• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

WSOF身売り、新団体プロフェッショナル・ファイターズ・リーグとは何か■MMA Unleashed
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

WSOF身売り、新団体プロフェッショナル・ファイターズ・リーグとは何か■MMA Unleashed

2017-05-01 00:00
    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム――今回のテーマは……


    WSOF身売り、新団体プロフェッショナル・ファイターズ・リーグとは何か


    米国第3のMMAプロモーション、ワールド・シリーズ・オブ・ファイティング(World Series of Fighting、 以下WSOF)が会社を2,500万ドル(約27億8千万円)で売却、新オーナーの元で新たにプロフェッショナル・ファイターズ・リーグ(Professional Fighters League、以下PFL)として生まれ変わることが明らかになった。

    PFLは2018年1月から興行を開始の予定で、トーナメント方式を採用するという。

    PFLのプレスリリースによると、“レギュラーシーズン”である1月から10月にかけて、7階級でトーナメントが行われる。契約配下選手には年間3試合が保障される。ワシントンDCのSt. Elizabeth East Campus(NBAワシントン・ウィザーズの練習場)と、ボルチモアにあるスポーツ用品メーカーUnder Armour本社キャンパスに新設予定のスタジアム(キャパ7000人)を常設会場として使用する。

    レギュラーシーズン終了時点で各階級の最高勝率選手(おそらく上位2選手)が優勝決定戦プレイオフを行う。ファイトマネーとして年間総額1,000万ドル(約11億円)が用意され、各チャンピオンに優勝賞金として100万ドルが、残りの300万ドルがその他の選手に配分される。



    この続きと、船木誠勝とUWF、骨法、RIZIN反省会、原理主義者対談、アンダーテイカー、亀田1000万円…など20本以上の記事がまとめて読める「13万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 


    この記事だけをお読みになりたい方は下をクリック!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。