• 【ポケモンGO】金銀ポケモン解析バレについて検証してみた

    2016-09-18 10:301
    なんかまとめブログで金銀ポケモンのデータがポケモンGOのアプデで内部実装されたのが解析でバレただのなんだのと言う話が広がっております。

    多くのまとめブログが解析バレの根拠として貼っている
    金銀ポケモンのCP表(大嘘)
    をチェックしてみたところ、1分ぐらいでこりゃガセっぽいなと判断できました。

    その理由は以下の通りです。






    ヤドランのCP上限とヤドキングのCP上限が同値やんけ!!!!


    終わり!閉廷!!解散解散!!!
  • 広告
  • ポケモンGO ポケソースとルアーモジュールのしくみから考える、「できるトレーナー」とは

    2016-08-03 14:42255
    さてさて、最近は情報に敏感な一部のポケモントレーナーの間でポケソースという言葉が使われつつあります。

     まあその出処が↓のブログなんですが
    Pokémon GO での「近くにいるポケモン」活用法

    このブログと、
    以前の私のブロマガ
    を読んだことを前提として、
    ポケソースとルアーモジュール・おこうの仕組みをもう少し深いところまで検証したいと思います。


    • ポケモンの出現方法は二種類
     前述のとおり、ポケモンの出現方法は二種類あります。
    「ポケソースでポケモンが出現している時にポケソースの付近を通りかかる」
    「ルアーモジュール効果範囲内に入るかおこうを炊く」
     そしてこの時に出現するポケモンの種類が、前者の場合周期的ポケモン(足元の波紋が白)、後者の場合が誘導されたポケモン(足元の波紋がピンク)である、ということがブログでも紹介されていました。
     さて、それではもう一つ深いところまで検証してみましょう。

    • ポケモンの出現時間の違い
    周期的ポケモンと誘導されたポケモンの大きな違い、それは、
    1. ポケソースから生まれるポケモンのテーブルはポケソースごとに決まっている。
    2. 誘導されたポケモンのテーブルは付近のポケソースから選ばれる
    3. 周期的ポケモンの出現から消滅までは15分前後、誘導されたポケモンの出現から消滅までは3分前後である
    です。
     1.については以前のブログでも書いたとおりです。
     2.についてですが、実際にピッピの非常駐固定湧きポケソースの近くでモジュールが炊かれた時、一時的にピッピが誘導されたポケモンとして出現するケースを何度も見たことがあります。
     時折、モジュールが炊かれたポケスポット周辺にレアポケモンが出ることがありますが、それは付近のポケソースがランダムテーブルであって、そこからレアを引いただけのことだと思われます。普段はモジュールの周りにコラッタやポッポばっかりしか居ないケース、案外多いでしょう?
     そして3.についてですが、1つ誤解しないで頂きたいことがあります。それは、
    ポケモンはトレーナーが周囲に居ない時であっても、地図上では実は出現していることになっている」ということです。つまり、今この瞬間にも、世界各地でひっそりと出現したポケモンが誰にも見つかること無く消滅時間を迎えて消滅しているということです。そのため、ポケソースに接近してポケモンが出現しても、そこから15分間存在しているのではありません。「ポケソースに出現してから15分以内にあなたがポケモンを見つけられた」ということなのです。
     そして、ルアーモジュールやおこうで誘導されたポケモンについてですが、これらのポケモンは出現したポケモンが消滅時間を迎えると、矢継ぎ早に次のポケモンが出現する仕組みになっているようです。
     しかしここで気をつけて頂きたいのが、ゲットしたり逃げられたりして自分のマップではポケモンが消えたとしても、世界地図からしたら消えていないということです。世界的にはそこにまだポケモンが存在しているため、そのポケモンが消えてからしか次のポケモンは出現しません。


    • ポケソースはポケストップの位置とは関係なく存在している
     よくありがちな誤解として、「ポケストップの周りでしかポケモンは出ない」と勘違いしている方が多く見受けられます。
     しかし、実情は全く違います。周囲200メートルにポケストップが全く存在しない場所であっても、ポケソースは存在します
     住宅街や川沿い、商店街などを歩いてみてください。ポケソースは案外へんぴなところにもあったりするのです。
     そして、案外そういう場所にレアなポケモンが居たりします。それをわかってるトレーナーは、既に自分なりの歩行ルートを考えてポケモンライフを送っています。つまり、

    できるトレーナーは一つの場所に居座らず、常に色んなところを歩き回っている

    ということです。


    • ポケストップのルアーモジュールでレアポケモンが出た場合にあり得ること

     ルアーモジュールが刺されるとレアがちょくちょく出てくるポケストップを見つけたとしましょう。その時あなたが取る行動は2つのうち1つですよね。
    1. その場に居座ってポケモンが来るのを待ち続ける
    2. 周辺にレアなポケソースが多い可能性があるため、周辺地域を歩きまわる
     できるポケモントレーナーは2.を選んだ人です
     なぜなら、周辺のポケソースのテーブルを流用して出現ポケモンが選抜されるルアーモジュールでは3分に1匹ずつしか出現しないため、周辺のポケソースが複数ある場合では、そのポケストップに居座るということでレアポケモンとの遭遇の機会が大幅に失われるからです。
     もう一つは、周辺地域を歩きまわることで自分が知っているポケソースを増やすことが出来る、ということです。自分が知っているポケソースを覚えておけば、効率のいい歩行ルートを決めることが出来る。それによって、ポケモンに遭遇しやすいルートを歩きながら、タマゴの孵化も促進できるのです。


    • 結論
     いま、全国各地の公園や駅などで、ポケストップが多いからとその場に居座り続けてゴミのポイ捨てや騒音等、地域に迷惑をかけているトレーナーが多いですが、プレイヤースキルとして考えれば、迷惑行為をしている、していないにかかわらず「一つの場所に居座り続けるプレイヤーはそもそも下手っぴ」であると言えます。
     自分の知っているポケソースを増やし、沢山のポケモンに会えるルートを構築して遊ぶことで、ポケモンマスターへの道は一気に近づいてくると思われます。
     というわけで、お互い良いポケモントレーナーであれるよう、頑張りましょう。

  • ポケモンGO 愛知県のポケモンの巣7/30更新版(14時追記)

    2016-07-30 06:311
    7/30 14:00時点での暫定版です。
    間違っててもゆるしてネ

    【残留】
    大高緑地(巣):ゼニガメ
    ポートメッセなごや(巣):ビリリダマ&コイル
    稲永公園サッカー場(巣):ヒトカゲ
    豊橋のんほいパーク(固定湧き):ヒトカゲ
    裏門前公園(固定):ルージュラ

    【変更】
    徳川園(巣):カイロス→ブーバー
    名城公園(巣):クラブ→ゴース
    白鳥庭園(非常駐固定):コイル→メノクラゲ
    栄バスターミナル(固定):ロコン→ピッピ
    久屋大通公園・松坂屋東(非常駐固定):ガーディ→コダック
    久屋大通公園・パルコ東(固定):ロコン→ピッピ
    戸田川緑地(巣):ルージュラ→ストライク



    【消滅・不明】
    庄内緑地公園南部(固定):サワムラー→消滅?

    【新規】
    名古屋国際会議場(巣):イシツブテ
    神宮東公園(非常駐固定):ガーディ? ←これかなり怪しい
    ナゴヤ球場北・露橋公園(非常駐固定):エレブー
    白川公園(固定):タッツー