東方海恵堂、番外編"宴の従者"纏
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

東方海恵堂、番外編"宴の従者"纏

2017-06-19 21:20

    「結局、ただ忘れてほしくなかっただけ…と?」


     私は今、海恵堂の中にいる。周りには今まで出会ったたくさんの従者たちがついていて、時には絡み付き、時にはお酌をしようと寄り添ってくる。

    「姉様も人が悪うおますなぁ。妹らに隠して事を進めるやなんて」

    「本当は巻き込むつもりはなかったのだがな…さすがに上客の楽しみを無下にも出来まい」


     そう言って尾張さんが客座の乙姫様を見る。

    「ここは人外のテリトリーだからね。そこに来られた人間がどんな風にここで遊ぶのか興味が湧いたのよ」


    「乙姫様は楽しみをご所望でしたか、すみません、こちらの配慮が足りず…」


    「お母様のせいではありません!気配りを怠ったのは私の方です!」

     海神様とその娘が乙姫様に謝辞を告げる。乙姫様はと言うと、そんな二人を楽しげな目で見ている。相変わらず、いたずらっぽさが抜けないのは、どういう意味があるんだろうか…?

    「さてお客さんも少し飲みなはれ。ここまで明かしたのならもう敵とはちゃいますし、ここは一蓮托生の祝いと言うことで、いかがどすか?」

    「は、はぁ…」

     花錦さんのしなやかで隙のないお酌が私にあてがわれる。こう言う絶妙な間や真摯な所が海恵堂のおもてなしなんだろう。

    「…所で、どうして私は百数十と言うここに来た記憶を忘れてたんだろう?」


    「それは私から話そうかな」


     疑問を投げ掛けるや否や、乙姫様がない胸を反らせて自信ありげに答える。

    「最初は"海恵道に来たら、因果的に私の所に来る"だけだったんだけど、それじゃあ面白くないし、ただの人間に色々委ねるなら少しくらい難題がある方がいいかなー…って思ったのよ」


     にやにやする乙姫様。自分から聞いておいてなんだが、この話あまり先を聞きたくない。

    「だから、一つ因果を加えたのよ。"人間が終わりと出会わずに帰って行ったら、時間と記憶は巻き戻される"ってね」


    「記憶は巻き戻されるって…じゃあこの皆さんも…?」


    「んや、巻き戻してない妹もいるよ。巻き戻しを受けてないのは、尾張、海琴と恵、花錦に金流、あとはつしまかな?」


    「私たちは巻き戻すまでもなく人間とは会いませんからね。あの部屋以外では」


    「予てから思ってたのですが、乙姫様はどうして姉妹の選別がそんなに不規則なんですか?」

    「けど、どうしてそんな…自分達を覚えてもらうために記憶を巻き戻すなんて本末転倒なんじゃ…」


    「まあ"ここにいるあなたには"意味のわからない事でしょうね」


    「ここにいる…?」





















































    ―――あなた…そう。今スクロールでこの文章を見ているそこの”あなた”よ。


    ―――けど残念ね。この記事は隠し扉に辿り着けなかった人用だから、ちょっと内容は変わってるのよ。


    ―――まぁそれは置いといて。


    ―――”あなた”は紙の上の架空の人物じゃない。”あなた”今こうしてこの記事を見ている画面の向こうの”あなた”よ。


    ―――そう、海の姉妹や海琴や私…乙姫があなたと呼んでいるのは、今この記事を読んでいる"あなた"の事よ?


    「…だから、物語の中のあなたは名を名乗れない。だって読む人で名前は変わるんだから」


    「そして"あなた"は私達を見つけた。今、誰かがこれを読んでいる事こそが、乙姫様の狙いです」


    「私達海の姉妹は、”お前”にここまで来てもらうようにと思って迎えたのだ」


    「この娘…"海 尾張"やその妹たちは、海神と人魚の間の子…その中でも尾張は海神としての力を強く受け継いでいます」


    「この娘たちは、お母様の血と私の鱗から生まれた神造人魚…特に尾張はお母様よりの力を携えてたから、彼女を長女とした」

    「そして私がその力で”お前”を呼び込んだのだ。幾度となく因果を繰り返したかのようにな」



    ―――そう、この話は"あなた"の物語。


    ―――因果の繰り返しは"あなた"がここに至るまでに他の記事を読んだ回数。


    ―――そして、本当に忘れないでほしいのも"あなた"


    「あぁ、因果を繰り返すときの水色の文字は私よ。毎度毎度言わされるから疲れたわ」



    ―――さて、いろいろなところで見ている”あなた”も、ようやく事の顛末がわかったわね。


    ―――今度は、何に翻弄されることもなく、私達の真実にたどり着けるといいわね。


    ―――それじゃあ、今度こそお疲れ様。次は頑張ってね?


    ―――


    ――



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。