• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「ONEにはコナー・マクレガーはいらない」 UFC中国大会発表に先立ち、UFCとONEの広報戦争勃発!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「ONEにはコナー・マクレガーはいらない」 UFC中国大会発表に先立ち、UFCとONEの広報戦争勃発!

2017-08-11 17:51
    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム――今回のテーマは……「ONEにはコナー・マクレガーはいらない」 UFC中国大会発表に先立ち、UFCとONEの広報戦争勃発!



    UFCが11月25日に初の中国本土興行となる上海大会を開催することを発表した。上海と言えば、ONE Championship創業者で取締役のビクター・クイが在住しており、ONEのオフィスも設置されている都市であるから、まさにONEのお膝元にUFCがいきなり殴り込む格好となる。そのONEも、9月2日には上海で、10月21日には北京で、さらに12月23日には深圳(しんせん)で大会を予定しているので、期せずして中国本土の利権を争う両団体による興業戦争の様相だ。

    この興業戦争に先立ち、実は両団体はお互いを意識して、我こそはアジアナンバーワンMMA団体であるとの広報戦争を繰り広げていたのだった。ONEの言い分はこうだ。

    「西にUFCあれば、東にONEありだ。アップル対サムスン、YouTube対Youku、Twitter対Weibo、Facebook対Renrenのように、東西対決はどの業界にもある。確かに米国ではUFCが90%のシェアを占めているだろう。しかしアジアでは、我々が90%のシェアを占めている。UFCは90%が白人向け、我々は90%がアジア人向けだ。我々はすでに大会場を埋め尽くしている。入場料収入記録も、観客動員数記録も打ち立てている」(ビクター・クイ取締役)(Manila Standardより)


    この続きと、中村頼永・前後編、呪われた鉄の爪、グレート小鹿、RIZIN現実と理想トーク、堀口恭司、那須川天心…などの記事がまとめて読める「12万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 
     

    この記事だけをお読みになりたい方は下をクリック!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。