• ミリオンシアター組の誕生日をお祝いしつつボドゲを考えてみる【第1回:エミリー】

    2017-01-08 00:00

    エミリー誕生日おめでとう!


    と、唐突なブロマガの書き始めですが、とうとう観念しました。
    以前(と言ってもかなり前ですが)、ミリオンライブ、シアター組とボードゲームと称して、このアイドルはパーティーゲームが好きだろうし、こっちはゲーマーズゲームが好きだろうなぁとかぼんやり考えていたわけです。(まとめ)

    これが思いの外楽しくなってきまして、それならいっそのこと、
    ミリオンライブシアター組のアイドル達が遊んでいそうだったり、好きそうだったりイメージに合っていそうなボードゲームを考え、何でそう思ったのかアイドルの紹介を併せてやってみようと思ったわけです。

    でも、シンデレラに比べれば少ないとはいえど、徳川将軍の数よりは多いわけですよ。これを好き勝手やっていったら確実に途中で力尽きるわけで、
    それなら、アイドルの誕生日をお祝いしつつ投稿すれば、きっとできる、たぶん……。根詰めすぎてアレになってもアレなので、まぁその辺はがんばる。

    などと、いきなり若干の不安感を抱きながらスタートするわけですが、
    なるべく初心者でも大丈夫なように書いていきたいと思います。
    僕自身、ボードゲームあんまり詳しくないので。あしからず。
    浅く緩くにわかに行きましょうって感じでブレーンストリーミング企画始めます。

    ****

    と言う前置きを置いておいて、それじゃあ早速エミリーにぴったりなボードゲームを考えて行きましょう。



    まずエミリーと言って、すぐに思いつくのは英国生まれと言うこと。
    当然ですがミリオンライブシアター組で唯一の特徴です。

    と言うことは、イギリスが舞台のボードゲーム、となると過酷溢れる「ブラス」や1対多の卓上で繰り広げられる大捕物「スコットランドヤード」、もちろんあのアーサー王伝説をテーマに据えた「キャメロットを覆う影」なんてものが思い浮かぶわけですが……

    実はエミリーにはイギリス生まれの大和撫子との異名があり、日本に大変あこがれを持っている子でもあるわけですね。自身も大和撫子となるべくお淑やかで13歳と全体の中でも低めの年齢ながらしっかりしているように感じられるのもそのせいかもしれませんね。

    と言うか、若干それが行き過ぎている面もあり、横文字を使うの極端に避けていて、プロデューサーではなく仕掛け人様と呼び、ファンのことをご贔屓様と呼ぶ、抹茶ロールの事を抹茶味巻き洋菓子、挙げ句の果てには、ユニット名のサンシャインリズムを日光律動と呼んだり。
    外国語禁止ボウリングでもやってるんですかね……?

    となると、日本がテーマのボードゲームが良いかなって思う訳ですが、日本をテーマにしたボードゲームって結構とんちきなゲームが多いんですよね。
    そこはどこの日本だってなるようなゲームが。

    例えば、「NIPPON-明治維新-」ではお弁当工場を造って売るとかやってますね。
    こんな日本見せたら、エミリーに怒られかねません。

    ただ、中には本当に日本の文化のことをゲームに落とし込んだ物もあります。

    「源氏(Genji)」と言うゲームは本当に、良くできていた印象でした。
    和歌を作り、姫君に送るゲームです。四季があり上の句と下の句があり、良い歌を詠んで、狙いの姫君の送っていく。姫も歌の好みがあり春の歌が好きだったり、恋愛の歌が好きだったり、自然のことを詠んだ歌が好きだったり、雰囲気良く作り込まれています。

    和風と言うことで国内のデザイナーによる作品を考えると、必殺仕事人になれるゲームである「成敗」や舞妓さんになり、お偉いさんの寵愛を受けていく「舞星」などがありますね。
    また、伝統的なゲームとしては「ごいた」と言うものもありますね。

    しかしながら完全に和風と言うのもエミリーとはちょっと違う気がします。
    エミリーは日本が好きなだけで、大和撫子になるべく英語を使わないようにしようと言うちょっと努力の方向が変になっているのだと思います。
    と言うわけで、原点に立ち戻りつつ、日本なゲームと考えると……
    そうです、エミリーの英国と日本が混ざった「スコットランドヤード東京」があるじゃないですか。
    やっぱりスコットランドヤードじゃないか!





