• デジタルJ-Pop オススメしたい楽曲 その1

    2017-09-08 18:01
    こんにちはSakamiyaです。

    今回はデジタルJ-Popの楽曲紹介です。いつかはやりたいと思っていたのですが
    中々手出しが出来ずだったのでブロマガ作った今なら出来ると思い記事を書きました。
    今後も1記事につき5曲くらい紹介できればいいかな~と思っています。

    「そもそもデジタルJ-Popって何?」って方の為に説明をします。
    デジタルJ-Popは、アニメソングなどで活躍中のfripSideのコンポーザーのsat氏が
    提唱しているものでして、氏の書いた楽曲は勿論の事ですが、
    大まかに説明すると、「90年代ポップス(小室哲哉系)+ダンスミュージック」
    と言ったところでしょうか。
    楽器的な特徴をあげるとするならば、

    ・HyperSaw、SuperSaw
     →高音域のシャリシャリした感じのシンセっぽい音
    ・ベル系の音
     →楽器のベルとは違ってシンセらしさのある音、硬い音から柔らかい音まで
    ・JD-800やM1のエレキピアノ
     →タンッタンッタンッタンッタンタンと付点8分のリズムが多い
    ・打ち込みのドラム隊
    ・歪んだエレキギター
    ・動きの多いシンセベース(が多い)

    あたりでしょうか。シンセの音が主役となっているジャンルです。

    自分がそれ以外好きなジャンルとデジタルJ-Popの共通点を挙げると
    ・クラブミュージック
     →シンセ中心の曲、SuperSaw
    ・メタル
     →動くエレキギターのリフ
    ・90年代ポップス
     →ベル、エレキピアノ、曲調

    ですので、自分がハマらなかったワケがなかったわけですね・・・w

    今の世の中、デジタルJ-Popはいろんな所に点々としていて、
    それを中心に楽曲を集めていくのはかなり困難です。なので、こういった記事を通して
    デジタルJ-Popはもっと沢山あることを知っていただけたりして頂ければうれしいです。

    また、「デジタルJ-Pop度」と言う項目を設けます。
    星5段階評価ですが、決して低いからと言え悪い評価だという事はありません。
    個人的にですが、星2つ以上ならばデジタルJ-Popだと言えると思います。

    星1つであっても、デジタルJ-Popが好きな人達が気に入りそうだなと感じた楽曲は
    積極的に紹介していければと思っています。


    では楽曲紹介に移りたいと思います。今回は取り合えず3曲。



    ・Another World - A応P
    Amazon

    作詞、作曲:島崎貴光
    編曲:大久保薫

    デジタルJ-Pop度:☆☆☆☆★4

    現在放送中のアニメ「異世界はスマートフォンとともに。」のOPテーマ。
    アイドルユニットなので歌は複数人のユニゾンになっている。

    静かに曲が始まって、歌声とスネアのパァアアアンって音と共に
    身体が起こされるかのように始まるメインメロディ。
    心地よい4つ打ちキックにサイドで踊るSuperSawの音色が印象的。
    一聴した誰もが「これはデジタルJ-Popだ」と言えるはず。
    全体的にデジタルJ-Popの中では明るめの楽曲。
    サビ歌詞の「この手で~」が結構繰り替えしなので、歌詞と一緒にメロディも
    数回聴いただけで耳に残る事間違いなし。
    ノリの良さもピカイチで身体が今にも動き出してしまいそうな感覚になる。

    豊富なFXやスネアのImpact系の音、加工された声、あたりがデジタルJ-Popの中でも
    クラブミュージックっぽさに大きく振った印象を強く与えられる1曲になっている。
    特に2番終わりの間奏が目立つ。

    イントロのサビが終わると前に出てくるSuperSawの音が分厚い音、
    Aメロの後半やBメロで鳴るベルの音が優しい音色でとても心地良い。
    Aメロ1~8小節で落ち着いて9~16小節目からビルドアップしてゆき
    Bメロから激しくなるところもデジタルJ-Popらしさ抜群。



    ・chord liner - 乙P feat.IA
    フル動画
    Amazon

    作曲:乙P
    作詞:海兎

    デジタルJ-Pop度:☆☆★★★2

    ボーカロイド楽曲を投稿してかつて活躍していた乙P氏の楽曲。
    しかしこの楽曲は氏の遺作となってしまっている。(2013年7月9日没 満25歳)
    他にも「暴走電脳-Out of control !!-」はデジタルJ-Popに近い楽曲だったり、
    「Mythologist」などで一際輝くメロセンスが素晴らしい方だっただけに実に惜しく思う。

    氏曰く「トランスポップ」との事。確かにデジタルJ-Popかと言われると違うかもしれない、
    だが踊る分厚いSuperSawの音、キラキラした固めのベル、トランスゲート、
    ギター、動くシンセベースなどデジタルJ-Popとの共通点は多いので、
    それらが好きな人に刺さって欲しい。

    サビのメロの「私を空へ誘う」と上がっていく所が特に印象的。
    Aで明るめになると共に前向きな気持ちになる感じ、
    それからBメロ、サビと移る度に切なさ感じる曲調、メロディになるところが
    この曲一番のポイントであると思う。特に落ちサビからビルドアップしていき、
    最後の転調した後からの「愛してるその言葉を伝えたい」と言うフレーズは鳥肌モノだろう。
    公開されている動画もあるので歌詞や世界観により一層浸れるのも良い。
    "トランスポップ"との事もあり、広がりを感じる音、「空」の壮大な感じも良く伝わってくる。

