• このエントリーをはてなブックマークに追加

レビュー

ストーリー

妾腹の生まれでありながら、デルフィニア国の王位に就き善政を敷いてきたウォル。だが、ペールゼンら貴族の陰謀によって、国を追われる身となった。
貴族たちは「改革派」を名乗り、執拗なまでにウォルの命を狙う。絶体絶命の窮地に陥ったとき、「異世界から落ちてきた」という謎の少女リィが現れ、助太刀を申し出る。危機を脱出した二人は「同盟者」として、国を取り戻すことを誓う。
かねてからペールゼンらの改革に釈然としていなかった者たちは、この二人の元へ集結してゆく。この動きに改革派は浮き足立つ。しかし「ある秘密」を握るペールゼンはひとり泰然自若と構え続ける。

リィはいったい何者なのか?
ペールゼンは何故、改革を起こすのか?
そして、ウォルの運命やいかに。
それぞれの過去と、正義が、やがてデルフィニア国の運命を変えてゆく――。

(C)茅田砂胡(C★NOVELS/中公文庫)・舞台「デルフィニア戦記」製作委員会

スタッフ

原作:茅田砂胡(C★NOVELS/中公文庫)
脚本・演出:児玉明子
音楽:未来古代楽団(砂守岳央・松岡美弥子)

キャスト

ウォル:蕨野友也
リィ:佃井皆美
ナシアス:細貝圭
イヴン:山口大地
バルロ:林剛史
カリン:大沢逸美
フェルナン伯爵:小林勝也
ペールゼン:山本亨