    スコットランドヤードと言えば、犯人役であるMr.Xと、スコットランドヤードの刑事側に別れて、ロンドンを舞台に、追いかけっこするゲームであり、
    刑事側は移動方法と定期的に姿を見せる情報を頼りに、協力して追い詰めていかなければならず、Mr.Xはその相談を聞きながら、何とか逃走経路を切り開かねばなりません。

    実はこのゲーム発売されたのが、かなり前であり様々な派生の作品が生まれています。
    ニューヨークを舞台とした「ニューヨークチェイス」
    システムに手を加えヨーロッパを舞台とした「ミスターX」
    小型の盤面にして若干簡略化した「ミスターXロンドンへ行く」などがありますね。

    その中で、今回の作品は東京を舞台とした盤面となっています。
    本家同様に見事に作り込まれたマップは綺麗で、東京タワーとか東京ドームなど実際のランドマークもしっかり描き込まれています。

    それにほら、これ、スカイツリーですよスカイツリー







    このゲームは遊びながら軽く東京観光みたいな気分になれるのも良いですね。

    と言うことで、エミリーにはスコットランドヤード東京をお勧めしようと思います。

    エミリー誕生日おめでとう。




  • 広告
  • ミリオンライブ脇の甘いアイドルランキング

    2016-02-28 22:593
    これは完全無欠のたんなる暇つぶしなので、まともなプロデューサーさんはLTH合作を応援してミリオンライブのことを知るのが良いと思うよ!




    と言うわけで、いやー、すごかったですね。期待に胸をふくらませて、大阪会場の予習も捗りますね。

    さてさて、それでも残られた方、ここから始まる駄文散文をどうぞ。

    まぁ、あれですよあれ。ランキングです。久々ですね。
    あと、僕が適当に勝手に思ったことを書いていることなので、そんなわけないよとかここは違うわ、とかいろいろあると思いますが、その辺は笑って見逃していただけると幸い。
    まぁ、そういうのが苦手な人は回れ右で。
    久々に書きますね、このセンテンス。

    【ミリオンライブのカードとは】
    まず、はじめに話しておかないと行けないのは、ミリオンライブのカードはいずれも、様々な場面で撮影された写真であると言うことであるわけです。
    ガシャもカメラの絵だったりファインダーの画面に切り替わったりもしますね。
    撮影者は、カメラマン子さんこと早坂そらさん。



    もしくは、彼女が移っているカードではプロデューサーが撮影している可能性がありますね。

    ここで「ん?」と違和感を覚えた方、おめでとうございます。
    こちら側にようこそ。
    と言うわけで、そうですよ。
    ミリオンライブのカードは時々あれなカードがあるわけでして、ついぞ先日公開され話題になったカードとか、なんか凄いことになっているわけです。

    それじゃぁ、それを撮影したのはどこの誰なんだ? と言うか、どうやって手に入れたんだ。早坂さんか、それともプロデューサか? 
    身内からのすっぱぬきか!?
    どうなってるんだよ!?

    【脇が甘い!】
    と言うわけで、アイドルと言うものはスキャンダルには気をつけなければなりません。
    そんな中で、自宅というパーソナルスペースにしてサンクチュアリに進入され、あまつさえ写真を公開されるなんて脇が甘いと言わざるをえません。

    そこで2月13日の時点で公開されたカードから、自宅に潜入された形跡が見られるカードについて。その潜入深度に合わせポイントを設定しました。

    つまり……

    自宅のお風呂:3pt
    自宅寝室:2pt
    自宅:1pt

    として、シアター組37人のアイドルごとに集計しランキングを作成いたしました。
    集計していて分かったのですが、自宅外のお風呂に入っているところを撮影されているカードも多くあるのですが、これについては今回、除外して参考記録程度に考えさせていただきたいと思います。

    それでは5位から公開し、各アイドルに注意喚起していきたいと思います。
    ミリオンライブ脇が甘いアイドルは誰だ!?ランキングはじまります。




    【4位 真壁瑞希、馬場このみ、周防桃子:3pt】

    5位と言ったのに4位からかよ!ってなりますが、同率なのでここからです。実質4位はいきなり個性的なこの三人がランクインしました。
    ここで、3ptと言うのが下位の団子っぷりをあらわしていますね。

    どんなカードがピックアップされたのか、それぞれ個別に取り上げていきましょう。

    ・真壁瑞希
     マイペーステクニシャン:2pt


    初期から公開されている真壁君の貴重なパジャマ姿。最近では、後ろ姿を見せてくれたことでも有名なこのカードで堂々の2pt獲得です。

     恒例のお手紙:1pt


    さらに加えて、若干のドヤ顔がかわいらしいこのカードで1pt併せて3pt
    まさかこの子がと言う驚きとやはり脇が甘かったかと言う納得が入り交じった、ランクインと言えるでしょう。

    ・馬場このみ
     大人の休日:2pt


    何やってますの、あんたその1
    寝室ではありませんが見せちゃ行けないレベルで酔いつぶれているので2pt
    完全に初期のバニラSRながらこの破壊力と脇の甘さ。お酒はほどほどに。

     ヤケのみ忘年会:1pt


    だからお酒には気をつけろと言っただろ!
    正直、百瀬莉緒さんにも2pt加えたいところですが、
    今回のルールを大幅に外れるので、1ptだけにしておきたいと思います。
    ……だけど、お前ら本当に反省しろよ!

