• ミリオンシアター組の誕生日をお祝いしつつボドゲを考えてみる【第17回:馬場このみ】

    2017-06-12 00:05
    このみさん誕生日おめでとうございます!

    と言うわけで、ミリオンライブシアター組の誕生日をお祝いしつつ、
    そのアイドルにあっていそうな気がするボードゲームを紹介しようとしている、
    よく分からないけど、こんなゲームがあってそうだよねっていうのを考えていく企画です。

    ******


    と言うわけで、6月12日は馬場このみさんの誕生日です。
    ミリオンライブの最年長、ちっちゃいけれど、本人はセクシー目指してます。
    時々、ざんねんなことになったりもしますが、基本的には面倒見の良いお姉さんです。

    ほんと、セクシーが絡まなければ良いお姉さんです。



    ほんとセクシーが絡まなければね……。

    と言うわけで、どんなボードゲームが良いかなぁと考えていましたが
    そう言えば、脱出物のイベントをやっていましたね。



    と言うことで、雰囲気が似たような脱出ゲーム「ROOM25」とかいかがでしょうか。





    つい最近はイベントでトレジャーをハントに行っていましたね。
    トロッコにはもちろんブレーキは付いてなかったりします。



    危険な洞窟に財宝をゲットしにいく「インカの黄金」も良いかと思います。





    しかし、このみさんと言えばやはりお酒でしょう。




    お酒造りがテーマのボードゲームとして「ビール侯爵」「ワイナリーの四季」と言ったものがあります。
    原料を手に入れたりそれを作ったりと言った手続きの繰り返しがボードゲームとの相性が良いのかもしれません。

    しかし、お酒造りと言うよりもお酒を楽しく飲む方がこのみさんには向いている気がします。

    となると、お酒呑みながら気軽に出来るポーカーのようなゲームが良さそうですね。

    と言うことで、トランプのようにいろいろなゲームが出来る、「Pairs」がいいかなと。



    いろいろな絵柄の「Pairs」が発売されていますが、基本は数字によって枚数に勾配が付いたカードであることは変わりませんね。

    カードを引いていき、ペアが出来てしまったら負け抜けしていくようなゲームです。

    これとは対照的なのが、逆にペアを作って役を作るお手軽なポーカー風の「Twins」も分かりやすく良さそうですね。





    麻雀が特技でもあるのでこういう役を作るゲームも得意かもしれません。


    と言うことで、このみさんには「Twins」をお勧めしようと思います。



    でも、お酒はほどほどに。

    このみさん、誕生日おめでとう!


  • 広告
  • ミリオンシアター組の誕生日をお祝いしつつボドゲを考えてみる【第16回:松田亜利沙】

    2017-06-07 00:05
    亜利沙、誕生日おめでとう!!

    と言うわけで、ミリオンライブシアター組の誕生日をお祝いすることにかこつけて、
    そのアイドルにあってそうな、そんな気がするボードゲームを考えていこうと言うものです。
    緩く見守っていただければ幸い。


    *******


    と言うわけで6月7日は松田亜利沙さんの誕生日ですね。アイドルが大好き過ぎるアイドルオタクの女の子、そんな子がアイドルを目指していたりします。

    (バルログは当たり前)

    だとすれば、やっぱりアイドルをプロデュースするゲームでしょうか。
    アイマスをテーマにした二次創作ゲームも有るのですが、オリジナルの中で有名処と言えば「スターライトステージ」が思い浮かびますね。


    むぅ、しかしここで終わるのは何か違う気がする。
    と言うことで、亜利沙のカードアルバムを確認に行くと。
    何とも素敵なカードが。
    シンデレラの方には化学特攻持ちの志希がいますが、ミリオンのシアター組でそんな絵柄のカードは意外に多くないのです。

    (何をやっているのかは僕には分からない)

    となると、がっちがちの化学ゲームである「Compounded」も良いかなと思えてきます。


    (いろんな化合物を合成するゲームが、往々にしてラボから火が出ます)

    また、亜利沙の試験管の傾け方を見ていると、「ドクターエウレカ」じゃないかなとも思えます。

    (試験管を傾けて、中のボールの色をを指定された通りに並べ替えるゲームです)

    ただ、確かにデータベース(アイドルの)とか作っていたりはしますが、あんまり化学で推すのはどうかなぁ……とよくよく考えてたら、亜利沙が逮捕されてたの思い出しました。






