• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

新日本はもう追いつけない…? WWEがビックリのビッグディール獲得!■MMA Unleashed
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

新日本はもう追いつけない…? WWEがビックリのビッグディール獲得!■MMA Unleashed

2018-06-08 08:39
    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマは「アメリカで金曜8時は地上波プロレスの時間! WWE、UFCもビックリのビッグディール獲得!です!






    5月17日午前9時30分、ステファニー・マクマホンとその夫、ポール・ラベスク(トリプルH)は、マンハッタンにある21世紀フォックス本社44階の会議室に向かった。彼らはそこで、WWEの放映権獲得を狙っているFOXの重役にプレゼンを行うのだ。

    WWEの人気番組RawとSmackdownは共に、2014年から現在に至るまで、NBCUniversal(以下NBCU)傘下のUSA Networkチャンネルで放映されている。2019年9月末で満了する現在の放映権料は、年間1億3,000万ドル(143億円)だ。NBCUでは両番組の放映権契約を、これまでの3倍弱に当たる年間3億6,000万ドル(396億円)、期間10年で更新しようと考えていた。しかしNBCUとWWEの交渉は合意に至らないまま、独占交渉期間が5月16日の午後4時59分を持って終了すると、WWEとFOXは、Smackdownの放映権について、年間2億500万ドル(225億円)、期間5年で契約を締結した。

    こんなに早く契約がまとまったことをみても、プロレスなどのライブイベントが同局の戦略にとってどれほど重要だったかがよくわかる。FOXグループを率いるマードック一族は今、資産のほとんどをディズニーやコムキャストに売却した後の新生FOXの立ち上げに奔走しているのだ。

    5月17日のミーティングには87歳の御大、ルパート・マードックも参加した。この案件を仲介した広告代理店は、UFCの親会社エンデバーのライバル会社であるCAAだ。会議室には巨大なテレビ画面が設置され、そこにはレッスルマニア34でロンダ・ラウジーがトリプルHをファイアーマンズ・キャリーで持ち上げているシーンに、Fox Sportsのロゴがあしらわれた写真が映し出されていた。 ラウジーはこれだけでも、すでに大仕事をやってのけたも同然だ。
    いま入会すれば読める6月更新記事

    人生最終回!! 安田忠夫インタビュー/考察・那須川天心訴訟問題/井上貴子vsターザン山本はなぜ実現しないのか?/不運大王イアン・マッコール、無念の引退/紫雷イオWWE/男vs女はドメスティックバイオレンス?……

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。