    ・周防桃子
    まさか先輩がこんな所にランクインするなんて……とお嘆きの皆様。
    ご安心ください。実は、招待報酬での連続した絵柄3枚のカードなだけです。



    演技の練習のシーンなので、今回は不本意ながらランクインしてしまった訳で、今後気をつけていただきたいところですね。


    【3位 木下ひなた:4pt】
    なるほど田舎特有の玄関に鍵をかけない感じがよく表れているランクインではないかと思えます。納得の順位ですが、都会では気をつけるんだよと心配になりますね。さて、今回カウントされたカードを確認しましょう。

     家族の応援:1pt


    初期のRですが、実家から送られてきたお芋を持ってうれしそうにしていますね。ほほえましさも感じますが、気のゆるみは今後に渡っても続いて行ったことが今回のランクインにおける直接の原因と鳴ってしまったように思われます。

     ふわもこルームウェア:2pt


    続いて寝室。お気に入りのルームウェアを披露してごきげんですが、少し疑問に思っていただきたいところ。木綿のハンカチーフばりに都会の絵の具に染まらないで帰ってと願っている方、まだひなたはそのままですが、もっと気をつけないといけないことがあると思うんですよ!

     お母さんの味:1pt


    なんて危惧していたら、実家に連行ですか!
    打算も何もなく、こういう写真を撮られているのは本当に不味いので、気をつけていただきたいところです。


    【2位 佐竹みなこ:5pt】
    ここに来てついにようやく5pt稼ぐアイドルが出てきましたけど、正直こいつ脇が甘いというか、隙を見せておいて殴りかかってきた腕をがっちりホールドしてしめ落としに来ているような感じなんですよ。
    だって、自宅というか実家というか佐竹飯店で、確かに招待HRで数を稼いではいるものの、そうやって固めて来るのは反則だと思います。





    ほら、こんなの逆に恐怖しかないですよ。それでいて、飯店のカード以外で点数を稼いでいないんですよ。ストマッククローを食らってる気分ですよ。
    システム上、この順位にいるものの、正直名誉の除外してやりたい所です。


    【余談】
    さて、正直、1位はやっぱりあいつかよ。そりゃあいつしかいねぇよと言ったところで皆さん分かっていると思うので、今回0ptだった、さらに自宅外でもお風呂のシーンが無いなかで、意外に思った子を何人か挙げたいと思います。

    ・田中琴葉:

    ミリオンの正ヒロインとも言えそうな位置にいる彼女ですが、驚いたことに、0ptでした。やはり美奈子の方が怖いのでは。

    ・豊川風花:

    ミリオン最大のセックスアピールをほこる彼女ですが、なんと自宅への侵入は一度も許しておりません。えらいぞ風花さん、これからもセクハラに負けずに頑張ってください!

    ・高山紗代子:

    水着ゴルフからはじまり、何を考えているのか心配になるカードが量産されている彼女ですが、なんと自宅侵入は完全にシャットダウンしています。偉いぞ!

    ~2/29日追記~
    と思ったら集計抜けてました。大事な約束が自宅ですね。これ。



    と言うわけで、1pt。全く気をつけていただきたいですね、筆者。

    この他、エミリーとか納得のメンバーが0ptです、これからも頑張っていただきたいところです。


    さて、それでは皆様、知ってたの1位発表でございます。


    【1位 北沢志保:6pt】

    堂々の6ptもう言い逃れは出来ない。数も質も抜群の物が揃っております。

    大切な贈り物:1pt


    いきなりの自宅で夜って何を考えているのかこの子は。審査委員が審査委員なら2pt計上されていてもおかしくないところ。

    等身大の笑顔:2pt


    こっちは初期からあったカードですが、こちらではパジャマに寝室。
    しかも独り言をプロデューサーに聞かれているという、完全に潜入を許してます。
    もういろいろと不味いのではないでしょうか。
    地味にあの黒猫のぬいぐるみもこれで合計3ptですね。

    ゆったりゆず湯:3pt


    そして最大の問題作、このランキングを作ろうとした最初のきっかけであり、どうやって撮影が行われたのか疑問の残る1枚
    合計6ptで反則すれすれの行為を力で退け堂々の1位です!


