われんでも、こっちはわかっとるわい!! と叫びたくなるけど、たぶん俺はその分も含めてギャラをもらってるのであろうから、我慢をしている。なんかいっそのことAIにまかせて、自動的にやってくれた方が……なんて考えるけど、それはそれで絶対にヤバイ方向に行っちゃうだろうからなあ。……今回はダメな管理職のボヤキだな、完全に。……んじゃ、また来週!!
  • 【週刊奥村vol.255】浅田真央や大谷翔平から感じた人間の可能性

    2018-04-06 15:32

     あー。4月に入って高校野球、日米のプロ野球が始まって、
    暇さえあったら野球を観ている状況だ。面白いなあ。オリンピックからこのかた観戦グセがついちゃったのかもしれない。んでまあ、最近はケーブルTVで過去のスポーツの録画放送やってたりするので、ライブで何もやってない時に観たりするんだわ。野球だけに限らずね。

     それで驚くことが結構多い。明らかに選手の動きが遅く見えちゃうのだ。テンポも間延びして見える。さすがにその時点で頭抜けたレベルの選手は現在のレベルでも遜色はないのだけれども。つまりこういう事なんじゃねーか? “当時ズバ抜けた選手のレベルが現在の平均値になった。”本当に極端な例だけど、こないだやってた10年近く前のフィギィアスケートの日米大会だと、女子なら3回転、男子なら4回転ジャンプが飛べない選手がゴロゴロいた。技のテンポもゆっくりしている。浅田真央は別格だったが、今の国際大会のレベルだと平均的に見えちゃう。野球だってそうだ。10年以上前からすると、たぶんストレートの平均球速は5~6キロ上がってるんじゃねえか? すげえな人間の能力って。もしかしたら将来、大谷翔平が平均レベルに見えちゃうことだってあるかもしれん。……まさかね。……んじゃ、また来週!!
  • 【週刊奥村vol.254】『スリー・ビルボード』を観てきた。

    2018-03-30 14:41

     あー。新井英樹氏に「今ならまだ間に合う!! ぜひ観るべきだ!!」と勧められて、『スリービルボード』
    を観てきた。面白かったあ!! 是非、皆さんにも観てもらいたいので具体的には書かないけど、次の展開をまるっきり読めずに、あららら…どーなっちゃうの?ってえのの連発だった。こんな感覚は『パルプフィクション』以来かしらん。そして見事なラスト!! 特にカタルシスがあったワケじゃねえけど、スッパリとした爽やかなラストであった。主役のクリント・イーストウッドみてえなオバハンをはじめ、キャスト全体もビシッとキマっていた。これだった5~6回繰り返し観たって全然平気だもんね。DVD出たら、すぐに買います。

     ……それにしても、いくら機会があってもアメリカの南部にだけは住みたくねえなあ、正直言って。さすがにヘビーすぎらあ。……んじゃ、また来週!!