• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 1件
  • 【本棚見せてください】第1回 須藤真澄編[その1]

    2017-10-02 12:38  
    200pt
    「その漫画家について知りたければ、本棚をみなさい」と、誰が言ったか知らないけれど、きっとおもしろい発見があるはずです。普段なかなかお目にかかれない「漫画家さんの本棚」を、このブロマガで、ゆるっとネチっと調査いたします。こちらが、仕事部屋にある須藤真澄さんがメインで使っている本棚です。

    この奥行きのある2つの棚の他に、腰より低い高さの戸付きの棚が4つ、あと机の下に置ける小さな棚が2つ。これらの棚に須藤さんが持っているほぼすべての本が収められています。(ただし、大のお気に入りの『進撃の巨人』全巻は枕元の特等席に……)
    右端に写っているのは、スクリーントーン用の引き出しで、この右奥に須藤さんが漫画を描いている机があります。
    本と一緒に並んでいるのは、大量の手芸グッズ。百均の小箱や引き出しにアジアン柄の紙が貼られていて、とてもかわいいです。(須藤さんの部屋は照明から小物までほぼアジアで統一されていて、落ち着いた雰囲気が大変オサレなのです)

    そういえば、先日、右上のカゴの中に猫の“にい”がいました。かれこれ6・7年は須藤さんのお宅に通っているのに、人見知りのため数えるほどしか顔を見せてくれない“にい”。(“とと”はよく顔出してくれるのになあ)「お前が来るとわかっていれば、ここにはいなかったのに!」という感じにグっとにらまれましたが、それがかわいいのなんの……。
    それではもう少し本棚に近づいてみましょう。