    ぶっとんでると言われるミリオンライブの中でも、上位に食い込んでくるイベント。
    でも、みんな盗撮やら盗聴でついに捕まったか……と言う感想が多かったのが印象的でしたね。

    と言うわけで、イベントでもやってるし、脱獄するボードゲームをお勧めしましょう。

    脱獄や、脱出と言ったテーマのボードゲームは意外とあるもので、
    まずは「カルタヘナ」というコロンビアの要塞都市で実際に起きた海賊の脱獄をテーマにした物、手札を使って、自分の海賊を海賊船まで脱出される物です。


    (脱出用の海賊船まで洞窟をわらわら進んでいきます)


    だた、やはり囚人の脱獄と言えば、監獄島として有名なあのアルカトラズ島の名を冠する「アルカトラズ・スケープゴート」でしょうか。



    こちらは協力ゲームとして、囚人となったプレイヤーは脱獄を目指すのですが、スケープゴートが示すように、一人を指名して囮としなければならず、囮に指名されたプレイヤーは他のみんなが脱出できても敗北となってしまう辺り、普通の協力ゲームとは趣が変わってきますね。でも、きっと楽しんでくれるはず。


    と言うわけで亜利沙には「アルカトラズ・スケープゴート」をお勧めしたいと思います。
    ゲームの最後にはイベント同様、満面の笑顔がありますように。



    亜利沙、誕生日おめでとう!!








  • ミリオンシアター組の誕生日をお祝いしつつボドゲを考えてみる【第15回:望月杏奈】

    2017-05-30 00:51
    杏奈、誕生日おめでとう!!

    と言うわけで、誕生日をお祝いすることにかこつけて、
    アイドルにあってそうなボードゲームを考えていくよく分からない企画、
    そんな記事となっております、緩く楽しんでいただければ幸い。
    ミリオンライブはいろいろ新しい展開が入ってきて正直うきうきが止まりませんが、
    この企画はなんとか完走できればいいなぁって。

    *******


    と言うわけで、五月最終日5/31は望月杏奈さんの誕生日です。
    杏奈と言えば、劇場版登場組と言うこともあって、知名度も高いのではないのでしょうか。
    さて、杏奈と言えばステージの上ではスイッチONしてテンションMAXな感じですが、
    それ以外ではどちらかというとおどおどしている内向的な感じがありますよね。



    ただ、一度ステージにのぼるとテンションMAXでがんがんになったりします。
    とはいうものの、


    実際はゲーム大好きで、以前紹介した百合子とオンラインゲームを遊んだりする仲だったりもします。



    となると、百合子と同じくファンタジーに寄った協力ゲームとか良さそうなのですが、どちらかというと、ファンタジーよりもどっちかというと現実よりに近い感じでしょうか。

    例えば、「禁断の島」とか良いのかもしれません。




    みんなで協力して、島のお宝を手に入れて脱出する、良くできた協力ゲームです。
    島がどんどん沈んでいくのが緊迫感を増していきますね。

    ただ、ニンジャだったり、隠密行動しているカードが思ったより多いんですよね。


    と言うことは意外とスニーキングミッションとか得意そう。
    隠れつつ、あまりファンタジーよりと言うわけでもなく、と言うことでゾンビ物のボードゲームを推していきたいかなと。

    と、気軽に言いましたがボードゲーム界隈はほんと、アメリカの影響かなにかゾンビゲームがヤケに多いですよね。
    「ゾンビゲドン」「ゾンビーズ」と言ったいかにもゾンビなゲームとかありますが、
    やはりゲームや映画に寄せたゲームが良いんじゃないかな

    となるとやはり名作、「Last Night on Earth」でしょうか。





    これはゾンビ映画もさながらの展開をボードゲームを通して味わえる名作ですね。
    いろいろ拡張が出るのもうなづけます。

    ただこれもいいのですが、対抗馬として挙げるなら「ZONBICIDE」でしょうか


    こちらはゾンビフィギュアましましで、圧倒されながらも、トリガーハッピーになりつつゾンビをなぎ倒したりも出来る素敵なゲームですね。
    キャラクターを選択し、その能力を活用しながら、戦っていくのはとても楽しいです。
    スイッチはいるとテンションMAXになっちゃう杏奈には、ゲーム性もマッチして最適なのでは無いでしょうか。

    と言うわけで、杏奈には「ZONBICIDE」をおすすめしようと思います。


    杏奈、誕生日おめでとう!!!



    ******
    余談
    間に合わなかったら、みゃおがボードゲームを代わりにお勧めしてくれたことになるところでした。