【NEWS】MARIAH CAREY が、カウントダウン・ライブで大失態を演じる
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【NEWS】MARIAH CAREY が、カウントダウン・ライブで大失態を演じる

2017-01-09 10:48
     米シンガーソングライター Mariah Carey が、ニューヨークのタイムズ・スクエア・ガーデンにて開催されたカウントダウン・ライブで、大失態を演じたみたい。



    Mariah Carey botches Times Square New Year's Eve performance
    Last Updated Jan 1, 2017 2:09 AM EST

    NEW YORK CITY -- Mariah Carey welcomed in 2017 by saying “it is what it is” while experiencing technical difficulties while performing live in Times Square.

    Carey, one of the star headliners of ABC’s “Dick Clark’s New Year’s Rockin Eve,” paced the stage without singing. It’s unclear what exactly were the technical difficulties, but the disaster was obvious as it unfolded live.

    〜後略〜

    〇元記事URL (CBS NEWS)
       http://www.cbsnews.com/news/mariah-carey-times-square-new-years-eve-performance-fail/ 


     記事によれば、ABC放送の年末カウントダウン特番 「Dick Clark’s New Year’s Rockin Eve,」 に出演した Mariah Carey が、なんらかのアクシデントに見舞われ、不完全なパフォーマンスを行ったらしい。

     youtube で検索してみたら、件の映像があったので、まずはそれをみてみよう。

    Mariah Carey New Years Eve 2017
      (https://www.youtube.com/watch?v=l0ODw2L-XpQ


     これは酷いwwwwwwwww
     申し訳ないが、草でも生やさないとやってられないレベル。

     このステージでは、「Auld Lang Syne」(邦題:蛍の光)、「Emotions」、「We Belong Together」 の 3曲をパフォーマンスした Mariah 。しかし、そのどれも Mariah Carey に期待するものに届いていなかった。

     その中で、「Auld Lang Syne」 だけは、なんとかパーフォーマンスできたといえるけど、音源と口の動きに怪しい箇所もあるし、歌唱後の第一声が、なんか絡んだような声で、明らかに声をだしていなかった人の声だったのがね・・・。
     続く 「Emotions」 については、一切、歌唱せず、「皆も歌って」、「私にもどうなってるのかわからない」 といった発言をし、雑なダンスを披露した。
     最後の 「We Belong Together」 については、歌声と音声が二重に聞こえる箇所もあり、歌の最後には、音源が続いているにも関わらず、なにかコメントを発しており、全体的に雑で、かつ、やる気のなさが感じられる、なんともコメントしようのないステージだった。

     2曲目に 歌声が流れなかったことから、なにかしらのアクシデントがあったのは間違いないけど、音源の口の動きがあってなかったあたり、リハーサル不足の問題がったであろうことは、否定できないよね。


     この出来事について、Mariah Carey のマネージャーである Stella Bulochnikov が、ABC放送を非難しているみたい。

    Mariah Carey’s manager blames ABC for New Year’s Eve mess
    PUBLISHED: January 3, 2017 at 1:26 pm | UPDATED: January 3, 2017 at 3:00 pm

    Mariah Carey’s manager is blaming her “New Year’s Rockin’ Eve” performance fiasco on ABC, saying they wanted a viral moment at Carey’s expense.

    Carey experienced audio problems while lip-synching her performance and eventually gave up. Her manager, Stella Bulochnikov, is now taking aim at how ABC managed the whole mess, telling Entertainment Weekly she asked producer Mark Shimmel to cut the performance from its tape-delayed, West Coast feed.

    “I asked him why would they want to run a performance with mechanical glitches unless they just want eyeballs at any expense … It’s not artist-friendly, especially when the artist cut her vacation short as a New Year’s Eve gift to them,” she said.

    〜後略〜

    〇元記事URL (Mercury News)
       http://www.mercurynews.com/2017/01/03/mariah-careys-manager-blames-abc-for-new-years-eve-mess/ 


     要約すると、 「そもそも準備不足だった!」 ってことらしい。

     この記事からは、番組プロデューサー?の要望で、とある公演からの音源に合わせるという演出だったみたい。でも、そのためのリハーサルや、音源の確認などが十分でなく、Mariah 側は、番組制作側に要望だしてんだって。更に、会場の喧騒や、音響周りが十分でなかったこともあり、このようなことになってしまったらしいよ。

     そんで、この映像は、西海岸では放送しないよう、要望したんだけど、それはかなわなかった。
     時差があるため、技術的には可能だったのかもしれないけど、番組側は、「どうでネットなんか出回るんだから」 と、要望を突っぱねた感がある。
     この辺が、Mariah 側が 「ABC放送が話題欲しさにハメた」 ってことにつながってるのかも。

     Mariah 側の主張は、事前に音源の確認や、番組側の理由により、十分なリハーサルができなかったこと、そして、音響設備の不備・不具合が原因であるとのこと。
     こうした言い分を聞けば、動画のようなことになっても仕方がないといえる。

     でも、映像を見て、本人にやる気を感じられなかったことも、こうした騒動で、Mariah Carey が叩かれる要因となっていることを、Matiah 側は忘れてはいないか?と思う。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。