    余談だが自分が最初に買ったボーカロイドがIAなのはこの曲の影響。


    ・革命の刃 feat.成田旬 - 雨野春陽(CV:南條愛乃)
    Amazon
    作曲:成田旬
    作詞:MITSU

    デジタルJ-Pop度:☆☆☆☆★4
    現在はサービス終了している「オカルトメイデン」という
    スマホ用ゲームのキャラクターソング。
    ボーカルはfripSideのボーカル南條愛乃氏、
    しかし「戦姫絶唱シンフォギア」のキャラクターソングや「黄昏のスタアライト」を聞くからに
    普段俗しているユニットがあれだと他からオーダーされて歌唱する楽曲も
    こういうものが多くなるのか・・・?と思わせられる。
    ちなみに、fripSide前任のボーカルnao氏も脱退後それらしい楽曲を何曲か歌っている。

    デジタルJ-PopのSuperSawとかと比べると少し薄くなり高音域が目立つ音になっている。
    全体的に低音域はそこまで強くない。ギターはパワーコードやブリッジミュートに任せず
    左右で違うフレーズだったりかなりリフが大きく動くのが目立つ。
    ベルは固めの音色。1番のサビ前のタメとビリビリしたシンセの音色がとても良く
    ガツンとサビが始まる感じになっていて印象的。
    サビのメロ合わせの生系のピアノの音によりより一層サビの印象が強くなっている。

    この楽曲の光るポイントは物凄い哀愁感を感じるメロディ。
    サビはF#mスケールなのだが、このスケールは一際強い哀愁感を持っている。
    そして王道進行から少し外れているのにかなりキャッチーになっている。

    ちなみに、デジタルJ-Pop好きならこのアルバムに収録の「蒼穹の誓い」「華吹雪」も
    気に入る事間違いナシ。ゲーム知らなくても是非オススメしたい1枚。




    取り合えず今回はこの辺で終了。文章もっと上手く書けるようになりたいところ。
    次回は未定だけど書きたくなったら書きます。
  • 広告
  • 雑記

    2017-06-23 01:47
    こんばんはSakamiyaです。5月病なり仕事が忙しいなり低気圧で頭痛に苦しめられ
    作業が滞っている真っ只中です。ご迷惑おかけします・・・。

    もう終了してしまいましたが、APOLLOありがとうございました!
    次回のAPOLLOにも参加する予定ですのでよろしくお願いします。

    ちなみに、関係あるかもないかもしれない話をすると、
    8月26日は君の名は。を公開してから1周年だそうです。
    何回も見た身ではありますが、BD発売が待ち遠しいものです。
    未だにどこで買うかかなり悩んでいますが・・・w

    何かしら自分としても出来ないかなと思っています。

    冬コミ、サンクリとイメージソング、アレンジ(イメージソング)CDが続きました。
    次回の秋M3は自分らしさ全開の"哀愁感"をテーマにしたオリジナルアルバムの予定です。
    来月こそは制作に集中したいと思います。頑張ります。

    また、夏コミは自身は申し込んでおりませんが、何かしらある・・・気がします!
    ご期待下さい。

    ちなみにBOFU2017にも参加します、力強いメロディーメイカーのお三方と、
    そして去年のBMSイベント(無名戦13)で集まった仲間達とのチームで参戦予定です。
    自身の方は実は作曲だけの段階はもう終了しています。
    まだまだ制作中ですので、是非公開までお楽しみにして頂ければと思います。


    そういえばBMSも作り始めてから大分曲数が増えてきました、現時点で22曲です。
    あとはふざけたものとか合作とか云々。
    評価イベントにも沢山出して皆さんの助言あってここまで来れました。本当に感謝です。
    なので、DTM始めたての人で音楽ゲームが好きだ!って方は一度作ってみるといいかもしれません。
    ボタンを押すと音が出る、その感動を覚えたら暫くハマると思います。

    ただ、自分の将来的な方向性としてはリスニング向けの楽曲を作りたいと思ってるので、
    今後どうするかはちょっと今考えているところです。(音楽ゲームは好きなのですが)
    取り合えず決まってる予定のものは全力で頑張りたいと思います。


    それと物凄く話が逸れますが、ラーメン二郎に興味を持ってる方は
    是非「ラーメン二郎新小金井街道店」をオススメします。
    都心から離れてるのがネックですが、店内の雰囲気も良くメニューやトッピングも豊富で
    初めてならば是非行って欲しいお店です。
    何か聞きたかったら自分のTwitterへリプライ頂ければ回答しますよ!


    またネタとか思いついたら適当に書きます。
  • APOLLO(第6回)参加のお知らせ

    2017-06-16 23:31

    こんばんはSakamiyaです。6/17~6/19まで開催のインターネット音楽マーケットAPOLLOに
    今回もDiPathoS、参加致します。


    ETERNO ULTIMATE MIX Vol.1(DL版) 450円
    periit memoria ~your name~(DL版) 450円

    いずれも過去にCD頒布した作品ですが、DL販売はAPOLLO限定頒布となっております。
    お手に取れてない方も是非この機会によろしくお願い致します。



    また、秋M3に申込をします、スペースを頂けましたらニューアルバムの頒布を予定しています。
    現在も鋭意製作中です。
    ETERNO ULTIMATE MIXを作った後、かなり追加の機材の購入をしたのもあり、
    いい感じのアルバムになってくれる予感がします。現在も鋭意制作中ですのでご期待下さい。
    恐らくノーコンセプトのデジタルJ-Pop中心アルバムになる予定です。

    冬コミも申込をしようかなと考えています。そちらについては完全未定ですが、
    シングルでもリリースしようかなと考えているところです。


    サークルとしてのお知らせは以上です。それでは明日からのAPOLLO、よろしくお願い致します。