    【なぜ北沢志保は1位となった?】
    プロデューサー、もしくは早坂そらさんの潜入が主な撮影者となるのでしょうが、ここでは内通者の存在を疑いたいと思います。
    そう、彼女には弟が居ることが明言されていますね。
    つまり、プロデューサー辺りが風花さんがロデオマシンに乗ってる写真とかと引き替えに入手した可能性がありますね。

    では、なぜプロデューサーはそこまでして自宅写真を求めたのか。
    それは志保の本当の素顔を見たかったのかもしれません。
    最近、柔らかくなってきたと言う感じもありますが、まだまだ外で周囲の目があるところでは本当の自分を見せていないんじゃないか、だからこそ本当の素顔がでる、自宅での写真をプロデューサーは欲しがったんじゃないかと言う仮説を立てることが出来ます。

    なんだか、凄くくだらない好奇心で集計したランキングですが、少しだけいい話に出来た気がしますね。ただ、お風呂の写真まで撮る必要は無いですね。
    反省しろよ!



    と言うわけで駄文散文、考察不足失礼いたしました。
    ミリオン3周年おめでとう!!
    これからも面白いカードをお願いします!
  • 【Novelsm@ster】律子と律子・最終話について

    2015-11-29 12:24

    先日、【Novelsm@ster】律子と律子・最終話と言う動画が投稿されました。

    まずは謝罪を。ごめんなさい。
    本当なら去年のうちにあげて、BTTFの年を迎えるつもりでしたが、伸びに伸びてこんなことに。

    第3話が去年の5月なので実に1.5年ほど経ってますね。
    その間、輝きの向こう側からやっぱり帰って来れなくなったり、僕に中谷育という娘ができたり、OFAやったり、シンデレラガールズのアニメがあったり。
    いろいろありましたが、だらだら作り続けて2年近くなって、いろいろと周囲の様子は変わりましたが、変わらずに投稿できるところがあるってとても幸せだなぁと思いつつも、反省。

    話自体はこの最終話まで書き上げてから動画の作成を始めただけに、もっと早く作れなかったか、と言う面と今だからこそ出会えた曲があるのかなとも思っています。


    さて、軽く後書きがてら弁明を。なぜこのような動画を作ったのかと言いますと、SFをやりたいという、男子特有の病気にかかっていたころに、かもっぱちPのこちらの動画を思い出します。



    こちらの動画や、春香さんが増えたり、アイドルって増えても良いものなんだなぁと言うのが深層心理に深く刻み込まれたわけです。好きなアイドルが画面にいっぱい居るとうれしいし。

    それじゃあ、増える理由はと考えたら、せっかくだしタイムリープもので過去自分とと未来の自分が出会う話をやりたいなぁってなったわけです、もうすぐBTTFですし、せっかく1立ち絵と2立ち絵が使えるわけですし。

    そうした場合、一番面白いのはだれだろと考えたら、そりゃ、もう、律子しか思いつかなかった訳です。

    ただ、この子で1律子と2律子の話すると、これは適当なこと出来ないわ……ってなるわけです。いや、二人がキャッキャウフフしてるのを考えるだけでも良いのですけど、この二人絶対喧嘩するもん。

    んだば、どないすっぺって考えた結果、PS3版のアイマス2のエクストラエピソードと中南海Pのこちらの動画に行き当たるわけです。



    なるほど、竜宮小町の結成と、竜宮小町の再出発を律子と律子だけで組んで、周りに竜宮小町メンバーを配置していこうって決めました。話の流れはさくっとできて、ちまちま作っていったわけですが、現実と闘っていたせいもあり動画も極力めんどくさいことはしないって決めて、あくまでオーソドックスに作っていったので、途中2話まではある程度、さくっと行ったのに、輝きの向こう側に行ってごらんの有様に。

    ソシャゲって時間使っちゃうよね。

    そんなわけで、1話をあげたのが13年の12月。あまり長い話にならないなんて言っておいて、2年かかって完結(全4話)ってなんやねんって話ですが……、ただ投げ出さずに最後まで作れたのは、シンデレラガールズのアニメを見たからかななんて思います。



    さて投稿始めたときとは、いろいろ変わっていますが、話はほぼ変わってません。
    ただ、一つ変えた点があります。

    サムネ使っていた、こちらのタイトルを



    ラストで出すときに、そのまま使うことから、ちょっとだけ変えました。



    この二人をもうちょっとだけ見守ってもらえればと思います。


    それでは最後に種明かしを。
    「しらんちん」を最後の1文字はノイズで消去して、キーボードのカナ入力を見ると……
    「し」→「d」
    「ら」→「o」
    「ん」→「y」
    「ち」→「a」

    と言うわけで、ドヤPが作ってました。
    真面目な話作る気恥ずかしさと、1話の冒頭のあの願望でして。
    うん、ごめんね。

    それでは、うそつきな二人にさよなら、……ありがとう。