【ツイ廃用】スマホでのTwitterはAPIを消費しないユーザーストリーム対応アプリで決まり
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ツイ廃用】スマホでのTwitterはAPIを消費しないユーザーストリーム対応アプリで決まり

2013-03-05 13:37
    @どMなキョンです

    ついに3月5日を迎え、Twitter API1.0が試験的に停止。
    Twitter 旧バージョンのAPI1.0は日本時間の3月6日(水)午前2時~3時に試験的な停止を実施し、その後完全終了へ https://dev.twitter.com/blog/planning-for-api-v1-retirement
    いずれ本停止され、公式以外のクライアント(アプリ)は15回/15分までしかタイムラインが更新できなくなります

    ついっぷるをはじめとする、多くのアプリが改悪を余儀なくされている。これはアプリ側が悪いのではなく、Twitter本体の仕様変更なのでどうにもならない。

    普通に使いたいだけの人は公式アプリを使うことをおすすめする。
    公式なら180回/15分まで更新できる

    公式と非公式のアプリでどのくらい制限が違うのかについては過去の記事をみてほしい
    http://ch.nicovideo.jp/dom_kyon/blomaga/ar116388



    さて、ここからが本題だが、いわゆる「Twitter廃人」にとっては今回の仕様変更がライフラインを脅かすほどの驚異となっている。

    APIによるタイムライン更新回数規制はアプリごとに定められているので複数のアプリを切り替えれば回避が可能

    そのためかここ数日で駆け込み的に複数のTwitterアプリをダウンロードする人が急増。
    だが、1クライアントにつき10万人のユーザーまでと決められているため、便利なアプリでも利用者が満員で使えないケースもある。※『ShootingStar』『twitcle』など


    じゃあ、いつやるか?

    今でしょ!



    そこでお勧めしたいのがAPIを消費しないユーザーストリーム対応アプリだ。

    非公式アプリでも「ユーザーストリーム機能」のあるアプリなら更新ボタンを押さなくても滝のようにツイートが流れていくのでAPIを消費しない




    ↑フォロワーが多い人や、ROM専で眺めていたいだけの人にはピッタリなのだ

    ■ユーザーストリーム対応アプリ
    アカイトリ
    jigtwi(wi-fi利用時のみ)
    Cerisier
    tweecha
    はむーん
    biyontter

    自分的にアプリが使いづらいと思ったら、作者にお願いするのも手だ。

    では、楽しいツイ廃ライフを!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。