• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「この少年は誰だ?」…身長155センチのレスラーがアメリカを騒がす■アメプロインディ通信「フリーバーズ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「この少年は誰だ?」…身長155センチのレスラーがアメリカを騒がす■アメプロインディ通信「フリーバーズ」

2018-09-13 10:19
    アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマはこの少年は誰だ?」…身長155センチのレスラー、マルコ・スタントがアメリカを騒がすです!



    ad70e60f1a7a8a71fa75271868ab66a2f33e7b74

    「戦いで大事なのは、体の大きさではない。腹の中にある闘志の大きさが大事なのだ」とは、かのマーク・トウェインの言葉だ。

    たしかに人並み外れた巨漢選手のぶつかり合いは、プロレスの醍醐味であるのは間違いない。子供の頃に見た、アンドレ・ザ・ジャイアント、スタン・ハンセン、ブルーザー・ブロディ、ハルク・ホーガンら、重量級選手の試合には、いつもワクワクさせられたものだ。いまでも「エース・ロメロみたいな動けるおデブちゃんが好き!」「やっぱり大きな選手が最高!」というプロレスファンは私のまわりにもたくさんいる。そんな体の大きい選手が当然目立つプロレス界で、突如登場した子供のように小さな選手が米インディー界を騒がせている。


    9月1日に開催されたCodyとヤングバックス主催のインディースーパーショー『ALL IN』。集まった11,263人もの大観衆とネット配信を見ていた何万人もの視聴者の中には、「この少年は誰だ?」と目が釘付けになった人もいたのではないだろうか。

    新日本プロレスやROH、PWGなどで活躍中の有名選手が勢揃いした参加者と共に、見たこともない、まるで少年のような小さなプロレスラー “ミスター・ファン・サイズ”こと、マルコ・スタントがそこにいたからだ。身長155センチ、ふわふわパーマヘアースタイルが特徴的な22歳。「マルコ少年」とでも呼びたくなるような、あどけない容姿は、プロレスラーというよりは、いたずらっ子のようで目を惹かれてしまう。それまで無名だった彼に『ALL IN』への参戦依頼が来たのは、大会開催直前のことだった。
    いま入会すれば読める9月更新コンテンツ

    90年代を漂流した格闘家・本間聡ロングインタビュー/朝倉兄弟の兄ミクル……その「死と覚悟」を大沢ケンジが聞く/天心vs堀口をプロはこう見る! 「このタイミングは堀口くんにとってベストです」/レスリングオブザーバーのスターレーティングとは何か/「バトル・オブ・ロサンゼルス」にはプロレス界の未来が見える……ほか

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    Dropkick
    更新頻度: ほぼ毎日
    最終更新日:2018-09-18 13:38
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。